ピクシブ百科事典

大界王神

だいかいおうしん

大界王神は『ドラゴンボール』シリーズに登場するキャラクター。

概要

CV:辻村真人(ドラゴンボールZ)

東西南北の界王神を統べ宇宙の頂点に立つ神。魔人ブウ編にて登場。

作中では500万年前にブウに吸収された過去の人物として扱われ、見た目から分かる様にブウ(無邪気/善)に大きな影響を与えている。
東の界王神・シン曰く「温和な性格」で、彼を吸収したブウも、その性格に影響され、力を落とした代わりに子供のような無邪気さを手に入れた。

『Z』ではブウ(南の界王神吸収)に殺されそうになっていた東の界王神を助け、相手を長方形に細かく分解した後、爆破する特殊なエネルギー波を口から放つも、ブウには効かず逆に吸収されしまったという吸収されるまでの経緯が描かれた。

現在、生死は不明だが、悟空ベジータがブウの体内に入った時にはその姿を確認する事は出来なかった。なお大界王神の役職はブウの騒動で唯一生き残った東の界王神が代理を務めている。また一部の作品では時折、老界王神大界王神と呼ばれる事もある。

『超』においては漫画版“未来”トランクス編で触れられ、東の界王神が「のんびりとした人物で、更に誰とも合体せずにブウに吸収された為、ポタラで合体できることを知らなかったかもしれない」と語っている。

同じく漫画版『超』の銀河パトロール囚人編では物語の核となる重要なキャラクターとして登場。
ブウに吸収されるより更に前の1000万年前、魔力で星々のエネルギーを吸い取っていたモロの暴走を止める為、「カイカイマトル」という特殊な技で彼の魔力を封印し、宇宙を救った事が回想シーンにて語られた。

そして本編ではモロを倒す為に銀河パトロールによってブウの中に眠る大界王神の記憶を呼び覚まそうとするとブウは大幅にパワーアップを遂げ、更に大界王神の意識が戻ったのかブウとの意識の交換が可能になり、復活したモロを倒す為、ブウの体を変形させ大界王神自らが悟空達の前に姿を現した。

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボール超
魔人ブウ 東の界王神

関連記事

親記事

界王神 かいおうしん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大界王神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213

コメント