ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

福井県生まれの千葉県育ち。1962年生まれ。週刊少年ジャンプでデビューした漫画家

ウイングマン』といったヒーローを題材にした作品や、恋愛ものの『アイズ』を描いたほか、キャラクターデザインとしてアニメ『TIGER&BUNNY』に参加した。


近作は集英社ヤングジャンプコミックスにて連載していた「ZETMAN」で、2014年に第一幕が完結となった。


アメコミ好きのスーパーヒーローマニアで、自宅は「バットマン」などのキャラクターグッズで溢れている。

海外でも英語版が出版されるなど、長年にわたり安定した評価を受け続けている、ジャンプ出身作家の一人である。


過去に海外でサイン会を行った際には、日本のサイン会よりも盛況で大歓迎を受けたため「こっちでデビューしたほうがいいのかな?」と苦笑まじりに冗談にしていた。


なお、「ふとんがふっとんだ」というギャグを作ったのも桂だという指摘がある(参照)。


作風

高い画力で描写される美形キャラに定評があり、特に女性キャラのボディ描写は河下水希に「桂正和先生の描かれるお尻なんて物凄いですもんね」と言わしめた美尻の描き手として名高い。

男らしく硬派なバトル漫画が主流だったジャンプ黄金期に、ハーレム要素や元祖ラッキースケベ的なエッチ描写を「大切なもの」として、ハイレベルな作画で提供し続けた功労者である。


『ウイングマン』はラブコメ要素がうまく機能し、全13巻という長期連載になったものの、1980年代当時には読者側にヒーローコミックを受け入れる土壌がなく、次作以降はなかなか連載が続かなかった。そのため鳥嶋和彦の勧めもあり、恋愛要素が多いものに徐々にシフトしていった。


初期は萌え美少女キャラの可愛さで名高かったが「電影少女」以降は、徐々に写実的な画風へシフトしていくこととなった。

これについて「僕は二次元の女の子よりも、現実の女の子のほうが可愛いと思っているから」と、画風が変わり始めた当時に説明している。


作品&パロディイメージ

VIDEO HEROセンシティブな作品

桂正和のイメージに近い作品

だいたいこんな感じ、お約束ポロリパンチラなど

8話のイワンがかわいくてたまらない


交友関係

鳥山明と長年にわたって親交があることも有名で、鳥山の助言に従い「DNA2 」で髪が逆立つ変身要素を取り入れたところ「ドラゴンボールをパクるな!」との苦情が殺到し、鳥山のアドバイスには懲りたとのことである。

鳥山との合作ユニット「カツラアキラ」では作画を担当している。


専門学校時代の後輩には特撮に関わりがある造形作家の竹谷隆之、イラストレーターの寺田克也、先輩には映画監督雨宮慶太がいる。雨宮には『I・R・I・A ZEIRAM THE ANIMATION』のキャラクターデザインを依頼され、竹谷とは仮面ライダードライブの「パラドックス・ロイミュード」のデザインを共同で行っている。また竹谷と近所に住む韮沢靖には『ZETMAN』のアルファスとプレイヤーのデザインを協力してもらった。


原作・参加作品


関連タグ

漫画家 ヒーロー 恋愛 アメコミ 少年ジャンプ ジャンプ黄金期 おっさんホイホイ 美尻


黒岩よしひろ稲田浩司古味慎也・・・元アシスタント。

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1252270

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました