ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

漫画『ドラゴンボール』に登場する、2人の人物を合体融合させ、短時間だけ新たな超戦士を生み出すメタモル星の秘術。

孫悟空があの世でメタモル星人から教わり、孫悟天トランクスに伝授した。


融合するためには合体する2人の体格と気の大きさが同じ位でなければならず、左右対称かつ特定の手順でかなりカッコ悪いポーズを取って行く必要がある(孫悟飯のみドラゴンボールファイターズにて「カッコいい」と言っている)。

悟空とベジータくらいの体格差なら問題はないようで、気の大きさも調整である程度は何とかなる。


原作には孫悟天とトランクスが合体したゴテンクスが登場。

アニメでは悟空とベジータが合体したゴジータ、ゲームではヤムチャ天津飯が合体したヤム飯が登場している。

また連載当時ジャンプ読者に夢のフュージョンを考えて貰うと言う企画で、鳥山明がクリリンピッコロの合体ピリリンを書き下ろしている。 その他にもブルチゴハンクスなどがおり、セル仙人というカオスな合体も投稿されていた。


融合体はメタモル星人の衣装を身に纏い、原型の2人の面影が所々に残るが、どちらとも異なる別人にも見える。

アニメでは合体前の2人の担当声優が同時に喋るが、1つの体に2人の精神が入っているわけではない。実はフュージョンは肉体だけで無く精神も合体させてしまう技であり、フュージョン後は2人の性格が混ざり合った全く新しい自我が生まれる。


成功すると戦闘力が飛躍的にアップするが、変身時にポーズをちょっとでも間違えたりタイミングがズレたりすると失敗とみなされ、合体後にとんでもない肥満体やガリガリに痩せ細った姿になってしまい、戦闘能力も元の状態より大きく落ちてしまう。 このため近い体格同士で行うことが不可欠であり、戦闘力もまったく同じになるように調整が必要。


成功・失敗に関わらず、合体していられる時間は30分。ただし、消費エネルギーが多いとそれ以前に合体が解けてしまう場合がある。また、強烈な大ダメージを受けた時に合体が解除される事もある。

分離した後は再びフュージョンするまで約1時間を要する。

任意に分離出来るのかは不明で、原作ではゴテンクスは分離出来なかったが、OVAのオッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!!では失敗して時間をおかず即再フュージョンしている(一応、この手のお決まりで単に描写をカットされただけかもしれないが)。

劇場版『復活のフュージョン!!悟空とベジータ』ではベクウはゴテンクス同様任意で分離出来なかったが1時間のインターバル無しで再びフュージョンしており、劇場版『ブロリー』でも同様の設定になっている(此方ももしかしたら単にシーンを省いただけで実際はインターバルを経ているのかもしれないが、そうだった場合フリーザが3時間程ボコボコにされていた事になるが)。

この為、合体に成功した時のパワーは凄まじい反面、「隙が生じる」、「そもそも失敗する可能性がある」、「失敗した時には恐ろしく弱い上に、時間切れを待たないと元には戻れない」等のデメリットも凄まじく大きい為、汎用性の面では依然としてポタラに軍配が挙がる。


ゲーム「ドラゴンボールフュージョンズ」ではブルマが製作した「メタモリング」の力による『EXフュージョン』が登場しこのリングの場合は合体対象となる二人の相性さえ良ければ戦闘力や体格といった制約がなくなり、時間制限も撤廃され、更に衣装は2人ものが混ぜあったものになる。このフュージョンで悟空とブロリーの融合戦士「カロリー」などこれまででは考えられないような融合戦士が誕生した。

また、本作では5人でフュージョンするという、マキシフュージョンも存在するが、これは作中ではギニュー特戦隊が考えた物でポーズが異なっており、見た目も種族によって異なる。声はマキシフュージョンのコマンドを選んだキャラのみ。持続時間は30秒前後。


上記の凄まじいリスクが理由かは明言されていないが、『ドラゴンボール超』以降の話では『スーパードラゴンボールヒーローズ』のPRアニメも含めて「手元にポタラが無い場合はフュージョンを選択」し、「ポタラとフュージョンどちらでも合体可能な場合はポタラで合体する」傾向が見られいる。


戦闘力について

フュージョン戦士が元の二人からどれくらい強化されるのかについては今まで戦闘力について度々触れられた事はあるが、最早数値的な比較が困難なブウ編での登場という事もあり、結局の所は不明だった。

しかし劇場版『ドラゴンボール超ブロリー』において、ゴジータの発言していた「2人の強さを足しただけじゃないぞ、更に大幅アップだ」という発言により初めて公式設定として結論が出た。

これによってポタラ合体であるベジットとの強さの比較が難しくなっていると思われる。(超の扱い的には同格となっているが、曖昧な要素が多いため信憑性は不明)


ゲーム作品では

原作やアニメにはない合体戦士が多数登場している。特にスーパードラゴンボールヒーローズはその傾向が強い。


余談

フュージョンの発想は、原作者の鳥山明が「超サイヤ人より強いものがない」という話を桂正和にしたら、「合体するしかないんじゃないですか」と言われたことで生まれた。

ポーズの形に関しては「重要な技なのに、くだらないポーズにしたかった」「『ジョン』というところは、たぶんテレビを観ていて、芸人さんの決めポーズからヒントを得たんだと思う」と鳥山先生は語っており、アニメでの合体後の2人の声が二重になるというアイデアも鳥山先生によるもの。

また、後年鳥山先生は「男と女がフュージョンしたら、オネエみたいになるのかな? ムチャクチャ強いオネエ。面白そうです。連載時に描いておけばよかったな(笑)」とコメントしている。


関連イラスト

フュージョン!ハッ!!

フューー… ジョン!フュージョン


関連タグ

ゴジータ (ベクウ ※失敗時) (ベジットポタラ合体)

ゴテンクス ゴタン キビト神 ヤム飯

復活のフュージョン!!悟空とベジータ

EXフュージョン ウルトラミキサー

関連記事

親記事

ドラゴンボール技一覧 どらごんぼーるわざいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 453271

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました