ピクシブ百科事典

エンキドゥ

えんきどぅ

「ギルガメッシュ叙事詩」の登場人物。主人公ギルガメッシュの唯一無二の親友であり、幾多の困難をともにくぐり抜けた。しかし、フンババと天の牡牛を斃したことで、神罰を受けて病死する。
目次[非表示]

曖昧さ回避

エンキドゥを原典としたFateシリーズサーヴァントエルキドゥ

概要

 現存する中で最古の英雄譚『ギルガメッシュ叙事詩』に登場する人物、名前の意味は「野人」。
 主人公ギルガメッシュの親友であり、良き相棒でもある。
 まだ若く横暴だったギルガメッシュを諌めるべく神々が生み出した存在で、生まれた当初は毛むくじゃらで野獣同然の存在であった。
 その後、神殿の巫女との出会いを経て人間らしさを身につけ、ギルガメッシュと死闘を繰り広げ、その果てに互いに実力を認めあい、親友として絆を紡いでいくことになる。

誕生

 ギルガメッシュは暴君であったため、アヌ神は苦しむウルク市民の願いに応え、彼を諌めるべく女神アルルに命じて粘土よりエンキドゥを生み出させる。
 誕生したばかりのエンキドゥは知性を持たず、全身を毛に覆われた姿の野獣そのものであり、地上に解き放たれてからは森で獣たちと暮らすようになってしまう。
 エンキドゥにより狩の妨害をされた狩人の訴えで、ギルガメッシュにより送り込まれた神聖娼婦シャムハトと六日七晩のあいだ床を共にした結果、エンキドゥは体の毛が抜け落ち、力を失う代わりに知性を得た。獣たちが自分に怯えて逃げ、その言葉も聞こえなくなったことから自分が別の存在になったことを悟る。
 その後、シャムハトから様々な知識を与えられ、自身の使命であるギルガメッシュとの対決へと向かった。

ギルガメッシュとの出会い

 ウルクに到着したエンキドゥは、市民の結婚式において、花嫁への初夜権を行使しようとしていたギルガメッシュを妨害し、彼に決闘を申し込む。
 両者の戦いは、三日三晩に及ぶ決闘の末にも決着がつかず引き分けとなった。
 このことで自分に並び得る者がいることを知ったギルガメッシュは、エンキドゥを友として迎え入れた。

 その後、ギルガメッシュの望みによりエンリル神が定めた杉の森の守護者フンババの退治に向かい、その道中の多くの苦難を共に乗り越え、遂にフンババの討伐に成功する。

イシュタルの姦計とエンキドゥの最期

 フンババ討伐より戻り、盛装したギルガメッシュの姿に惚れ込んだ女神イシュタルは、彼を自分の恋人にしようと誘惑する。
 しかし、イシュタルの放埓さを聞き及んでいたギルガメッシュは、彼女が破滅させたかつての夫たちへの悪行を並べ立ててこれを罵り、手厳しく振ってしまう。
 これに腹を立てたイシュタルは、報復のため「天の雄牛」を父たる天の神アヌに要求、諌めるアヌを恫喝してこれを得ると、ウルクの市中で大暴れさせる。
 市中に居合わせたエンキドゥは、これを見過ごすことができずに雄牛と戦い、援護に来たギルガメッシュとともに雄牛を斃してしまう。
 だが、二人がエンリルの定めた守護者たるフンババ及び、神の所有物である天の雄牛を殺した廉で、神々は天の会議においてエンキドゥに死の運命を定めることとなる。

 神々の呪詛で死の病にかかり、日々弱っていくエンキドゥの元に、かつて自分を導き人間にした神聖娼婦シャムハトが現れるが、悲嘆にくれるエンキドゥは彼女を呪ってしまう。
 しかしこれを聞いた太陽神シャマシュは、シャムハトが彼をギルガメッシュという親友に引き合わせたこと、彼がエンキドゥの死を嘆き、立派に弔うであろうことを説き、エンキドゥは考えを改めシャムハトに祝福を送る。
 死の間際、エンキドゥはギルガメッシュに自分の存在を忘れないでほしいと願い、友に看取られつつこの世を去った。

関連タグ

メソポタミア神話 シュメール神話 ギルガメッシュ叙事詩 ギルガメッシュ ギルガメシュ
シャムハト ハンババ

pixivに投稿された作品 pixivで「エンキドゥ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 246353

コメント