ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

ドラゴンボール』シリーズに登場するイヤリング。初登場は原作『魔人ブウ編』。

界王神やその付き人が両耳につけている。


このイヤリングの一方を装着者同士が互い違いに着ける事で合体が出来る。

一部資料ではコレをポタラ合体と称する事もある。


合体時の能力や外見は、衣装含め2人のそれぞれの特徴を備えた姿となる。

人格については人間同士なら2人の性格が混ざったモノとなる。アニメ版では二人の声が混ざるという演出がされている。

一方、片方が界王神の場合はそちらが主人格になる。声も混ざらず界王神のモノとなる。


基本的には一度合体すると二度と解除することが出来ない。但し魔人ブウの体内に入るなどの解除方法も存在する(ブウの体内にあるイヤな空気が影響したと推測されている)…と思われていた。


原作に登場したポタラは、最終的に悟空とベジータの手により破壊されており、『GT』においても未登場のままだった。しかし近年のアニメではキビト界王神の合体を解除して貰った影響で復活し、界王神・老界王神が再び耳に付けている。


設定の追加・変更編集

原作者、鳥山明が脚本を務める漫画及びTVアニメ『ドラゴンボール超』では様々な追加設定がなされた。辻褄を合わせようとしているが苦しい部分もあるので後付け設定については賛否両論の意見がある。


合体の永続的効果は界王神にのみ発動し、人間同士の合体に対しては1時間のみである事が明かされた。コレによりブウの体内で分離した理由は、空気の影響では無く時間切れであるとされる様になった(漫画版ではハッキリとそう予想されている)。それを踏まえたとしても1時間も戦っているとは思えないが…通常ベジットの戦闘シーン等も追加され戦闘シーンが長くなっているアニメ版の方であれば辻褄が合わなくもないのかもしれない(とは言え、尺稼ぎが目立ったアニメの『Z』よりも話の流れがスマートになった『』のゴテンクスの戦闘シーンからも分かる通り、リアルの時間で計算すると明らかに合体を維持してる時間が設定の時間よりも長いのでツッコむのは野暮である)。そもそも元々「ブウの体内にあるイヤな空気が原因」とかなり曖昧で確実性が低い理由だったので、曖昧な推測よりは時間切れとハッキリした理由の方が遥かにマシだと考える意見もある。


界王神に対する効果については、どちらか片方が界王神であれば変身は永続するとされ、老界王神、キビト界王神、合体ザマスの合体がこれに当たる。


そして、同じく界王神限定の効果として、ポタラを付けている事で界王神のみ使用が許される「時の指輪」の使用が可能になる。これは未来並行世界を行き来出来る道具であり、ザマスは師匠である界王神ゴワスを殺して時の指輪とポタラを奪い取り、無理矢理界王神になっている。


但し、漫画版では正式に界王神に昇格していないザマスがゴクウブラックとポタラを使用した際には人間と同じ1時間で合体が解けてしまっている。その際、2人とも魂が同じ人物である事が影響し細胞レベルまで結合してしまい、分離した際にはそれぞれの肉体が合体ザマスと同じ細胞になり、結果2人の合体ザマスが誕生してしまうと言う異例の事態となった。この効果は肉片にまで及び彼らの肉体が千切れる度、魔人ブウの様に肉片が新たな合体ザマスへと変形していってしまう。


人間同士の場合では、ベジットブルー等、余りにも強大な力を持つ者の合体を維持するには限界があり、その場合は制限時間が短くなってしまうリスクを持つ事も明らかにされた(劇中の描写からして、特にポタラで合体した超サイヤ人ブルーのエネルギーが大き過ぎる模様)。

魔人ブウ編当時も同様の理由で実は1時間も経っていなかったと考えれば、描写との辻褄は合うのかもしれない。


フュージョンとの相違と比較編集

同じく合体であるフュージョンとは度々比較され論争が起こっている(合体の比較というよりもベジットとゴジータでの比較だが)


フュージョンが30分なのに対しポタラは1時間、もしくは無制限。

合体時もポーズをとる必要が無くポタラを耳につけるだけなので非常に手軽である。

見た目はフュージョンが固有の衣装になるのに対し、こちらは合体元の二人の衣装を足して2で割った見た目である。


戦闘能力については様々な意見があるが、実際の所は曖昧である。

よく言われる掛け算に関しては、当時の公式書籍である大全集において、「掛け算になるほどの凄まじさ」とたとえられた比喩表現にもかかわらず、掛け算という部分だけが切り取られてしまい、結果的にポタラの効果は掛け算だという誤報が広まってしまった可能性が高い。

ただし老界王神が「あの二人だからここまで行けた」と発言しているため、合体には相性も非常に重要である事が窺える。


また、老界王神の「効果はフュージョン以上」という発言から、ポタラの方が戦闘力は上だという人もいるが、あくまで持続時間という効果についての話とも解釈ができる。(ただし大全集ではパワーがポタラ>フュージョンだと明記されている)

実際に合体時間が永続であると判明するのはこの後のシーンであるため、効果=持続時間として発言していたとしてもおかしな所は無い。


使用例編集

フュージョンのリスクがポタラよりも多いからか、ゲームオリジナルを除いたアニメ等の映像作品の合体戦士はポタラの使用率が圧倒的に多い。

15代前の界王神とその知人の老いた魔女が合体した姿。

魔女の特殊能力を得たが外見が一気に老け口調も個性的なものになった。

もうひとりの界王神


東の界王神・シンキビトが合体した姿。

二人の能力が使用可能になり、戦闘力も上がったことでゴテンクスを吸収したブウとも戦えると意気込んでいたが、老界王神には「元が大したことないんだから吸収されるのがオチ」と酷評された。

超ではナメック星のドラゴンボールを使い分離に成功している。

Kibito Kai キビト神


孫悟空(カカロット)とベジータの合体した姿。

合体するまで劣勢だった悟飯吸収ブウを相手に終始優勢に立ち回っている。老界王神曰く「あの世でもこの世でも三本の指に入るライバル同士が合体したんだから最強」とのこと。

超サイヤ人の他『超』では超サイヤ人ブルーに変身している。

ベジット


孫悟空とミスター・サタンが合体した姿。

本来合体するはずの悟飯がいなくなって焦った悟空の想像上の産物。

一部のゲーム作品では実際に登場し操作することが出来る。

ちなみに悟空はデンデとの合体も考えていたようで『Z』ではその姿も想像している。

勝てんぜ!・・オレは。


TVアニメドラゴンボール超に登場。

ザマスゴクウブラックの合体した姿。

大幅なパワーアップを果たしたが、性格はよりナルシストな物に進化している。

不死身のザマスと只の人間である悟空の肉体が融合したので不死身の力が落ちている。

神が愛したモノは


TVアニメドラゴンボール超に登場。

二人の女サイヤ人カリフラケールが合体した姿。

伝説の超サイヤ人超サイヤ人2が混ざった特殊な超サイヤ人へと変身する。

女性キャラ同士がポタラを使用するのは作中では唯一の例である(ポタラではない合体ならブラパンがいる)。

ケフラ ドラゴンボール超


ゲーム『スーパードラゴンボールヒーローズ』に登場。

ベジータトランクスが合体した姿。

魔神トワと戦う為に時の界王神のポタラで合体した。

Vegeks : Vegeta & Future Trunks


関連タグ編集

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボール超

合体 フュージョン イヤリング 界王神

ポタラ合体 メタモリング

関連記事

親記事

界王神 かいおうしん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2703723

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました