ピクシブ百科事典

カッチン鋼

かっちんこう

漫画「ドラゴンボール」に登場する、宇宙でいちばん堅いといわれる金属

解説

界王神界にて、伝説のゼットソードの切れ味をその辺の岩で試そうとした孫悟空孫悟飯に対し、「どうせならそいつで試してみてください」と界王神が空中から取り出して渡した、1m角ほどの金属の塊。
硬度と共に密度も高いようで、重さも相当なもののようだ。

結果、堅すぎてゼットソードは真っ二つになってしまうが、おかげでゼットソードに封印されていた過去の界王神(老界王神/大界王神)は救出されたのだった。

なお原作中のカッチン鋼の出番はそれだけで、防御用途などに有効活用されることは特になかった。

漫画版『ドラゴンボール超』では、未来世界の界王神トランクスの持つゼットソードの試し切りとして同様に召喚されたが、直前でバビディ一味が活動を開始したために中断された。

後にポタラで誕生した合体ザマスも技として使用。こちらは一度に何十個ものカッチン鋼を出現させて雨のように降らせることができる。その硬度は武器としても優秀で、本来よりパワーが落ちているとはいえ超サイヤ人ゴッドSSの悟空でも破壊できなかった。

アーケードゲーム「ドラゴンボール ZENKAIバトルロイヤル」では、敵を内部に閉じ込める結界として登場する。

「力の大会」にて、おそらく上位互換的な材質「カチカッチン鋼」が存在することが判明。ただし、カッチン鋼自体は大神官の話をもとにすれば、第7宇宙でのみ産出される鉱物であり、全宇宙でも名だたる名鋼だということがうかがえる。上位版であるカチカッチン鋼で造られた「力の大会」武舞台も、破壊神同士の戦闘では容易に破損・崩壊し、各宇宙の最高峰またはそれに近いレベルの戦士同士の手合わせでも、多少は破損することが判明した。

関連タグ

ドラゴンボール 界王神 ゼットソード

金属 
オリハルコン アダマンタイト バキュラ

pixivに投稿された作品 pixivで「カッチン鋼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 126

コメント