ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

表面の事。
三次元空間上において、特定のから等距離にある点の集合のように定義される。
単に「球」と言った場合にはこれを指している事もあるため、内部も含めた場合は球体と呼んで区別される事もある。
球面自体はあくまで曲面であり、二次元的な大きさ(面積)を持つ存在である。
英語は一般的にスフィア(Sphere)とされ、対して球体はボール(Ball)とされる。

面積は「4π×(半径の2乗)」となっており、これは球の体積を半径で微分するという考え方でも求まる。
厚さが無限小の球殻と似ているが、厚さという概念自体を持たない感じ。
球のイラストにおいて見えてる部分は殆どの場合表面のみであるため、球のイラストは球面のイラストとも言えなくも無い。

楕円体の表面の場合は楕円面と呼ばれ、球面は楕円面の一種である。
二次元版は円周(単にと言うと円板を指す事もある)で、一般次元版は超球面と呼ばれる。
球面に沿った世界での幾何学は球面幾何学と呼ばれる。

関連タグ

 スフィア 曲面 
立体 図形 三次元 幾何学 数学

関連外部リンク

球面 - Wikipedia
球面とは - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「球面」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115

コメント