ピクシブ百科事典

ゼイラム

ぜいらむ

『ゼイラム』とは、雨宮慶太原作・監督の特撮映画。
目次[非表示]

概要

1991年12月21日に公開された劇場作品および劇中に登場する生物兵器の名称である。
また、1994年に、同作をアニメーション化したOVA作品『I・Я・I・A ZЁIЯAM THE ANIMATION』が発売され、続編の実写映画『ゼイラム2』が劇場公開されている。
2007年7月には、カプセル兵団により舞台化される。

近未来的な兵器やアイテムが多数登場するが、どことなく和風なデザインである。

『ゼイラム』(第1作)

雨宮慶太原作・監督の初劇場公開作品

あらすじ

異星人の賞金稼ぎイリアは、逃走した太古の生物兵器"ゼイラム"を捕獲するため、地球上に制限時間付きの無人密閉空間「ゾーン」を作る。ところが些細な偶然から、二人の地球人がそこに入り込んでしまう。ゾーンは制限時間を迎えると、空間の中身ごと消滅する。足手まといの彼らを守りながら敢行されるイリアの"ゼイラム"捕獲作戦とゾーンからの脱出は成功するのか。

登場人物

イリア(演:森山祐子)
本作品のヒロイン。異星人の賞金稼ぎ。

神谷(演:螢雪次朗)
ゾーンに巻き込まれた民間人。

鉄平(演:井田州彦)
ゾーンに巻き込まれた民間人。

ボブ(声:半田雅和)
イリアに協力する人工頭脳。本体はデスクトップ型パソコンのような姿で、画面には法具の一種の三鈷杵のようなデザインのイメージが映されている。

ゼイラム(スーツアクター:吉田瑞穂)
太古の生物兵器。強靭な肉体と小面のような不気味な本体で形成されている。シールドを張ったり、ゾーンと呼ばれる特殊な空間を造り出す能力を持っている。

『ゼイラム2』

1995年第26回星雲賞映画演劇部門賞受賞作品。

あらすじ

異星人の賞金稼ぎ(同シリーズでは一貫して「捜索者」と呼ばれている)イリアは、盗賊カヌート一味に盗難された骨董品「カマライト」を奪い返すために、人工知能の相棒ボブ、同業者フジクロと再び地球を訪れていた。難なくカマライトを奪還したイリアは、単身で次の任務である、当局の開発した支援用戦闘ロボットとの模擬戦に向かう。
しかしカマライト目当てに裏切ったフジクロは転送機とボブを破壊、偶然イリアを見かけてベースに訪れた鉄平を捕らえてしまう。一方イリアはカヌートが雇った大勢の賞金稼ぎ達に囲まれて窮地に陥る。そこへ例の戦闘ロボットが現れ、イリアの制止も聞かず賞金稼ぎ全員を虐殺する。
しかしそのロボットには制御ユニットとして、あの恐るべき生体兵器「ゼイラム」の別個体が内蔵されていた。賞金稼ぎやカヌートの返り血によって覚醒したゼイラムによってロボットは暴走、異空間「ゾーン」を生成してイリア、フジクロ、鉄平を閉じこめてしまう。
神谷により修理されたボブのサポートの下、全身兵器の固まりであるゼイラムロボットに挑むイリア。鉄平を救うため自ら「ゾーン」に転送される神谷。3人は無事に再会し、ゼイラムを倒して脱出できるのか。

登場人物

イリア(演:森山祐子)

神谷(演:螢雪次朗)

鉄平(演:井田州彦)

ボブ(声:井上和彦)

ゼイラムロボット(スーツアクター:吉田瑞穂)

異星人が造り上げた戦闘用ロボット。制御ユニットとしてゼイラムを用いている。序盤は命令どうりに動いていたが、カヌートの返り血を浴びてしまい、制御不能となる。
体中に協力な武器を内蔵しており、強固なシールドや、ゾーン発生能力などは健在である。また、中心部に内蔵されているゼイラム本体を倒さない限り再生して何度も襲ってくる。
ちなみに今回のゼイラムは前作とは別の固体である。

関連タグ

特撮 映画 邦画 SF映画
雨宮慶太
みんなのトラウマ トラウマ

外部リンク

ゼイラム - Wikipedia
ゼイラム2 - Wikipedia
映画 ゼイラム - allcinema
ゼイラムとは - はてなキーワード

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼイラム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 240968

コメント