ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

エルメロイ教室

えるめろいきょうしつ

エルメロイ教室とは時計塔の講師、「ロード・エルメロイⅡ世」の教室である。
目次 [非表示]

概要

魔術協会の総本山、時計塔の中に存在する教室。ロード・エルメロイⅡ世を責任者とし、(時期によって変動するものの)総数3~5名の講師が授業を行う。


元は先代ロード・エルメロイであるケイネス・エルメロイ・アーチボルトの教室だった。若き俊英であるケイネス師の指導のもと、積み重ねた歴史のある魔術師はより深く高く、そうでない者でも無駄ではあってもそれなりに努力すれば次代に術を継げるべく研鑽できる環境を備えていた。(ここまで「旧エルメロイ教室」あるいは「旧教室」。所属は鉱石科)


しかしケイネスの死後、まとめ役がいなくなった事で事実上の瓦解に至り見向きもされなくなっていた(特に旧教室くらいしか受け入れどころがなかった、かつての自分みたいな問題児の居場所がなくなってしまった)のをウェイバー・ベルベットが憂い(自称親友を筆頭に多くの方面から借金をして)受け継ぐ。時計塔の権力闘争に敗北した講師たちを引き込み時計塔でも講義内容が珍しい解りやすい教室として台頭した新興勢力となった。(ここからが現在に言うところの「エルメロイ教室」。所属は現代魔術科)


一時期は事実上「現代魔術科=エルメロイ教室」であったため現代魔術科全体がエルメロイ教室と呼ばれることもあるが、厳密にはエルメロイ教室とは現代魔術科内のごく一部、15人ほどのメンバーで構成される少数精鋭ゼミである。

ただし正式なメンバーではない聴講生を含めると50人ほどになり、放っておくと希望者が殺到することから嫌われがちな自治生徒がそうした人の流れを取り仕切っている。


現代魔術科は本来、勢力としては最弱に近く、三大貴族のように強大な力を有しているわけではない。

しかし同時に中立主義派義派民主主義派の3つがバランスを取っているFake時点において、在学生ですら階位持ちが何人もおり、OBは全員10年以内に『典位』以上を取得、そのうち数名は時計塔の歴史上でも数えるほどしかいない「王冠」の階位に至るのではないかとされているエルメロイ教室はその天秤を傾けるだけの重さを有していると見做されており、故にⅡ世が教え子たちを集めれば時計塔の勢力図が変わる事になるとまで言われている。


最初から生徒として登録されていた生徒はそこまで多くはないものの、最終的に何故か才能豊かな問題児が集まる傾向がある。

事件簿2巻序章におけるライネスの分析では、ウェイバーがⅡ世となるまでの3年間に渡ってエルメロイ教室が存続できた理由として


  • 時計塔の講師達は基本的に『魔術とは家系と才能によってほぼすべてが決定される。ならば真面目に授業を行う必要なんてない。適当に餌になりそうな情報をばらまきつつ、これはと見込みのあるヤツだけ自分の助手に引き込んでしまおうという』というスタンスであり、故に見捨てられたエルメロイ教室に殆どの者が興味を見出さなかった
  • 権力争いに敗れた講師たちを何人も説得して登壇させ、これまでになかった多角的な教育体制を実現させた

ことなどが挙げられている。

ただしこれは狙って行なった訳ではなく、才能も血筋もないウェイバーの場合はむしろ雑で分かりにくい授業の方が困難だったこと、なんとか必須単位を修めて三級講師とはなったものの、根本的に能力が足りないため他人の手を借りるしかなかったことなど、そういった事象が奇跡的に噛み合ってしまった結果である。


ちなみに教室の学生寮には「冷蔵庫に入っている名前の書かれていない食べ物は誰が食べてもいい」というトンデモルールがある(ルールを作ったのはペンテル姉妹)。


フラット曰く、エルメロイ教室にいるものは皆考えがバラバラであり犬猿の仲以上の敵対者もいるし、先生を慕いすぎている者もいれば殺したいと呪詛を練り続けている者もいるといるが、エルメロイ教室に所属している者たちには一つの暗黙の了解がある。

それは【教室に所属している者以外がⅡ世を殺そうとした場合、そいつはエルメロイ教室の生徒たち全員の敵である】ということである。


彼等は卒業してしまえばいずれ敵対するかもしれないし、魔窟過ぎる時計塔に所属していて敵の敵は敵のようなところはあるが、それでもエルメロイ教室の生徒でいる間は教授は一緒に守るべき相手なのである。


エルメロイ教室の面々は先ほども書かれたように問題児ばかりが集うがそんな問題児たちをⅡ世は見捨てず、きちんと向き合い大小の災難がありながらも「私の生徒だ」と生徒を助けてきた。生徒である間は絶対に見捨てない。エルメロイ教室にいる間は問題児たちも誰もかれもが特別ではない。所属している者たちにとってエルメロイ教室にいる間の時間は猶予期間(モラトリアム)であり、「約束された絶対の時間」は彼等のこれからに大いなる意味を持つことになるであろう。


関係人物一覧

講師

【イラリク】エルメロイⅡ世

ロード・エルメロイⅡ世

時計塔の名物講師にて12人の君主(ロード)の1人。「現代魔術」の教授。


シャルダン翁 (CV:宝亀克寿)

二級講師。隠居していた所を当時まだ3級講師だったエルメロイⅡ世に引っ張り出された古株。魔術師らしかぬ真人間。若い頃はかなりの美形で時「計塔で一番抱かれたい男ランキング」の集計所に若い頃の彼の写真が飾られていた。


ディンベルグ卿

客員講師だった故人。元は全体基礎科の重鎮だったが愛する息子と三人の孫を失いショックで失墜したという(息子の死因は銃で撃たれ魔術回路に異常があったための関与が疑われている)。

その為かエルメロイⅡ世やエルメロイ教室の若い魔術師をかわいがっていたらしい。

エルメロイⅡ世とグレイが出会った頃に死亡。


ガウリカ (CV:櫻井浩美)

アニメ最終回に登場しスヴィンの典位授与式典の進行を行った。


生徒

グレイ

グレイ

エルメロイⅡ世の内弟子。正確には魔術師ではない。


フラット君!

フラット・エスカルドス

通称「天才馬鹿」。やや肉体言語寄りの厳しい指導を喰らわせている。

Fate/strange Fake』の時点では最古参の弟子。

師であるエルメロイⅡ世の胃痛の種。画像左。


ル・シアン君

スヴィン・グラシュエート

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 』の時点での最古参。グレイのストーカー。フラット同様の天才児だが同じくらい問題児でもある。

在学中に典位の階位に届く。


エピローグ凛ちゃん

遠坂凛

「鉱石学科の二大災厄」と称される魔術師。ご存じFate本編のヒロイン。

ただし未だに「ただの後見人」と「ちゃんと弟子」の二つの設定があるままフワフワしているため正確なところは未定。


覚悟はよろしくって?

ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト

「鉱石学科の二大災厄」と称される魔術師。エーデルフェルト家の後継者。


バーサーカーちゃん可愛い

カウレス・フォルヴェッジ・ユグドミレニア

Fate/Apocrypha』の世界にて、ユグドミレニアの反乱の戦後処理の一環として入学。

その後エルメロイ教室に(半強制的に)所属。

ユグドミレニアがない世界では普通に門下生として彼の元で魔術を学んでいる。


沙条さん

沙条綾香

氷室の天地』の世界での生徒。フラットの妹弟子。


イヴェットちゃん

イヴェット・L・レーマン

中立主義「メルアステア」から派遣されたスパイ兼生徒。


ヴェルナー・シザームンド

「蝶魔術の後継者」の異名と階位を持つ。フラットによるとエルメロイⅡ世の熱烈なシンパらしい。ケイネス以来の若さで色位に到達した天才魔術師。

恐らくは事件簿に登場したオムロック・シザームンドの後継者。


ローランド・ペルジンスキー

若いながら階位持ちの魔術師。おそらく『Fate/Apocrypha』の赤のマスターのロットウェル・ペルジンスキーの縁者。師の敵はどこまでも追い詰めて始末して師の為ならアメリカを敵に回すことすら辞さない。

オルグ・ラム

若いながら階位持ちの魔術師。おそらく『Fate/Apocrypha』の赤のマスターのジーン・ラムの縁者。車輪魔術の使い手で魔術世界でも有名なビブリオマニア。

ラディア・ペンテル・ナジカ・ペンテル

若いながら階位持ちの魔術師。通称ペンテル姉妹。おそらく『Fate/Apocrypha』の赤のマスターのデムライト・ペンテルとキャビィク・ペンテルの縁者。双子ならではコンビネーションを誇る。エルメロイ教室の学生寮に「冷蔵庫に入っている名前の書かれていない食べ物は誰が食べてもいい」という蛮族ルールを敷いた。

フェズグラム・ヴォル・センベルン

若いながら階位持ちの魔術師。おそらく『Fate/Apocrypha』の赤のマスターのフィーンド・ヴォル・センベルンの縁者。一級講師の息子で若くして時計塔の講師を務める。


ジェイムズ

ドラマCDに名前のみ登場。フラットに相談して事件を引き起こしてしまう。


関係者

ライネス

ライネス・エルメロイ・アーチゾルテ

エルメロイⅡ世の義妹。アーチボルト家の現当主。


メアリ・リル・ファーゴ

アニメに登場したエルメロイ教室の元生徒。今でもエルメロイⅡ世を慕っている。


TRACE ON

衛宮士郎

ご存知本編主人公。アニメ版『UBW』エピローグでは凛の従者として特例で時計塔に所属している。

エルメロイ教室の生徒ではないが、教室の生徒の何人かと関わりがある。


旧教室メンバー

ケイネス・エルメロイ・アーチボルト

旧教室筆頭講師。先代ロード・エルメロイ。若くして才覚を著した俊英。


ウェイバー・ベルベット

自身の抱える浅い家系ゆえのコンプレックスに耐えきれず、愚にもつかない妄想を垂れ流す大問題児かつ完全無欠の劣等生だった少年。


メルヴィン・ウェインズ

自身の抱える虚弱体質にヤケクソになってクズへの階段を超高速で転げ落ちてた名門出身の問題児。旧教室メンバーを中心としてアチコチに金を貸しまくっていた。のちにウェイバーの「親友」を名乗る。

現エルメロイ教室設立出資メンバーのひとり。


アムレス・ヴォータン(CV:日野聡)

旧教室中心メンバーを率いる陽キャラリア充。旧教室の実質上のリーダー格(いわゆる「ジョック/キング」ポジション)だった人物で、投影魔術の研究者。のちに典位へと昇格し、旧教室メンバー最大の出世頭となった。さらに投影魔術の発展形として、魔術製の「実体を持つ拡張現実」となる外殻投影を開発している。

一方で旧教室時代はウェイバーの事を見下し、事ある毎に責め立てていた。

実は自身の研究を続けるためにメルヴィンから決して笑えないレベルの大金を借りている。


カイミア・エンピリアン(CV:村田太志)

旧教室メンバーでも上位に入る「優等生」のひとり。アムレスの取り巻きのひとりで、劣等生のウェイバーを見下して責め立てたひとり。

旧教室瓦解後は降霊科へと転じるが時計塔内のポスト争いに敗れて閑職へと追いやられる。(そしてストレスを抱えて頭髪が寂しい事に……)


オルス・ホース(CV:逢坂良太)

アムレスの取り巻きのひとりで、劣等生のウェイバーを見下して責め立てたひとり。

旧教室瓦解後は身を持ち崩して暗殺者へと転身したとか。


リシャール・オータム(CV:芳野由奈)

アムレスの取り巻きのひとりで、劣等生のウェイバーを見下して責め立てたひとり。タカビーお嬢気質を持つロングヘアの女子生徒で旧教室(アムレスメンバーズ)のクイーンビーめいた存在。

教室瓦解後は結婚こそしたものの離婚してしまい、現在は婚活に血道を上げているとか。


ウィナー・パーキンス(CV:水中雅章)

アムレスの取り巻きのひとりだが、劣等生のウェイバーを見下して責め立てる他のメンバーを諫めようとしていた(ただし弱腰のため聞き入れられなかった)メンバーズ唯一の良心。

褐色肌の男子生徒。旧教室時代は痩せぎすだったが、現在ではふくよかな体形になっている。


カミュ・ペリゴール

アムレスの取り巻きのひとりである女子生徒。内気で影が薄く自己主張に難があり、アムレスたちのような強烈な個性の持ち主には真っ先にターゲットにされて巻き取られてしまう、ある意味では不幸体質の少女。カメラや写真が趣味で、のちには自らの魔術の起点(触媒)としている。

教室瓦解後には時計塔を辞してゲーム会社「ペリゴール社」のCEOとなった。ペリゴール社のゲームはエルメロイⅡ世も大ファンだったりする。

アムレスとの腐れ縁は教室瓦解後も続いており、彼の研究にも手を貸している。しかし会社代表として押し出しをキメるためか男装の麗人に転身していた。

旧教室時代、アムレスによるウェイバーへの責め立てにも参加していたが、そんな彼女がウェイバーに向けていた視線はどこか優しく敬意に溢れ、そして切ないものだった。

実はウェイバーの努力を知っており、理論はともかくとして学業や魔術への真摯な思いや姿勢を密かに評価も応援もしていた。しかし、それをエルメロイⅡ世が知ったのは全てが終わり時の彼方へと過ぎ去った後の事であった。


余談

Pixivでは上記の登場人物達が揃っているイラストや漫画等に付けられる傾向がある。


Fate/Grand Order』ではコラボイベント『レディ・ライネスの事件簿』のイベント限定礼装として登場。レアリティは★3、効果はQuickカード性能強化とNP獲得量上昇。

エルメロイ教室



関連タグ

魔術協会 時計塔(TYPE-MOON) 魔術師

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 氷室の天地

Fate/strangefake Fate/Apocrypha


チャイルドマン教室…優秀な講師の元に才能豊かな問題児が集まるという共通点を持つ。








※『Fate/strange Fake』7巻のネタバレ注意









『Fate/strange Fake』においては、既に卒業したOBやOGを含むエルメロイ教室のメンバー30人が、その全員で真ライダーマスターとして偽りの聖杯戦争に参加するという前代未聞の行動を起こしている。


これはかつて第四次聖杯戦争においてケイネスが婚約者との間で行っていた秘術をⅡ世が解析し、生み出した理論が基となっている。この理論をケイネス以来の若さで色位に到達した天才、ヴェルナー・シザームンドが応用し、令呪の一画を魔術で分散させ、他のメンバーの魔術回路に浸蝕させることによりエルメロイ教室全員でひとりのマスターという状況を作り出した。


このメンバーの中には車輪魔術の使い手である書物蒐集者オルグ・ラム、双子ならではの特殊な魔術を操るペンテル姉妹、まだ若いながらも教鞭を振るうフェズグラム・ヴォル・センベルン、数万匹の蛇の使い魔を世界中に潜ませることで師の敵を追い詰めて始末するローランド・ベルジンスキーといった、色位や典位を持つ高位の魔術師が多数含まれている。


さらに彼らに加え、他作品でも活躍していたスヴィン・グラシュエートイヴェット・L・レーマンカウレス・フォルヴェッジメアリ・リル・ファーゴ、そしてエルメロイ教室の中でもトップクラスの実力者であるルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト遠坂凛までもがマスターとして、偽りの聖杯戦争を解体するために参戦する。

なお、イヴェットのみ裏切りの可能性があるため令呪を与えられていない。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 604438

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました