ピクシブ百科事典

バイオブロリー

ばいおぶろりー

バイオブロリーとは、アニメ「ドラゴンボールZ」の劇場版アニメの登場人物・ブロリーのクローン。
目次[非表示]

概要

アニメ「ドラゴンボールZ」劇場版アニメ第14作「超戦士撃破!!勝つのはオレだ」に登場するキャラクター。
前作「危険なふたり!超戦士はねむれない」で地球に来襲し死亡したブロリーだが、戦いの舞台となったナタデ村の祈祷師が宇宙ポッドの中に残っていた血液を採取、それをミスター・サタンの幼馴染みで彼に恨みを持つジャガー・バッダ男爵に売り渡し、男爵率いる科学者達によるバイオテクノロジーによって生み出されたクローン体。

容姿

変異前

培養カプセルの中で育成中の状態。
全裸であること以外は既に死んだ本物のブロリーそのものと言った外見であり、サイヤ人特有の尻尾も存在する。
当然戦闘経験は無い筈なのだが伝説の超サイヤ人への変身能力を持っており、劇中ではカプセルを破壊しようとした悟天とトランクスの攻撃から自らを守るように変身、脱出するが……。

変異後

培養カプセルから出てきた後の状態。
バイオブロリー脱走と共にカプセルから排出中だった大量の培養液が流出。そして空気に触れたことで変質した培養液に身体を溶かされてしまい、見るも無残な姿に変貌を遂げた。
培養液の影響で耳や鼻といった顔の凹凸は溶け落ちて無くなり、角膜や心臓がほぼむき出しの全身緑色のむごたらしい姿で、面影が後頭部に残った超サイヤ人の金髪ぐらいしかない。

劇中では培養液に溶かされる描写もかなりはっきりと描写されており、よく見ると溶けた耳が剥がれ落ち、顔の輪郭が流れ落ちてきた組織に埋まって崩壊していく様子が確認できるという徹底ぶり。
見る人次第ではトラウマになりそうなシーンである。

体色と共に血の色も紫に変わってしまっており、皮肉なことだがまさにその姿は生前のブロリーが否定した化け物である。

戦闘力/能力

パワーはオリジナルのブロリーに劣らない設定のはずなのだが、劇中では前作で圧倒していた孫悟天トランクスに翻弄されるシーンが多く存在しオリジナルに比べても弱く見受けられる。これについては、一部のファンからは二人が以前より強くなった、あるいはバイオブロリーが「サイヤ人の特性である、瀕死からの回復によるパワーアップをする前の血液から生まれたためではないか?」と推察されている。
またクローンという科学的な存在になった為、新たに再生能力を身に着け、作中ではクリリン気円斬で首を切断されても即座に再生し、反撃してみせた。(尤も、前例があるだけに伝説の超サイヤ人状態ならそもそも気円斬が効かないだろうが)

他にもあらゆる生物を取り込む特殊な培養液を浴びても取り込まれるどころか逆に合体して巨大化し、強大にパワーアップしてしまう等、腐ってもブロリーであることが窺える。
ただし変質した培養液には海水を浴びると凝固しまう弱点があり、それを取り込んだ事でバイオブロリーにまで弱点が引き継がれ、悟天とトランクスとクリリンの3人によるかめかめ波で津波を浴びせられてしまう。
最期は、完全に固まって動けなくなった所を悟天とトランクスの気功波で粉砕、撃破された。

あくまでもクローンであるため、本物のブロリーとはまったく別の個体であり悟空と出会ったことが無いはずなのだが、遺伝子レベルで悟空への憎しみを受け継いでいるのか悟天達の前に海中から現れた際に「カカロット」と叫んでいた。

外部出演

ゲーム等では何故か長年参戦することなく「スパーキングメテオ」では彼のみ当時のZシリーズの劇場版ボスキャラクターの中で不参戦となった。
その後「ヒーローズ」で遂にゲーム初参戦。通常形態の他、培養液を取り込み巨大化した形態も巨大バイオブロリーとして登場している。必殺技はゲノム光線。

二次創作における扱い

ファンからはドロリー(ドロドロに溶けたブロリーの略)と呼ばれ親しまれている。
pixivなどのブロリーがらみの2次創作では、何故かペットのようにデフォルメされて可愛がられていることが多い。

また劇中に登場したバイオブロリーの前に存在したであろう、失敗作のクローンにも触れた作品もあり、大抵が所謂ガチブロ作品となっている。

関連イラスト

ドロリー


バイオブロコリ
焼き払ってしまえー!



関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ
ブロリー クローン ドロリー

関連記事

親記事

ブロリー ぶろりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バイオブロリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144688

コメント