ピクシブ百科事典

ラピスラズリ

らぴすらずり

深い青色から藍色の宝石で、青金石(ラズライト)を主成分とし、複数の鉱物が加わった半貴石である。瑠璃ともいう。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 東方紺珠伝の登場人物→ヘカーティア・ラピスラズリ
  2. アニメ「スティーブン・ユニバース」(Steven Universe)に登場するキャラクター。
  3. 宝石の国に登場するキャラクター。→ラピス・ラズリ(宝石の国)



概要

群青色の宝石。
その姿は金色の粒を含んで夜空の様に見える。和名は、瑠璃又は青金石という。
ラピスはラテン語で「石」 (Lapis)、ラズリはペルシア語からアラビア語に入った "lazward"(ラズワルド: などの意でアジュールの語源)が起源で「群青の空の色」を意味している。
ターコイズと共に12月のほかに9月誕生石とされる。宝石言葉は尊厳、崇高など。
主産地はアフガニスタン。

モース硬度は5~5.5とやわらかく、容易に加工できる。このため古代から細かく砕いて青色の顔料として使用されてきた。この顔料は「ウルトラマリン」と呼ばれ、非常に希少かつ高価であり、鮮やかで深みのある青を出したいと願う画家たちにとって、憧れの画材であった。

ラピスラズリは混晶、または固溶体と呼ばれる特殊な鉱物で、青金石(ラズライト)を主に、方ソーダ石(ソーダライト)・藍方石(アウイン)などから構成される。金色の粒は黄鉄鋼(パイライト)である。

余談

  • ラピスラズリの構成物質であるアウインは、それ自体が濃い青色の美しい宝石であり、コレクターに珍重されている。
  • ラピスラズリは歴史上、最初にパワーストーンとみなされた石とされている。幸運を呼び寄せ、判断力や洞察力、人格における成長を高める効果があると言われる。



関連タグ

宝石 鉱物 ラズライト ラピス・ラズリ 飛行石 瑠璃

関連記事

親記事

宝石 ほうせき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラピスラズリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2401211

コメント