ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

古代メソポタミアには、神に仕えた神殿娼婦のグループがいくつか存在した。
シャムハトはそのうちの1グループであり、彼女らの華やかな服装を表す名称と考えられている。

現在他に名が知られているのは、カディシュトゥ、イシュタリートゥ、クルマシートゥ、ケゼルトゥの4グループで、彼女らは一般的にハリムトゥと呼ばれていた。
そして、このハリムトゥの名はしばしば、「自由恋愛」のパトロンたるイシュタル女神を指す言葉としても使われており、彼女らがイシュタルを理想としていたことを表している。

ただ現在、彼女らがいかなる形でグループを形成していたのか等、名称以外は不明な点が多い。

ギルガメシュ叙事詩におけるシャムハト

ギルガメシュ叙事詩におけるシャムハトはグループとしてではなく、個人の名称として書かれている。
第6書板においてはグループとしてのシャムハトが登場しているが、彼女たちは、天の牡牛を倒されて呪詛の声を上げているイシュタルの周囲に呼び集められたケゼルトゥの女性たちである。

神々に作られたばかりの当時のエンキドゥは、羊と共に草を食べ、野獣と共に池で水を飲み、狩猟用の罠を破壊していたという。

これに畏れ入った狩人は、エンキドゥを開化させるためにはシャムハトが必要であると父の助言を受け、ギルガメシュ王のもとを訪ね、シャムハトを連れ出せるよう王の許可を得た。

そして、狩人と共にエンキドゥの水飲みの池を訪れたシャムハトは、そこで裸になってエンキドゥを魅了し、彼と七日六晩の時間を過ごし、エンキドゥはやがて人智が開化し、知性と思想を持つようになり、毛むくじゃらの大男の姿から人間の男性の外見に変わる。(ちなみにエンキドゥの容姿はギルガメシュによく似ている(瓜二つ)という説があり、その事からギルガメシュとは双子であるという一つの説が唱えられたりもする。)

その後、シャムハトはエンキドゥにウルクのギルガメシュのもとを訪れるように言い、エンキドゥの同意を得た後、自分の服の一部をちぎってエンキドゥに与え、エンキドゥと共にウルクへと向かった。また、途中で、シャムハトはエンキドゥに食事の仕方、酒に関する知識等、人間の世界の物事や風習を教えた。

ちなみに、シャムハトは、エンキドゥと男女関係であったと同時に、赤ん坊の如く常識が通じなかったエンキドゥに社会で生きる為の知識を与えた「親」としての側面も持っていたとされている。実際、叙事詩第2書板においてもエンキドゥの手を繋いで歩くシャムハトの様子を「母のよう」とも記載されている。


関連項目

エンキドゥ
ギルガメシュ
イシュタル

関連記事

親記事

メソポタミア神話 めそぽたみあしんわ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シャムハト」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シャムハト」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 595020

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました