ピクシブ百科事典

グガランナ

ぐがらんな

メソポタミア神話の『ギルガメッシュ叙事詩』に登場する天の牡牛。
目次[非表示]

概要

グガランナ(gu galann na)とはシュメール語で「天の牛」という意味で、『ギルガメッシュ叙事詩』によると、女神イシュタルギルガメシュに振られたことに腹を立て、ギルガメシュをウルクごと滅ぼすために父なる主神アヌを脅して造らせた巨大な天の牡牛である。
グアンナ(gu ann na)とも呼ばれる。
その姿は翼を持つ猛々しい牡牛であり、2本の青玉石の角には油が詰まっている。

アヌが創造しただけあり、7年間の不作を招き、殺したものは死を持って償わなければならないという聖獣でもあった。

それでもギルガメシュとエンキドゥには適わず倒された。
しかし、神々の理不尽ともいえる所業に怒ったエンキドゥは、腿を引きちぎってイシュタルの顔に投げつけ恫喝したため、以前に森の番人ハンババをも殺していたことも含めて死の呪いを受けてしまったという。

さらに古い時代のシュメール神話では、牡牛座のことを示す言葉であった。
またバビロニア神話の『エヌマ・エリシュ』に登場するティアマトによって、神々を滅ぼすために創造された11の混成獣の一柱であり、肉食獣の身体を持つウリディンムと対を成している、人の上半身を持つといわれる翼のある牡牛クサリク/クサリックと同一視される。

創作での扱い

天牛-グガランナ- ギルガメッシュ&エルキドゥVS天の雄牛


イシュタル(Fate)の宝具天の牡牛として登場。

センシティブな作品


  • Force of Will

Force of Will 「天牛グガランナ」


天牛グガランナ。

  • ぼくとドラゴン
クサリク名義。pixivユーザーでもある海野大輔氏が担当。無断転載禁止。

関連タグ

メソポタミア神話 ギルガメッシュ叙事詩 エヌマ・エリシュ
ギルガメシュ エンキドゥ イシュタル アヌ ティアマト
天の牡牛 牡牛座 聖獣

関連記事

親記事

メソポタミア神話 めそぽたみあしんわ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グガランナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2940

コメント