ピクシブ百科事典

ラベンダ

らべんだ

ドラゴンボール超に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:草尾毅

TVアニメ「ドラゴンボール超宇宙サバイバル編に登場するキャラクター。
黄土色の毛並みの人狼の姿をした第9宇宙の戦士。通称「毒のラベンダ」。
ベルガモバジル、ラベンダの三兄弟で構成されるトリオ・デ・デンジャーズの次兄。

体内で毒を生成する能力を持ち、それを用いて戦う。毒を使わずに正々堂々と戦う事は無く、毒で相手を弱らせたり、目を狙い相手の視界を奪うなどの卑怯な戦法を得意とする。兄弟で唯一舞空術またはそれに近い能力を発揮していた。
毒は自らのの呼吸に含ませて毒ガスにしたりエネルギー弾に混ぜて発射したり様々な用途がある。

自分の毒には自身を持っているがそれ故、慢心しやすく、それが原因で隙が生まれる事もある。
また兄弟達同様「気」を持たず、その特徴を活かした戦い方をする。

活躍

「力の大会」の前哨戦である全覧試合の二回戦にて孫悟飯と対戦。
毒息で目つぶしする戦法で悟飯を一方的に痛めつけるが、悟飯が目を使わず足音など気配で動きを読む戦法に変えた事により戦況は一変。逆に苦戦を強いられることになる。そこでラベンダは足音などが聞こえない空中戦にシフトし、これにより気配を消すことに成功。再び悟飯を痛めつけた。

だが悟飯が超サイヤ人に変身すると、また押される形に戻ったが、悟飯は体に負担がかかる超サイヤ人になったことで毒の周りが余計に早くなってしまい、倒れこんでしまう。そしてラベンダはそとどめを刺そうとする。しかし悟飯は残った力を振り絞り再び超サイヤ人に変身。

最後はエネルギー波をぶつけあいラベンダが押し勝ち、毒で悟飯を狙うが、悟飯はそれをくぐりぬけて、ラベンダを捕まえて背後から闘技場に叩き付け、ラベンダは気絶。さらに、その数秒後に悟飯も倒れたことで引き分けとなり二回戦の幕は閉じた。

力の大会本番でも毒攻撃を披露したが、悟空ベジータは気のバリアで毒が付着しないよう対策を取っていたため効果が無かった。

関連イラスト

「ようこそ新入社員諸君」
トリオ・デ・デンジャーズ!


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編
第9宇宙 ベルガモ バジル シドラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ラベンダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18866

コメント