ピクシブ百科事典

ブロリー(ドラゴンボール超)

ぶろりー

劇場版『ドラゴンボール超 ブロリー(BROLY)』に登場するブロリー。
目次[非表示]

この記事は劇場版『ドラゴンボール超 ブロリー(BROLY)』のネタバレを含みます。

概要

CV:島田敏

2018年12月公開予定の劇場版『ドラゴンボール超 ブロリー(BROLY)』に登場するブロリー
ドラゴンボールZ』の頃はキャラクターデザインにしか関わっていなかった原作者鳥山明が、本作のために設定やストーリーを考え、デザインなどもを含め一新させた新たなブロリーの姿。
同じく鳥山明の手によって、一新された父・パラガスと共に登場する。

そもそもなぜ、今になって鳥山明がブロリー達に手を加えようとしたのかというと、劇場版の脚本を考えていた際、集英社の担当からブロリーの人気を聞き、さらに「ブロリーの新作映画」を提案され、試しに当時の映画を観てみたところ、アレンジ次第では、かなりおもしろくなりそうだと感じたらしく、『超』のシリーズに組み込んで話を作成したとのこと。

そして『超』は、(一部例外はあるものの)原作漫画の続きとして描かれているため、本作は、Z時代に制作された劇場版アニメ3作品『燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』『危険なふたり!超戦士はねむれない』『超戦士撃破!!勝つのはオレだ』(通称「ブロリー三部作」。以下「旧作」と呼ぶ)と繋がりのない異なる時間軸での物語となった。

その為、本作の時空では悟空達もブロリーと出会うのはこれが初めてとなり、「悟空、ベジータ、ブロリー、それぞれ違う運命をたどってきた3人のサイヤ人がどのように巡り合うのか。」という点も注目すべき要素の一つとなっている。

また実際に『超』本編でも、宇宙サバイバル編で悟空達がブロリーそっくりの超サイヤ人になったケールを見た際、その姿を初めて見るかの様な反応をしており、そこから旧作がパラレルワールドである事が示唆され、DBオフィシャルサイトでも本作のブロリーを【鳥山明先生が『ドラゴンボール超』の世界観で描く「ブロリー」】として紹介している。

人物

本作のブロリーの性格について、旧作を見た上で鳥山明は「ブロリーファンをガッカリさせないように昔のイメージを意識しつつ、新しい一面も加えてリニューアルし、より魅力的なブロリーになったと思っています。」と語っている。

旧作との繋がりはない為、悟空達とは初めて対面する事になる。
旧作同様、父パラガスに連れられているが、一方で現フリーザ軍に属するチライレモからは何とかしてあげたいと思われるような状況にある。

年齢に関しては、悟空と同じ日に生まれたという設定が残っていた場合は、ブロリー達はエイジ737生まれな為、エイジ779~780が舞台の本作では42~43歳ぐらいとなる。
また悟空は原作で約2年、超で約3年、精神と時の部屋に入っているため、同じ日に生まれながら彼の方が5歳年上となる。ただし悟空は合計で8年死んでいた為、肉体年齢は彼の方が8歳若いことになる。

容姿

旧作で頭につけていた制御装置は取り外され、それにより後ろ髪は大きく広がっている。
首には謎の円柱がついた銀色の首輪がつけられている。
左胸には大きな十字傷があり、左の二の腕、左肩、腹、そして左の頬にも傷痕が付いている。

衣装は、旧作を彷彿とさせる上半身裸の姿と、謎の戦闘服を着た2種類の姿が公開されている。
どちらも共通して旧作のものから変更されているが、腰布など旧作を意識した部分もある。
配色は全体的に緑・青・紫といった寒色が目立つシンプルな出で立ちとなった。
腰布は表面及び裏面外側が黄緑色で、裏面内側が薄緑色の獣毛を巻いている。結び目は右の結び目だけ裏返り、裏地の薄緑色が見えている。

上半身裸の姿は、全身ボロボロで野生児の様なスタイルで、下半身には紺のアンダースーツと白のブーツを履き、両手首にはリストバンドをつけている。

もう一方の姿は、タゴマシサミが着ていたフリーザ軍の新型戦闘ジャケットと似た黒と黄緑のものを着用している。籠手やブーツのデザインも彼らと同じだが、ブロリーの場合はブーツのの色が白になっている。下は紫色のアンダースーツを着用している。

戦闘力

本作のブロリーは闘いの中で急成長し、どんどん強くなっていく。
それはまるでサイヤ人の本能に導かれるかの様な進化で、その進化に終わりがあるのかは明らかとなっていない。「最強ジャンプ」の紹介文では「破壊神以上の破壊力!?」「パワーは天井知らず…!?」と紹介されている。

PVではベジータからは「何者かは分からんが、凄まじい気だ」「戦いながら学習してやがる!!」、フリーザからは「何という戦闘力!」、悟空からは「おめぇ、まだ上があるんか?」と言われている。

形態

ノーマル

純血のサイヤ人の特徴である黒髪黒眼を有する。
色白で憂い顔だった旧作から一転、肌は浅黒く、目付きは鋭くなり、力強さが増した風貌となっている。首回りが太くなり、前髪は分け目がなくなりザンバラ髪となり、耳や首もとに後ろ髪がかかる。
PVではこの姿で超サイヤ人ベジータと戦っている。
ゲーム「ドラゴンボールZドッカンバトル」で先行登場した際には「メテオクラッシュ」というラッシュ技を披露している。

最大の敵、サイヤ人。(ブロリー 2バージョン)
Broly



ブロリー(怒り)

旧作では登場しなかった本作初登場の姿。
緑色のオーラを発し、瞳は金色になり、体中の筋肉が隆起、髪は黒髪のまま逆立っている。目元には黒いアイラインが入るようになる。
フリーザ軍のような戦闘ジャケットに身を包み、悟空の超サイヤ人によく似た髪の逆立ち方をしているため、従来のブロリー像からはかなりかけ離れた見た目となっている。
設定画では首輪をつけている姿とつけていない姿の2種類が公開されている。
PVではこの姿でフリーザ超サイヤ人ブルーの悟空と戦っている。
「ドッカンバトル」で先行登場した際には「アンガーシャウト」という口から放つ緑色のエネルギー弾を披露している。

溢れる力
新⭐️ブロリー



超サイヤ人?

悟空達の超サイヤ人と同じ色の金髪の超サイヤ人となった姿。
上記の怒り形態同様、筋肉質な体型をしているが、肌の色が若干明るくなる。戦闘ジャケットは着用したまま。
旧作では、超サイヤ人の状態では瞳があったが、本作ではこの姿の時点で既に白目になっている。
髪型も旧作とは異なり、上記の怒り形態からそのまま超サイヤ人になったような髪型をしている。
PVではここから更に次なる進化を遂げている。
悟空達の超サイヤ人と似ているが、今のところ、正式名称は分かっていない。

ブロリー
B R O L Y



超サイヤ人ブロリー(フルパワー)

旧作において伝説の超サイヤ人と呼ばれた形態。
上記の変身よりも、更にはち切れんばかりの筋肉と巨体を持つようになる。上半身は裸。
髪の色は上記の超サイヤ人と比べても黄緑色が強く出ている。旧作より髪の逆立ちが柔らかくなり、広がりも増えている。
凄まじい筋肉量を誇るのは変わらないが、旧作の異常なまでの筋肉の発達からはある程度抑えられている様にも見える。しかし細かな差異はあれど、他の形態と比べて、旧作のブロリーに最も近い外見となっている。

Broly is coming
ブロリー



余談

胸の傷について

左胸にある十字傷は、奇しくも、2作目で太陽に落とされた際に穴が開いた箇所と一致している。その為、本作のブロリーは、その時死ななかったブロリーなのでは?という声もあるが、本作は旧作とは一切関係ないパラレルワールドであり、また3作目のエピローグでブロリーは地獄に落ちた事がはっきりと語られている。

ヤモシとの関係

本作のタイトルが明らかになる前、一部では今回の敵は、以前、鳥山明が明かした初代の超サイヤ人「ヤモシ」ではないかと噂されていた。だが実際は今回の敵はブロリーであり、彼らの読みは外れる形となったのだが、その中には公式が嘘をついたなどという者もいた。しかし公式ではヤモシが劇場版に出るなどといったアナウンスは一度もなく、ネット上に広がっているヤモシの設定画とされる画像も全て偽物であり、全てファン達の妄想上のものであった。ただ今回の話は、悟空達の強さの原点が明かされ、更に過去の回想シーンも多く存在するとされており、そこにヤモシが登場するのではないか?という声も未だ一部では上がっている。こちらもヤモシが出るかどうかはファンの想像に過ぎない為、注意が必要。

関連イラスト

パラガス&ブロリー
Broly


劇場版 ブロリー
劇場版ブロリー



関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボール超 
ブロリー(映画のタイトル) パラガス(ドラゴンボール超)
サイヤ人 ブロリー パラガス

ブロリーに関するタグ
伝説の超サイヤ人 バイオブロリー
伝説の超サイヤ人3 伝説の超サイヤ人4 ブロリーゴッド ブロリーダーク

pixivに投稿された作品 pixivで「ブロリー(ドラゴンボール超)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38208

コメント