ピクシブ百科事典

マグダネル・トランベリオ・エルロッド

まぐだねるとらんべりおえるろっど

マグダネル・トランベリオ・エルロッドとは、『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』の登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日5月9日
身長190cm
体重83㎏
性質秩序・悪
好きなもの妻と娘たち、共同作業、着実な一歩
嫌いなもの可能性の独占、娘に交際を申し込んでくる若者
魔術回路・質A+
魔術回路・量A++
魔術回路・編成正常
魔術系統全体基礎の化身にして、個体基礎の頂点
決戦の日伝承堆積市場ブリシサン


概要

魔術協会の三部門のひとつ、時計塔の重鎮である『ロード』の一人で全体基礎科学部長。三大貴族トランベリオ家の当主。
アメリカンな政治家を思わせる筋肉質で高身長のスーツの男性。
陽気で気さくなフレンドリーな人物を思わせる態度が特徴的だがそこは名門貴族の当主だけあって老猾な政治家としての一面も。
多くの息子と娘がいることで有名で意外なところに彼の子供が存在する。

外見年齢45~50。行動的(何事も新しい事を起こす時は現場に出て確かめよう)、外向的(大きな事をする時は他と足並み揃えないとね!)、肯定的(新参者であれ田舎者であれ、結果を出すまでは応援するとも)という、パワフルで厳めしい外見からは想像できない優しいおじさん。

非戦闘主義で、何事も柔らかく受け止め、対応する。相手に非があれば力で叩き潰そう、いや正があっても叩き潰そう、と考えるバルトメロイとは真逆。

始祖ミスティールから始まる魔術の在り方・・・『人間の世界(社会)をより豊かに、成長させる為の技術・学問』を喜びと自信とともに守っている、時計塔最大勢力の頂点。

邪魔者はすぐに排除するのではなく、いつのまにか消えており、かつトランベリオに組み込まれている、という方針を好む。

能力

魔術系統は基礎学科に相応しく、五大元素全て。マグダネル自身はグランドではなく、またアベレージ・ワンでもない。
火と風の二属性だが、その出力は最高峰。シンプルにただ強い。

魔術回路の効率が暴力的と称されるほどに良く、マナ(大気中の魔力)を使わずオド(体内魔力)だけで大魔術を行使することが可能。現代の魔術である以上、小節(カウント)は必要であるものの、一度発動してしまえば何度だろうが連発できる。

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿では、創造科のロードとの会合をのぞき見しようと地上100m以上の高度を滞空していた、中立主義派の使い魔たちを一瞬で焼却している。
この時はオドのみで大魔術を発動したため、使い魔はおろか会合に同席していたメルヴィン・ウェインズすら発動直前まで気付けなかった。

彼の燃焼魔術は一度燃やしたものをさらに魔力をくべて燃やす、というものでその出力の高さからアフターバーナーに喩えられる。燃焼式なので魔力消費も凄まじいが、マグダネルの強みは「オド生成量の高さ(MP回復力の高さ)」で、MP100を消費しても深呼吸一度でMP100回復するところにある。

魔力回路にも限界があるので長時間のオド生成は回路そのものを焼き付け、停止させてしまうが、一時間程度なら毎ターン、イオナズンを連発できるようなものとされる。

関連人物

ロード・エルメロイⅡ世
貴族主義に属する現代魔術科の君主(ロード)。マグダネル自身は現代魔術のムーブメントを面白いと思う反面、「万民にひらかれた神秘」という在り方に無理があるため、同時に危険視している。
特に彼の場合、『時計塔のあしながおじさん』ことノーリッジ卿に取り込まれることを警戒している。

ライネス・エルメロイ・アーチゾルテ
エルメロイの次期当主。Ⅱ世と違い、どれだけ現代魔術に理解を示そうと、血に染みついた貴族主義からは離れられない、バルトメロイ派らしい対応に落ち着くと、ある意味で信頼されている。

メルヴィン・ウェインズ
トランベリオの分家筋にあたる。彼を会合に同席させたのは、ほどほどにトランベリオ本家に反抗的で、ほどほどに見る目のある情報の発信源(流出元)として好都合だったから。
敵を欺くだけの茶番のために、味方同士で本気で殺しあうことも辞さないロード達のあり方に心をへし折られる。
ちなみに彼の母親のことは女傑として一目置いているらしい。

イノライ・バリュエレータ・アトロホルム
民主主義派に属する創造科の君主(ロード)であり、同じ三大貴族の一角。彼の学生時代の師であり、彼が知る中で最も魔術師らしい魔術師。
新しいもの好きでありながら、魔術師としての生き方や信念に不合理が生じれば俗世や策略をあっさりと投げ捨てるその在り方を、恐ろしいと評する。

余談

ファンの間でもマダネル、マグネルなど名前を間違われやすいキャラ。実際、転送元の記事もマクダネル表記であった。

この理由としては、トランベリオという派閥、勢力の名は他のTYPE-MOON作品で稀に出てくることはあったものの、その当主たる彼自身の登場は事件簿が初であり、しかも『case.冠位決議(上)』(全10巻中8巻目)というかなり終盤まで名前さえ出てこず、それ以降のTYPE-MOON作品でもこれといって登場していないためと考えられる。

関連タグ

TYPE-MOON Fateシリーズ ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
魔術協会

関連記事

親記事

時計塔(TYPE-MOON) とけいとう

子記事

兄弟記事

コメント