ピクシブ百科事典

二次元

にじげん

次元の数が二つであること。長さと幅だけの広がり。平面の広がり。(広辞苑より)
目次[非表示]

概要

次元の数が2つであること。
数学的には空間の自由度が2であることを示すので、平面だけでなく曲面も二次元である。

スーパーマリオブラザーズ』の世界のように、上下前後の2方向にしか移動できないような世界が二次元である。
現実における人間の徒歩での行動範囲も二次元的であるが、この場合は「前後と左右」となる。
また、紙や画面の中の内容の場合は、主に「上下と左右」として扱われる。

二次元的な大きさは「面積」と呼ばれ、主な単位は「平方メートル」が用いられる。
二次元以上においては、位置を表すために「座標」と呼ばれる数値の組み合わせが用いられる。
複素数も、実数虚数による二次元と見なして考える事ができる。

転用

特にネットにおいては、「」の世界である二次元の住人、つまり中の人ということから、「アニメマンガゲーム絵本などの架空の世界(のキャラクター)」を指す言葉として使われる。
理由は、架空は「映像)」という形で、目に見えるようにされる傾向があるからである(何かを妄想する時も、映像という形で頭に浮かぶ)。

また、挿絵の無い小説登場人物イメージを売りにしているアイドルも二次元に含まれる傾向にある。
風景から感じられる情緒も二次元に含まれる。
頭の中に映像が鮮明に浮かぶ現象、それを奮起させる媒体はすべて二次元である。

ただし、漫画の世界も上下と前後の2方向しか動けないという世界ではないので、必ずしもこの転用は数学的な「二次元」の意味とは違い、「平面」という意味よりも「架空」という意味合いが強い。
ネットスラングにおいては「」とも呼ばれる。

対して、現実あるいは実写の場合を三次元と呼んだり、微妙なものを2.5次元と呼ぶ事もある。

表記ゆれ

2次元

関連タグ

2DCG 2D  平面 曲面 球面 面積
平面化 プレス ぺったんこ  画面
 映像
 多角形 面分 図形
幾何学 ベクトル 座標 座標系 行列 複素数 数学

転用

二次元化 二次元女体化してやったー
次元の壁 俺の嫁 鏡の国 絵画封印
アニメ 漫画 ゲーム 紙芝居  創作 架空 空想 虚構 妄想

次元

零次元 一次元 二次元 三次元 四次元 多次元
2.5次元

関連リンク

関連記事

親記事

次元 じげん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「二次元」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5651895

コメント