ピクシブ百科事典

ルフレウス・ヌァザレ・ユリフィス

るふれうすぬぁざれゆりふぃす

ルフレウス・ヌァザレ・ユリフィスとは「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」の登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日9月7日
身長177cm
体重63㎏
好きなもの計測できるもの
嫌いなもの計り知れないもの
魔術回路・質A+
魔術回路・量A+
魔術回路・編成やや変質
魔術系統死霊術、召喚術全般
決戦の日最後の夜


概要

時計塔降霊科のロードを務める老魔術師。濃密な死の雰囲気をまとった不気味な老人、山羊髭と長髪、丸眼鏡が特徴的な人物。両手の指には一本につき二つの指輪の礼装を付けており首からは強力な力を持つ悪霊が封じられた宝石をぶら下げている。「………」と間延びしたうっとおしい喋り方が特徴。

ソラウ・ヌァザレ・ソフィアリブラム・ヌァザレ・ソフィアリの父でケイネス・エルメロイ・アーチボルトの師。ケイネスには目をかけていたらしいが娘ソラウに関しては人間的に魔術師的にも期待してなかったようだ。
貴族派の重鎮で浅い家柄のロード・エルメロイⅡ世やロードの家系ではあるが末席だったライネス・エルメロイ・アーチゾルテを軽んじている。

型月でも珍しい魔術師のステレオタイプの典型的な外見の人物。
貴族派の中でも特に選民思想的な考え方の持ち主で神秘のリソースが減るなら頂点であるロードが独占してでも生き残るべきという考えを持つ。

能力

階位は色位(ブランド)、属性は水・風・土の三重。
完璧なる霊媒であり、指輪のひとつずつに、強大な霊を封じ込めている。

あまりに濃密な死の気配を纏っており、ロード・エルメロイⅡ世との会合に、イヴェットとともにⅡ世の従者として同席したグレイに、自分たちが束になってかかってもあっさり殺し返す『力』を保持していると悟らせた。

『死せる者、すべてユリフィスに頭を垂れる』と時計塔内で伝わるその在り方は蒼崎橙子にも劣らず、同時にまったく異質。グレイが死者を眠らせるための墓守ならば、ルフレウスは死者たちを使役し糧となさしめる魔道の徒。

ロンドン塔を定期的に訪れているが、これは死者の魔力(死者という『概念』を核として、土地の霊脈から滲出するマナや観光客が無意識に漏出するオドなどの総合)を吸収するため。
古くより契約や政治的駆け引きによって魔力回収用の土地をいくつか確保しているが、こうして得られた魔力も、指輪や首飾りに嵌まっている強力極まりない魔術礼装の宝石ひとつに遠く及ばない。身ひとつに備えた装飾品だけで、この老人は頑強なる要塞にも等しい。

右手の指輪に封じられた霊は、ユリフィスの冠位指定──アルファメガ・ノギウスの達成の際に生まれた副産物。人間をはかるべく、これという美点を持つ人間の霊を、代々のユリフィスが封じ込めてきたもの。
ゆえにロード・ユリフィスには、あらゆる専門分野の知識を持つシンクタンクが付き従っているのと同様とされる。

だが恐れるべきは左手の指輪に封じられた霊であり、こちらは降霊科がつくりあげ、戦闘用に研ぎ澄まされてきた人工霊。
これらを解き放ち、時には混合さえしたときのロード・ユリフィスは悪霊の軍団を従えているも同然である。

胸元の首飾りにはさらなる大霊が潜むとされるが、詳細は不明。

冠位指定

『始まりと終わり、その差違を示せ。』

アルファメガ・ノギウス。

神代からの魔術師たちにとって指針であり、助けであり、試練でもある冠位指定の中にあって、間違いなく「試練」に分類されるもの。『成長のためのヒント』はほぼなく、完全な無茶ぶり、呪いである。
ユリフィスは主に、『人間の最初の霊と最後の霊。その差違を示すように』と勅命を授かり、その恩恵として優れた魔術回路を与えられた。

最初の人間の霊、というものの調査からして困難。仮に全人類の霊体を召喚・閲覧できても「誰が最初の霊」なのかを判別する方法がなく、「神の目」をもつか、「根源」に到達しないと不可能な案件である。
さらに「最後の人間の霊」も謎かけに近く、これが人類最後の生き残りのことなのか、だとしたら観測する術者(自分)が生きていては最後とは言えないのではないか、そもそも額面通り意味なのか。
当のロード・ユリフィス自身にとってもこれは不明であり、結果として「人類最後の死人が出るまでユリフィスは存続せねばならない」と、魔術世界の延命・永続を求めている。

また、ユリフィスには魂を計る鑑定レンズ、定規(ノギス)の制作秘術が積み重ねられており、彼らのつくる眼鏡は正しく霊体のカタチ・質・理を示すという。

関連記事

親記事

時計塔(TYPE-MOON) とけいとう

子記事

兄弟記事

コメント