ピクシブ百科事典

エレシュキガル

えれしゅきがる

エレシュキガルとはシュメール神話の女神である。
目次[非表示]

概要

地下にあると考えられていた冥界女王、主にクタ市(クトゥ、ヘブライ語ではクター)で信仰されていた。クタは、ネルガル等、他の冥界神達の信仰の中心地でもあった。(旧約聖書『列王記 下』17章30節でもクタにおけるネルガル崇拝に関して語られる部分がある。)

 その名は「大いなる地(冥界の婉曲表現)の女王」を意味し、アッカド語では「アルラトゥ」と呼ばれた。

エレシュキガルは60の病気で人を殺すという疫病神且つ冥界の首相ナムタル(英語版)と、書記のベーレット・セリ、そして地下に存在する冥界「クル・ヌ・ギ・ア(還らずの地)」のガンジルと呼ばれる領域にある、ネティ神が門番として守る「死者を裁く7人の裁判官」を従え冥界に君臨、7重の門を抜けた先の、ラピスラズリで飾られた神殿に住み、けれど外界へ出ることは許されておらず、世間との交渉が望まれた際にはナムタルを伝令として遣えさせていた。

冥界という暗い世界で抑圧された生活を送っていたために、その性格は短気でねじ曲がったものとなったようだが、神話世界のエレシュキガルと現実世界のエレシュキガルは少し程度が違っており、クタにおいて彼女は厚い信仰の対象となっていた。

クタに設けられたエレシュキガルの神殿は「大いなる町(冥界)の家」と呼ばれ、人々は疫病に見舞われないようエレシュキガルに祈りを捧げていたという。

ただしシュメール・アッカドにおける祭儀や神事の執り行いとは、他の宗教に見られるような神々との合一や愛を得るためではなく、あくまで神への奉仕、神の暮らしを良くするためのものだった。古代メソポタミアの創世神話にあるように、人間たちは所詮、神々の労働を肩代わりする存在でしかなかったからである。

エレシュキガルが支配する冥界とは、シュメール語の言語「KUR NU GI A(クル ヌ ギ ア)」(アッカド語で読むと「irusitu la tari」)を直訳した、「戻ることのない土地」または「不帰の国」である。

そんな冥界での暮らしはと言えば、『ギルガメシュ叙事詩』や後述の『イシュタル / イナンナの冥界下り』における描写からして、食物は粘土で埃が御馳走、住む者たちは翼のようなものが付いた着物を着て、暗く乾燥した世界で光を見ることもないという酷い世界だったようである。

シュメール神話においても冥界は水の下(淡水であるアプスー神の水の下、または「大地の甘い水の下」)にあり、乾燥した塵ばかりの場所だと説明されている。

エレシュキガルはそこを支配する「死の女主人」とされているが、アヌの娘であるにもかかわらず自国である冥界に神々を迎えなかったことから、他の神々から疎外されてしまっている。

他、エレシュキガルは地上から冥界にやって来た死人を食べるために死者を呼び込むべくナムタルを度々地上に送っては、人間たちの間に60種類の病気を広めさせたという。また、この神話世界におけるエレシュキガルは、底無しの性欲を持つと言われている。

親族天

空神であるアヌ、もしくは大気神のエンリルを父に持つとされ、イナンナ(アッカド語名:イシュタル)の姉に当たり、ライバルでもある。
姉妹はそれぞれ、という対極の属性を司ることから対立関係にあり、仲は良くない。

配偶神は後代において、疫病と死を司る冥界神ネルガルをいただくようになるが、古来は「天の牛」もしくは「アヌの凶暴な牛」を意味する「グガルアンナ(英語版)」を配偶者としていた。
ことネルガルととの馴れ初めは、陰鬱で冷淡なエレシュキガルとは打って変わり、生娘の様な一面をのぞかせる逸話が多い。

関連イラスト

エレシュキガル
冥界の女王エレシュキガル



関連タグ

メソポタミア神話 女神

イシュタル:妹とされる女神。 
ネルガル:夫とされる神。 

エレシュキガル(Fate):この女神を元にしたキャラクター。

pixivに投稿された作品 pixivで「エレシュキガル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4418363

コメント