ピクシブ百科事典

ZETMAN

ぜっとまん

『ZETMAN』とは、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて連載の桂正和による日本のSF漫画作品、およびそれを原作とするアニメである。
目次[非表示]

概要

科学技術が非常に発達した現代(もしくは近未来)の日本が主な舞台。大企業「アマギコーポレーション」の極秘研究によって生み出された新たな生命体 「Z・E・T」と「プレイヤー」、そして同じくアマギの研究によって生み出された正義の味方「アルファス」に関わるストーリーが、ホームレス出身の「ジン」とアマギの社長御曹司「コウガ」を中心として描かれる。20年以上に渡る話を回想を交え断片的に描いていたが、第6章「葬刻」において描かれた、アマギタワーのテロ事件による事態の急変によって第1話冒頭のシーンにつながり、さらにそれから5年後の後日談で第一幕を終えた。

桂正和によるSF漫画『ZETMAN』は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)において2002年48号より連載され、2006年6月より約1年休載後、2007年26号より連載が再開。2014年34号で第一幕が完結した。単行本はヤングジャンプ・コミックスより第20巻までが発売されており、第20巻の巻末には第二幕『-ZET-暴きの光輪』というタイトルが記載されている。

TVアニメ『ZETMAN』は、2011年10月にテレビアニメ化が発表され、読売テレビ・TOKYO MX・BS11にて2012年4月より放送された。全13話。ストーリー展開は原作とは異なり、アニメオリジナルの結末が描かれた。

ストーリー

手の甲に円状のコブを持ち、強靭な肉体を持つ不思議な少年ジンはホームレスではあるものの大好きな「じィちゃん」と二人で平穏に暮らしをしていた。しかし突然、ジンとじィちゃんの前に異形の殺人鬼が現れ、ジンの生活は激変する事となる。
それより数年後、ジンは以前に助けた「おばさん」に引き取られ平穏に暮らしていた。放火現場近くを通りかかったジンは、かつて自分の前に現れた殺人鬼とよく似た異形の放火犯との戦いを始める。一方、正義の味方に憧れるアマギの御曹司コウガは、放火犯を捕まえるべく放火現場へと乗り込む。
放火現場においてコウガとジンが運命の出会いを果たす。

登場人物


主題歌

オープニングテーマ
「dots and lines」
作詞 - 一青窈、Mummy-D / 作曲 - 小林武史、Mummy-D / 編曲 - 小林武史 / 歌 - 一青窈 loves Mummy-D
エンディングテーマ
「とめる」
作詞 - 一青窈 / 作曲・編曲 - 小林武史、武部聡志 / 歌 - 一青窈

関連イラスト

TRICK OR TREAT!?



関連タグ

ヤングジャンプ 2012年春アニメ ZETMAN 桂正和 集英社
デザイン協力:鳥山明 竹谷隆之 韮沢靖

外部リンク

TVアニメ『ZETMAN』公式サイト
ZETMAN
『ZETMAN』TVアニメTwitter
+ ZETMAN +

pixivに投稿された作品 pixivで「ZETMAN」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 327075

コメント