ピクシブ百科事典

第9宇宙

だいきゅううちゅう

第9宇宙とは、『ドラゴンボール』シリーズに登場する架空の宇宙である。
目次[非表示]

概要

アニメ『ドラゴンボール超』に登場する架空の宇宙。
通称『姑息な宇宙』・『裏切りの第9宇宙』。全王による格付けは全12宇宙の中で最下位。
DBの世界は全部で12の宇宙に分かれており、この『第9宇宙』はその中の一つにあたる。
この宇宙を管理するのは界王神ロウ破壊神シドラ天使モヒイトがいる。

この宇宙に住む人間達のレベルは低く数値化された人間レベルは合格ラインが7以上のところ、1.86という散々たる数字で、これは全宇宙でも圧倒的に低い数値である。またそれらを管理する神々の性格にも少々問題があり人間レベルの低下に拍車をかけている。この宇宙で育った者達にして、「ゴミ溜めのような環境」と語っており、貧民街のような場所も多い様子。

対になるのは第4宇宙。全王の格付けの順位は基本的に対となる宇宙同士の順位が並ぶようになっているが、この2つの宇宙間だけは第9位と第12位とで差があるものになっている。2つの宇宙の共通点はどちらも姑息で策略じみた性質を持ちこちらが『姑息な宇宙』なのに対し、向こうの第4宇宙は『陰謀の宇宙』の名で呼ばれている。

8つの宇宙が集う武道大会、『力の大会』の前哨戦『全覧試合』では第6宇宙第7宇宙の格闘試合を見ていない未来の全王の士気を上げるために人狼の3兄弟『トリオ・デ・デンジャーズ』を選出し第7宇宙の戦士達と戦った。
全覧試合終了後は力の大会への参加者を募るが、人間のレベルが非常に低いため各地で暴動が生じ、なかなか選手が揃わなかったが、大会開幕のギリギリまでになんとかメンバー10人を揃えた。

メンバーの構成は毒を操るラベンダをはじめ、鋼鉄の防御力を持つチャッピル、氷結能力を持つヒソップ、糸による拘束技を使うオレガノなど特殊能力に偏重した構成になっている。ギリギリまで揃わなかったメンバーの割には協調性が高く、それぞれの個性を生かした連携プレイを見せる。

体力を温存させる為通常状態で戦った悟空ベジータを苦戦させたものの、超サイヤ人の力を解放した彼らには及ばず、全員が返り討ちに遭いわずか3分ほどで全滅。力の大会内で一番最初に消滅した宇宙となった。

ゲーム『スーパードラゴンボールヒーローズ』と『ドラゴンボールZドッカンバトル』ではベルガモが参戦。ただし兄弟のバジルラベンダは参戦していない。

神々

ロウ


悪代官の様な悪そうな顔をした界王神。他の宇宙をよく見下しており、自分の宇宙の人物を含め誰に対しても暴言を吐く粗暴な性格。しかし、全王大神官など身分が上の者の前では恐れおののく小物と化す。また俗物的な面も持ち、全王の命令に褒美を求めるなど、その宇宙の頂点に立つ界王神としては凡俗な姿を晒している。但し、彼も曲がりなりにも界王神としての良識とプライドは持っており、自分達の宇宙には愛着もある様子。

第9宇宙の神々の関係性(勝手な想像)


※イラスト右側のキャラ。
朱色の髭を生やし緑色の肌をしたドワーフのような破壊神。優柔不断な性格でなかなか星を破壊する事が出来ないらしい。また、たまに破壊神の義務として破壊活動を行うが、その際には無差別に破壊をするという厄介者。軟弱な面も持ち、敵への甘さや同情があり破壊神でありながら非情になる事が出来ない。その性格からか、ロウから激しく叱責されたり、進言を無視される事がある。

モヒイト


シドラの付き人の天使。シドラやロウとは違い知的なタイプ。神にあるまじき姿をしている二人には呆れ果てている。物事をいつも冷めた目で見ているが、納得のいかない出来事には怒りを露にする。ウイスヴァドスなど他の宇宙の天使達は兄弟であり全王に仕える大神官は父親にあたる。

住民

名前の由来はハーブ類のアナグラム。また、何かしらの獣のような姿をした戦士が多い。

ベルガモ


人狼の三兄弟『トリオ・デ・デンジャーズ』の長兄。相手の攻撃を吸収し自分の力に変える事ができる能力を持ち、そのことから「潰しのベルガモ」と呼ばれている。格闘能力の他、言葉巧みに相手を騙すことを得意としている。粗暴な性格ではあるが、神など目上の者への礼儀は正しい。

DBまとめ4


※イラスト左側のキャラ。
人狼の三兄弟『トリオ・デ・デンジャーズ』の次兄。体内から毒を発する能力を持ち、そのことから「毒々のラベンダ」と呼ばれている。卑怯な性格をしており、戦法も毒を使った卑怯な戦い方をする。自分の体内から作成する毒なためか、自分の毒ではダメージを負わない。

Shining Blaster!


人狼の三兄弟『トリオ・デ・デンジャーズ』の末弟。足技に特化した素早い身のこなしを得意とすることから「弾丸シュートのバジル」「蹴りのバジル」と呼ばれている。兄達同様卑怯な性格をしている。謎の紫色の物体を摂取すると、筋肉が膨張し戦闘力が上昇する。

爪


紫色の猫娘の様な姿をした戦士。外見通り猫の様な技や身のこなしをする。 Sっ気がある性格で、左手に生えている長い爪で相手を切り刻む事を好む。また、力の大会ではラベンダとの息の合ったコンビプレーを見せる。漫画版では爪を伸ばし、場外に落ちかけた味方を救出する能力が描かれた。

Wink!


かわいらしい白いウサギの姿をした獣人型戦士。長く赤いスカーフを首に巻き、空けた穴から耳を通したハンチング帽のような大きな帽子が特徴的。見せ場が無いまま18号の手によって脱落させられてしまったため、戦術や戦闘力は不明。漫画版では戦闘シーンこそ描かれたものの、詳細な能力は明かされなかった。

  • ヒソップ
氷山のような容姿を持つ巨体の戦士で、絶対零度の身体は触れる者すべてを瞬時に凍らせるとされている。口から氷柱を吐きだし命中した部分を凍らせる技「アイスランス」でベジータの右腕を凍らせたが、超サイヤ人化したベジータにあっさり氷を砕かれ、彼の発した気功波によりオレガノ共々吹き飛ばされ脱落した。
  • オレガノ
手から蜘蛛のような糸を作りだすことができる戦士。この糸でベジータの左腕を絡めとったが、超サイヤ人化したベジータにあっさり糸を外され、彼の発した気功波によりヒソップ共々吹き飛ばされ脱落した。
  • チャッピル
銀色のドラゴンのような姿をした戦士。鋼鉄のように固い肉体を持ち、足を踏み出すと地面が揺れるほど重いことがうかがえる。口から火球を吐きだす。悟空と対峙した際、悟空にパンチを打たせ自分の体の頑丈さを見せつけた。だが、ホップが誤ってラベンダを傷つけてしまったことに動揺しその一瞬の隙を突かれ、悟空が発した気功波でコンフリー共々吹き飛ばされ脱落した。
  • コンフリー
緑色の半漁人の姿をした戦士。序盤、第6宇宙ボタモら他の宇宙の選手達と共に第7宇宙悟飯達を囲い、彼らの必殺技を受けるがほとんどダメージを受けていなかった。その後は第9宇宙のメンバー達と共に悟空を狙いにいくが、前述の通りラベンダの一件に動揺している隙を突かれ、チャッピルと共に悟空が発した気功波で吹き飛ばされ脱落した。戦闘シーンが描かれなかった為、戦法・戦術は不明。
  • ローゼル
コウモリのような姿をした戦士。背中に生えた羽で空を飛ぶことが出来る。後ろからフリーザに不意打ちを仕掛けようとしたが、翼を打ち抜かれ飛べなくなってしまう。その後フリーザに弄ばれそうになると勝利への執念よりも恐怖が勝り、我を忘れ自ら場外に落ち脱落する。観客席転送後はフリーザから逃げ切り安堵するが、シドラから自分から落ちたことを責められると、自分の失態に気づき「しまった!」と漏らしていた。

関連イラスト

第9宇宙
「ようこそ新入社員諸君」


トリオ・デ・デンジャーズ!
猫と兎



外部リンク

公式サイト

関連項目

ドラゴンボール ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編

pixivに投稿された作品 pixivで「第9宇宙」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 177360

コメント