ピクシブ百科事典

紙芝居

かみしばい

絵を見せながら演じ手が語って進める芝居的パフォーマンスのこと。pixivでは漫画機能を使ってこれを再現した創作イラストが多くみられる。また、動きの少ないアニメを揶揄する言葉としても使用される。
目次[非表示]

概要

紙芝居は、昭和10年代から30年代前半にかけて、当時の子供たちに人気の娯楽だった。
鞍馬天狗のような時代劇から、黄金バット墓場鬼太郎(当初は奇太郎)のようなオカルトヒーローまで作品は様々。

紙芝居師は自転車に荷物を積んでそれぞれの担当地区を回り、拍子木を打ったり鐘を鳴らすなどして子供たちを集め、口上で盛り上げつつまず飴を売る。これが観賞チケット代わりで、その売り上げが紙芝居師の収入となる。小遣いを握り締めて集まった子供たちは、買ったばかりの飴をなめつつ、ドキドキハラハラの物語を堪能した。

演者(紙芝居師)は一人でナレーションからすべての登場人物まで演じ分け、声の調子や小道具を使って物語の雰囲気を盛り上げる。物語の最後には次回への引きが用意されており、子供たちの興味を引っ張る構成となっていた。

全国の紙芝居業界は地方ごとに組織化されていた。まとめ役は作家から紙芝居を買い上げて、配下の紙芝居師たちに差配し、紙芝居師たちは売り上げから規定の上納金を納めるというシステムだった。

紙芝居師には、初期にはトーキー映画の隆盛で職を失った活弁士も多く見られた。第二次世界大戦後には行き場を失った失業者が、日銭を稼げる仕事として選ぶ例も少なくなかったとされている。

白土三平水木しげるなど、そのキャリアを紙芝居作家としてスタートさせた漫画家も多かった。しかし昭和33年11月に、明仁皇太子殿下と正田美智子さん(当時)のご婚約と翌年のご結婚が発表されると、陰ながらお二人を祝福したい、パレードの中継が見たいという動機から、テレビが一気に日本中の家庭に普及。TV番組に人気を奪われた紙芝居業界は、急速な衰退期を迎えることになる。
やがて作家はやがて貸本漫画へ、次には漫画雑誌へと活躍の場を移していった。

その後

紙芝居そのものは児童向けの知育玩具として生き残った。童話やアニメのストーリーが描かれたものに、BGMや音声、絵を抜き取るタイミングを知らせるSEが納められたソノシート(塩ビ製でぺらぺらした極薄手のレコード)が付属していて、これが紙芝居師の代わりを果たすようになっていた。

現代でも紙芝居は幼稚園などで教材として使用され、読み聞かせが行われている。また、文化としての紙芝居を保存したいという動機から、個人レベルで紙芝居師として活動を行う人もいる。
「包丁人味平」などの作品で知られる漫画家のビッグ錠は、幼少時に体験した大阪空襲をテーマとした自作漫画「風のゴンタ」を紙芝居用に編集し、読み聞かせの活動を行っている。


紙芝居の作り方

1.最初に筋を練り、構成を考える。
2.横に抜く動きを計算して絵を配置する
3.絵に変化をつける
4.遠目でもわかるように輪郭を墨ではっきり
5.色鉛筆では弱いので、絵の具で彩色する
6.擬音や動きの線は書き込まず、語り手の演技や絵自体を動かす事で伝える
7.実際に演じて観客の反応を見て、必要なら構成や絵を練り直す


関連タグ

スライドスライドショーフリップ芸めくり芸)  絵物語

関連記事

親記事

演劇 えんげき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「紙芝居」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 575699

コメント