ピクシブ百科事典

ラフム

らふむ

『バビロニア神話』に登場する男神。もしくはそれを元にしたキャラクター。

曖昧さ回避

  1. バビロニア神話』に登場する男神。アプスーティアマトから最初に生まれた。
  2. Fate/GrandOrder』に登場するエネミー。→ラフム(Fate)
  3. 真・女神転生Ⅴ』に登場するキャラクター。→邪神ラフム


pixivにおいてはほとんどイラストが2.のラフムによって占められている。

バビロニア神話』のラフム

ラフム(Lahmu)は『バビロニア神話』、特にバビロニアの創世神話『エヌマ・エリシュ』において言及される男神である。その名は配偶神のラハムともどもアッカド語の“毛深い”という言葉とされるが、神話中の出自から河と海が混ざり合う河口や湾口に生じる泥質の島や沈泥(シルト)と関連付けられることもある。
天地にまだ名前がつけられていなかった頃、アプスー(真水)とティアマト(塩水)が混ざり合って神々が生まれ始めたがその中で最初に生まれたのが男神ラフムと女神ラハムだった。成長したラフムとラハムは男神アンシャル(上方=天の全体)と女神キシャル(下方=地の全体)を生み出したとされる。
また、マルドゥークがティアマト討伐を決心したくだりでは、アンシャルが神々の“天命”をマルドゥークに与えるために父母であるラフムとラハムへ使者を送っており、使者の言を聞いたラフムたちは陣容を整えているティアマトを批難してマルドゥークの下へと赴き、そしてティアマトを討ち果たしたマルドゥークを祝福した神の一柱としてラフムの名が数えられている。

一方で、より古代におけるラフムのイメージは家畜や野獣を川の水で世話する河川の精霊だともいわれ、ラフムの名には神に必ず付されるディンギル(diĝir)や図像に角(神の象徴)が記されないことからムシュフシュアンズーのような“神に仕える超常的存在”、神殿や門を守護する魔除けの存在とされる。

その姿は大蛇、あるいは赤い帯と六つの巻き毛を持つ赤い帯や紐をつけた男とされ、豊穣の象徴である壷とともに描かれることもある。

関連記事

親記事

エヌマ・エリシュ えぬまえりしゅ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ラフム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ラフム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15997417

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました