ピクシブ百科事典

バジル(ドラゴンボール)

ばじる

アニメ「ドラゴンボール超」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV小山剛志

TVアニメ「ドラゴンボール超宇宙サバイバル編に登場する第9宇宙の戦士。
赤い毛並みの人狼の姿をした第9宇宙の戦士。通称「蹴りのバジル」。

人狼の三兄弟「トリオ・デ・デンジャーズ」の末弟で、ベルガモラベンダの弟。
界王神ロウをして、同宇宙において最強最悪の戦士の一人。名だたる実力者にふさわしい強さを持つ。また兄達同様、「気」を持たない。

足技に特化した素早い身のこなしを身上とする戦士で、戦闘ではほぼ足技しか使わない。手をポキポキと鳴らす事があるが、やはり足技のみである。

必殺技は足から放つエネルギー弾「シャイニングブラスター」や「ヴォルフガングプレッシャー」。

活躍

78話で初登場。力の大会の前哨戦「全覧試合」に兄弟たちと共に第9宇宙代表として参加。
一回戦で魔人ブウと対決した。

ブウとの戦いでは序盤は優勢に進めたものの、ブウ自身は遊び感覚で闘っていたためサタンを傷つけられそれに怒り、本気を出したブウに叶わず劣勢に立たされている。
その後、劣勢に立たされてたバジルはロウに謎の紫色の物体を要求しそれを食べ体が膨れ上がった姿にパワーアップ、その姿で再びブウに立ち向かった。

しかし、それでも不死身のブウにはダメージを与えられず、逆にブウのエネルギー波をまともにくらってしまう。そして、なんとかブウの本気の攻撃を持ちこたえたものの、体は謎の物の反動なのか、純粋に体力切れなのか、それとも両方なのか、限界を超え悲鳴をあげてダウン。ブウの勝利で一回戦の幕は閉じた。

その後のラベンダと悟飯の戦いでは応援せず一人突っ伏していたが、ベルガモと悟空の闘いでは持ち直し、ロウやバジルとともにベルガモを応援した。ベルガモ敗北後はラベンダと共にベルガモの元に駆けつけ彼を運びながら観客席へと戻っていった。兄弟では大会中最も活躍したと言っても過言ではない。

力の大会本番では開始直後、第6宇宙ヒットと共に第3宇宙のナリラーマのアイアンクロー攻撃を封じた。その直後、第10宇宙のリリベウを落として大会最初の脱落者とし、続いて同宇宙のナパパを落とそうとするも耐えきられる。
その後は兄弟と合流しての戦いとなる。詳細はトリオ・デ・デンジャーズを参照。
こちらでも第9宇宙で最も戦果があったのは彼であったと言えよう。

余談

アメリカにあるフットボールチーム「Hartsville Red Foxes」のマスコットキャラクターがバジルに似ていると一部で話題であるとかないとか。

関連イラスト

第9宇宙
♥ ♥ ♥


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボール超
ベルガモ ラベンダ 第9宇宙

コメント