ピクシブ百科事典

イヴェット・L・レーマン

いゔぇっとえるれーまん

イヴェット・L・レーマンとは「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」の登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日5月13日
身長157cm
体重51㎏
好きなもの騙されてくれる相手
嫌いなもの騙されてくれない相手
魔術回路・質B
魔術回路・量C
魔術回路・編成正常
魔術系統宝石のカッティングによる人工魔眼。ゲマトリアなどで人工魔眼と宿主双方を加工している
決戦の日仮面舞踏会
CV岡咲美保


概要

魔術協会の総本山である時計塔に在籍する魔術師の少女。
エルメロイ教室ロード・エルメロイⅡ世に師事する学生。

貴族派に属するエルメロイに派遣された中立派のスパイ…なのだがそのことを公言して憚らない。
初対面でエルメロイⅡ世ライネスに自白して情報交換に徹しているため、実際の役割はかつてエルメロイ派を鉱石科(キシュア)から追い落としたメルアステア派との、パイプラインをつくるための外交官に近いものとなっている。

また、真意は不明だがエルメロイⅡ世の愛人を志望している。現在、Ⅱ世には恋人や許嫁の類はいないにも関わらず愛人志望なのは「束縛するのもされるのも嫌だから」との事。アニメオリジナルの話において、誰にも見られていないのにⅡ世を誘惑するための下着を吟味しており、目的はともかく愛人狙いは本気度が高いことが伺える。

魔眼の大家レーマン家の出身で、魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン)で毎年行われている「魔眼オークション」にも常連で参加している。
今回のオークションに関しては、ある人物との裏取引でエルメロイ教室の生徒の個人情報と引き換えにパトロンを頼んでいた。
結局エルメロイⅡ世によって企みが暴かれた事で共犯者として一度は捕まったが、化野菱理へ司法取引を持ち掛ける事であっさりと釈放された。

能力

星形の眼帯の下には、宝石を加工して造られた疑似魔眼が移植されている。
魔眼の複製はおおよそ低位の劣化品しかつくれないのが常識な中、レーマン家による宝石の加工は例外とされ、限定的ながらノウブルカラー(他者の運命そのものに介入する特権行為)ですら再現する。

疑似魔眼は複数あり、状況に合わせて付け替える事で、能力を使い分けている。
もっとも、複数の魔眼を起動させうるというのは、脳にそれだけの数の回路をつくるということに等しく、彼女が8つの魔眼を使用できるようになるため、自分の脳をいじった回数はその7倍に至る。にも関わらず、いまだ十分に人格を安定させているのは、間違いなく彼女の天才性ゆえである。

作中では、感情視・霊脈の探査・炎焼などを使用している。

関連タグ

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
魔術師 魔術協会 魔眼(TYPE-MOON)

エルメロイ教室 ロード・エルメロイⅡ世 グレイ(ロード・エルメロイⅡ世の事件簿)

ヤミラミ 目が宝石繋がり。

関連記事

親記事

エルメロイ教室 えるめろいきょうしつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イヴェット・L・レーマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 265786

コメント