ピクシブ百科事典

カリフラ

かりふら

TVアニメ『ドラゴンボール超』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

声:小松由佳

TVアニメ『ドラゴンボール超』に登場するキャラクター。
宇宙サバイバル編から登場した第6宇宙サイヤ人

第6宇宙にある惑星サダラ出身の女性サイヤ人で、サダラ防衛隊の元隊長レンソウの妹。
容姿は大きな黒目とボサボサな髪型が特徴的。サイヤ人でありながら尻尾を持たない。
服装は赤紫のチューブトップと紫色のズボンを着用している。

普段は惑星サダラの不良達のトップに立ち舎弟達を男勝りな性格で仕切っている。
仲間思いな面を持ち、舎弟の一人ケールに修行の一環とはいえ罵声を浴びせたキャベに怒ったり、出会って間もないヒットのピンチに駆けつけようとしている。

だが一方で、考えるより先に体が動く直線的な思考の持ち主でもあり好戦的である反面、それにより時折勘違いを起こしたり、女性らしくない罵声を相手に浴びせることもある。
戦闘面に関しては折り紙付きで兄レンソウをはるかに上回る高い潜在能力を持つ。

名前の由来は野菜の「カリフラワー」。

戦闘力

第6宇宙のサイヤ人達の中でもトップクラスの戦闘能力を持つ。
身体に眠る潜在能力もかなり高く、修行による成長スピードは非常に速い。
必殺技は片手から連続で放つ赤いエネルギー弾「クラッシュキャノン」。
またその他通常の気弾やエネルギー波も赤いものになっている。

初めは超サイヤ人の存在を知らなかった為、変身出来なかったがキャベに指導を受け、すぐに覚醒。その際、従来の「怒り」による変身ではなくキャベが普段変身する際の「背中に気を集中させる」というコツを参考に覚醒し、そのポテンシャルの高さを披露した。
またケール伝説の超サイヤ人に覚醒し暴走した際には、超サイヤ人に覚醒したばかりにも関わらず、新たに超サイヤ人2へと覚醒している。

その戦闘力は初めて超サイヤ人に覚醒した時点でキャベを倒せると自負するレベルで超サイヤ人2に変身した際には同じく超サイヤ人2に変身した悟空と互角の勝負を繰り広げている。
だがまだ戦闘経験がそこまで多くない為、テクニック面では同じ超サイヤ人2の悟空に劣る面がある。

なお超サイヤ人2については一度覚醒した後、コツを忘れ悟空にそれを教えてもらうまで再び変身する事は出来なかったが、その間にカリフラは悟空やトランクスが精神と時の部屋で数か月かかって開発した超サイヤ人第3段階への覚醒を一日足らずで遂げている。流石にその弱点までは見抜けなかったようだが…。

その成長の速さには悟空も期待しており、すぐに超サイヤ人3への変身も可能になるだろうと予測している。

活躍

第88話で初登場。足を痛め、さらに防衛隊を辞め力が衰えている為、「力の大会」への誘いを断ったレンソウが自身の代わりとしてカリフラを連れて行く事を提案し、キャベからスカウトを受けることになる。
スカウトでは当初は興味がなく断ったがキャベが「超サイヤ人」を披露しカリフラ自身も「更なる上」を目指せると言われ、興味を持つ。そしてキャベの背中に力を入れるというコツを参考に軽々と超サイヤ人に覚醒すると、力の大会への出場を決意し、同時に妹分のケールも超サイヤ人化させ共に出場する事を決めた。

ケールへの特訓では「私なんか…」と悲観的になるケールを説得し、背中に気を集中させたり、キャベに軽い罵倒を浴びさせたりするが中々変身出来なかった。しかしカリフラと親しくするキャベへの嫉妬や罵倒への怒り、そして自らの不甲斐なさで遂にケールが覚醒し、大幅にパワーアップしたその姿に喜んだ。
その後、ケールは暴走状態に陥りキャベを倒そうとするがカリフラは即座に超サイヤ人2に変身しキャベを救う。そしてキャベにひっかからないと宣言し「流石は私の妹分だぜ!」とケールを褒めて、彼女の変身を解いた。

その後、キャベやヒットなど第6宇宙の代表選手達と共に「力の大会」の開催場所である無の界へ出向く。大会が始まる前には第7宇宙のサイヤ人である悟空に握手を求められるが、全宇宙最強を決めに来たので馴れ合ってはいられないと拒否。さらに第11宇宙のプライドトルーパーズの面々が到着した際には、その中の一人「ジレン」の気に驚く悟空やベジータに対して第7宇宙のサイヤ人も大したこと無いと吐き捨てた。

力の大会が始まるとケールと共に行動を取り、超サイヤ人に変身するコツが分からず第10宇宙の選手達に苦戦していたケールを助け出す。そして第9宇宙トリオ・デ・デンジャーズとの戦いで悟空とベジータが変身した超サイヤ人ブルーに興味を持ち、悟空にブルーの変身のコツを聞くべく戦いをしかける。

悟空との戦いでは一度目覚めたはずの超サイヤ人2に自分の意志では変身できなくなっており、代わりに超サイヤ人第3段階を用いるも、過去の経験をもって弱点を知っている悟空にはあっさりと破られてしまう。しかし悟空はカリフラに可能性を感じ彼女を倒さず超サイヤ人2の変身のコツを指示し変身可能になったカリフラと再度拳を交える。

超サイヤ人2同士の戦いを楽しむカリフラだったが、戦いに夢中になるあまりケールにないがしろな態度をとってしまい、ケールは悟空の邪魔者扱いもあり自分からカリフラを取った悟空への怒りで再び暴走状態になってしまう。カリフラはその風圧で場外へ飛ばされそうになってしまうが、ヒットの時飛ばしにて事なきを得る。その後もケールに襲われそうになるが第11宇宙ジレンがケールを気絶させた為これも免れる。

その後はケールの回復を待ち岩陰にいたところ、トッポ攻撃を食らい飛んできた悟空と再び対面。悟空を狙い集まってきたカーセラルプライド・トルーパーズの戦士達に狙われる。その中でカリフラはケットルと対峙するが彼の巧みな戦闘テクニックの前に劣勢となる。さらにケールがココットの「ココットゾーン」に捕まり、同時に勝利を確実にする為ケットルの助けにきたカーセラル達に囲まれピンチに陥る。

そんな中でもケールを守ると宣言するカリフラだったがゾイレーの竜巻攻撃を食らいダメージを負ってしまう。その様子を見たケールはカリフラに守られてばかりの自分への怒りで通常の超サイヤ人へと覚醒、「ココットゾーン」を打ち破る。その後さらに超サイヤ人の力を物にしたケールと共にカーセラル達4人組のエネルギー波とぶつかり合い、共に超サイヤ人2と暴走状態へと変身しこれを打ち破った。撃破後は伝説の超サイヤ人をコントロールしたケールと共に悟空の前に現れるがケールは疲労により気絶。さらに強くなって悟空達と再戦するのを約束し去っていった。

悟空の元を去っていた後は体力を回復させるためケールと共に岩陰に隠れ、ヒットとディスポやジレンと身勝手の極意の領域に達した悟空の戦いを観察。ディスポ戦では途中ヒットを助けに行こうとするもケールに止められる。そして休憩に入ってから約15分程経つと、ある程度体力が回復しキャベ達と共にジレンと戦うヒットの援護に入ろうとする。しかしヒットからは自分達にしか出来ない事をするべきだと指示され身を引き、さらにその後カリフラとケールを狙ってきた第4宇宙のモンナの相手も、まだ体力を温存しておくべきだとキャベに指示されそれを代わられる。

その後、体力が完全に回復するとジレンとの戦いで体力を消耗し弱っていた悟空を狙う第3宇宙のボラレータ達3人を蹴り飛ばし割って入る。そして次のステップである超サイヤ人3になるべく悟空相手に戦いを挑む。最初は単独で悟空とぶつかったが、途中から悟空と一緒にケールに声をかけ共に超サイヤ人3になるべく協力して戦い、息の合ったコンビネーションを見せる。その後、徐々に経験の差から悟空に動きを読まれるようになってしまうが悟空が一瞬超サイヤ人3の力を解放すると、その気の大きさに驚き再び自身も超サイヤ人3になる事を誓う。

またそれと同時にケールがフルパワーを出した事で再び暴走状態の伝説の超サイヤ人へと変身、彼女のパワーアップに喜び、手を差し伸べるも手を捕まれてしまう。だがカリフラは理性を無くすまで自分(カリフラ)の為に力を搾り出してくれた事を称え、自身の隣で一緒に闘えるのはケールだけだと伝える。するとケールは涙を流しながら緑色の気の渦に囲まれ、それが解けると、遂に伝説の超サイヤ人のコントロールに成功する。

コントロール成功後は再びケールとの連携攻撃で超サイヤ人2の悟空を攻撃。途中悟空の太陽拳を食らい攻撃を外してしまう。またその際、その反撃として放ったケールの攻撃によりフリーザと向き合っていた第3宇宙のカトペスラが吹き飛ばされフリーザの注意を引いてしまう。そしてサイヤ人は自らの玩具と発言したフリーザに怒りぶつかりそうになるが、悟空が間に入った事で衝突することはなく、悟空との戦いを続行した。

その後ケールとのコンビネーションで超サイヤ人2のパワーに引き続き瞬間移動まで破るが、それを受けて悟空が超サイヤ人ゴッドの力を解放すると形勢が逆転。再び追い詰められていき、繰気弾に似た悟空の二発の追尾型エネルギー波の内、カリフラに向けて放たれた一発にあたってしまう。そしてダメージにより体が思うように動かない所を、助けに入ったケールもろとも、悟空が放ったかめはめ波を受けてしまう。

だがかめはめ波によって砕けた武舞台の破片から謎の緑の光が発光し一人の戦士が姿を現す。それは大会前にシャンパとフワから託されたポタラで合体したケールとカリフラの姿であった。そして自らの事をケフラと名乗るその戦士は、ノーマル状態でありながら超サイヤ人ゴッドの悟空でも目で追えないスピードと図り切れない戦闘力を見せる。

悟空が超サイヤ人ブルーに変身してもなお互角に渡り合う力を見せ、超サイヤ人ブルー界王拳の力を解放されると押される様子も見せたが一瞬の隙をつき悟空の首筋に大ダメージを与えダウンを奪う。だが悟空がケフラの気に触発され再度身勝手の極意に変身すると形勢は一変。ケフラも悟空に触発されどんどんと力を上げていったが身勝手の極意の前には敵わず至近距離でかめはめ波を放たれ場外となった。

場外と共にポタラの時間制限きて合体は解除され、分離した状態で観客席へと転送された。また同時にかめはめ波の勢いでフワのポタラも破壊されている。観客席ではいつかやり返すと悟空に罵声を浴びせていた。

ゲームでの活躍

スーパードラゴンボールヒーローズ

第6弾で初登場。超サイヤ人2の状態で登場し、それ以外の形態は6弾現在未登場。URの性能は、アタッカーにするとそのラウンドのみガードが5000アップしキャベかケールがいると気絶しなくなるアビリティ「姉御肌なサイヤ人」・超トリプル効果で攻撃した相手に2.5倍のダメージを与えるCAA「サイヤ人のトリプルアタック」・通常状態のケールとキャベと組むと永続的にユニットメンバーの必殺技ダメージが2倍になるアルティメットユニットの「第6宇宙の精鋭ユニット」の能力を持っている。

余談

アニメ初の女性超サイヤ人

これまで『ヒーローズ』や『ゼノバース』などゲームでは女性の超サイヤ人が多数登場しているが、アニメ及び鳥山明デザインのキャラの中では、彼女は初の女性超サイヤ人である。ちなみに彼女が覚醒した次の回にはケールも覚醒し2人目の女性超サイヤ人へとなっている。

女版カカロット?

第6宇宙の人々はフリーザフロストブロリーケールの様に第7宇宙の人々と似たような人物が存在する。その為一部ではカリフラは第6宇宙の孫悟空(カカロット)ではないか?と噂されている。共通点としては天才的な戦闘能力・特殊な髪型・兄より強い妹(弟)・大勢の人が寄ってくるカリスマ性・制御不能な超サイヤ人と良くも悪くも関係が深いなど多数ある。しかし性格面ではあまり似ておらずその性格は悟空というよりバーダックに近く、制御不能な超サイヤ人をコントロールするというその立ち位置はパラガスと似ており何とも言えない要素である。

関連イラスト

Caulifla
Saiyan universo six


超サイヤ人2カリフラ
カリフラ&ケール ドラゴンボール超


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編
第6宇宙 キャベ ケール
女サイヤ人 女超サイヤ人

pixivに投稿された作品 pixivで「カリフラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 582064

コメント