ピクシブ百科事典

ムシュフシュ

むしゅふしゅ

ムシュフシュは、古代メソポタミアの図像、伝承に登場する竜である。
目次[非表示]

概要

ムシュフシュ
ムシュフシュ


(左側がオリジナルの壁画に近い)
シュメール語でムシュフシュ(Mušḫuš)。シュメール語のムシュフシュは古バビロニア語ムシュフシュからの借用語。
字義的には「怒れる蛇」。『古代オリエント集』では炎の竜頭サソリ尾獣と訳されている。シュメール語のフシュは「怒れる」と訳されるが、より正確には「畏敬の念を起こさせる」という意味になる。また、フシュは「赤い色」をも意味する。

ムシュフシュは、頭は、2本の長い角と2つの耳がはえており、ライオンの前脚、の後脚、そしってサソリの尾を持っている。翼が生えた形で表わされることもある。最古の時期はライオン頭で、時代が下るにつれて様々な要素が合成されるようになったらしい。その図像はアッカド時代からセレウコス朝時代まで一貫して見られる。


ムシュフシュの変遷

初期王朝〜アッカド時代はエシュヌンナ市の神々(ティシュパク神、ニンアズ神)や、ニンアズ神の息子である、ラガシュ市のニンギシュジダ神の随獣であったが、古バビロニア時代(ハンムラビ王がエシュヌンナ市を攻略した際だとも言われる)にマルドゥク神の、さらに後にはナブー神等さまざまな神々の随獣となった。

新アッシリアにおいても、センナケリブ王の時代にアッシュル神の随獣として取り入れられている。
(メソポタミアにおいては、神と随獣の関係が1:1であるとは限らず、複数の神と関連する場合も少なくない。様々な神々がムシュフシュに乗っている姿がマルタイの浮き彫りに描かれている)


エヌマ・エリシュにおいては、ティアマトが、子孫たる若き神々を滅ぼすために生み出した11の合成獣軍団のうちの一つとして描かれているが、ネブガドネザル二世の碑文やマルドゥク賛歌、ナブー賛歌等様々な文献にも姿を見せている。

創作での扱い

人類文明原初のドラゴンともいわれるためロールプレイングゲームでは、ドラゴン系モンスターとして登場している。

女神転生シリーズ

初出は『ソウルハッカーズ』で種族は”邪龍”。壁画の描写に忠実な姿ではあるが、金子一馬氏によるオカルト誌ネタで恐竜現存説を元にバランスがとられている。

サンサーラ・ナーガ2

女竜使いとムシュフシュ


序盤に登場する亜竜。押井守監修のゲームなのでのイメージが含まれている。またドラゴンゾンビの姿のベースとなっている。

足洗邸の住人たち。

バアル・マルドゥーク
カエルの王様ばあるさま


復活したとある強大な存在の乗騎として登場した。

関連タグ

ドラゴン キメラ ティアマト 聖獣 エヌマ・エリシュ マルドゥク
蛇蝎

pixivに投稿された作品 pixivで「ムシュフシュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77898

コメント