ピクシブ百科事典

ウルマフルッルー

うるまふるっるー

ウルマフルッルーとはバビロニア神話に登場する女神ティアマトに生み出された11の魔物の一柱。

概要

上半身は角冠を被った人間、下半身は獅子もしくはの身体であるといわれる、パピルサグ神や後代のケンタウロスのような姿の魔物。
名の意味はそのまま狂犬や獰猛な犬、獅子人間といった意味であり、ウリディンムとも呼ばれる。

海水の女神ティアマトが、新世代の水神エアの策略で殺された夫アプスーの敵討ちのために生み出した11の魔物の一柱で、神々に戦いを挑んだが母のティアマト共々退治された。

元々は宮殿に侵入する悪霊を遮る精霊であり、トイレの外には魔除けとしてレリーフが飾られていたという。

この名を刻んだ楔形文字は紀元前1300年頃のアッシリア時代までは見られなかったといわれ、他の魔物よりも成立は遅かったのではないかと考えられている。

関連タグ

バビロニア神話 エヌマ・エリシュ
ティアマト 獅子  狂犬

関連記事

親記事

エヌマ・エリシュ えぬまえりしゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルマフルッルー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24

コメント