ピクシブ百科事典

チャイルドマン教室

ちゃいるどまんきょうしつ

「チャイルドマン教室」とは、小説『魔術士オーフェン』シリーズに登場する魔術士の集団の一つ。主人公・オーフェンが学生時代に所属していたクラス。
目次[非表示]

解説

ライトノベル『魔術士オーフェン』シリーズに登場する、チャイルドマン・パウダーフィールドが教師を務める教室。
チャイルドマンとその生徒7人をまとめての呼称でもある。

魔術士養成学校「牙の塔」は、学年単位ではなく、複数の生徒(場合によっては年齢はバラバラ)に一人の教師が専属で教導する制度を用いている。
この教師と生徒たちの集団が「教室」であり、各教室の名前は、担当教師の家名ではなく名前を取って「〇〇教室」と呼ばれる。
チャイルドマンが教師を務めるのがチャイルドマン教室である。

チャイルドマンは、当時20歳という異例の若さながら、その卓越した技能により《塔》の教師となった。
《塔》は、第二、第三のチャイルドマンを育成しようとしたが、チャイルドマンの技能を100%継承できる魔術士は一人としておらず、結果として、彼の技能を7つに分類し、それぞれを受け継ぐ魔術士を育成することになった。
実際には、チャイルドマンが大陸放浪時代に至った「卓越した個人よりも組織で問題にあたる」という考えから、分割継承が実践された。
一方で、個性豊かな生徒たちはそれぞれに欠点を抱えており、チャイルドマンが彼らに受け継がせた技術は、その欠点と相まって、100%を発揮できないと、オーフェンは考えている。

チャイルドマン自身のみならず、教室の生徒7人も卓越した魔術士であったため、彼らの名前は《塔》のみならず魔術士の界隈で有名である。
しかしながら、生徒のほぼ半数(場合によっては全員)が問題児であり、彼らが在学していたころは、彼らが原因で様々な問題が巻き起こっており、《塔》で彼らに畏怖を覚えない学生はいなかった。

オーフェンが《塔》を出奔してから、原作第1巻「我が呼び声に応えよ獣」の5年間に至るまで、生徒の追加はなかったようである。

構成員

キャラクターの名前は、キリランシェロが《塔》に在学していた、いわゆる「プレオーフェン」時代のものとする。

教師


生徒

「ザ・ベスト」の異名を持つ教室長(クラス委員のようなもの)。チャイルドマンの「ネットワーク」(白魔術を応用した情報網)を受け継ぐ一方、膨大な情報を取り扱う冷静さに欠ける。

「天魔の魔女」の異名を持つ。チャイルドマンの持つ、天人の遺産(魔術文字)に関する知識を受け継ぐ。結果、天人の遺産を使って暴走した。
「死の絶叫(キーニング)」の異名を持つ。「戦場で生き延びる」ための戦闘技術を受け継ぐが、そもそも恐怖で戦場に立つことができない。
「迷惑来訪者(ナイトノッカー)」の異名を持つ。チャイルドマンの暗殺技術を受け継ぐ。これはキリランシェロとかぶっているが、アザリー曰く、オーフェンは「技」を、コルゴンは「強さ」を受け継いだ。
医療技術を継承。欠点は語られていないが、道理をわきまえていない行動や、成長してからの自信のなさが挙げられる。
「ネットワーク」の補佐技術を継承。常に下剋上を狙っており、「補佐」に収まろうとしない野心家。
「鋼の後継(サクセサー・オブ・レザーエッジ)」の異名を持つ。コルゴン同様、暗殺技術を継承。

関連タグ

エルメロイ教室Fateシリーズに登場する、似たような集団。

関連記事

親記事

魔術士オーフェン まじゅつしおーふぇん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「チャイルドマン教室」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99

コメント