ピクシブ百科事典

バイオブロリー

ばいおぶろりー

バイオブロリーとは、アニメ「ドラゴンボールZ」の劇場版アニメの登場人物・ブロリーのクローン。
目次[非表示]

概要

アニメ「ドラゴンボールZ」劇場版アニメ第14作「超戦士撃破!!勝つのはオレだ」に登場するキャラクター。
前作「危険なふたり!超戦士はねむれない」で死亡したブロリーが地球に残した血液から、バイオテクノロジーによって生み出されたクローン体。

培養カプセルの中にいた時は本物そっくりのまともな外見だったが、カプセルから出てくる際、付着していた培養液が空気に触れて変質、ドロドロの体になってしまう。
ドロドロのブロリー(略してドロリー)は、目が真っ赤で心臓がむき出しの全身緑色のむごたらしい姿で、面影が超サイヤ人の金髪ぐらいしかない。

パワーはオリジナルのブロリーに劣らない設定のはずなのだが、劇中では前作で圧倒していた孫悟天トランクスに翻弄されるシーンが多く存在しオリジナルに比べても弱く見受けられる。
またクローンという科学的な存在になった為、新たに再生能力を身に着け、作中ではクリリン気円斬で首を切断されても即座に再生し、反撃してみせた。

他にもあらゆる生物を取り込む特殊な培養液を浴びても取り込まれるどころか逆に合体して巨大化し、強大にパワーアップしてしまう等、腐ってもブロリーであることが窺える。
ただし培養液には海水を浴びると石化してしまう弱点があり、それを取り込んだ事でバイオブロリーにまで弱点が引き継がれ最後は海水に浸かり凝固した所を悟天とトランクスの気光波で粉砕された。

あくまでもクローンであるため、本物のブロリーとはまったく別の個体であり悟空と出会ったことが無いはずなのだが、今際の際に「カカロット」と叫んでいた。

ゲーム等では何故か長年参戦することなく「スパーキングメテオ」では彼のみ当時のZシリーズの劇場版ボスキャラクターの中で不参戦となった。
その後「ヒーローズ」で遂にゲーム初参戦。通常形態の他、培養液を取り込み巨大化した形態も巨大バイオブロリーとして登場している。必殺技はゲノム光線。

pixivなどのブロリーがらみの2次創作では、何故かペットのようにデフォルメされて可愛がられていることが多い。

関連イラスト

ドロリー
GLORY彗星


バイオブロコリ



関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ
ブロリー クローン ドロリー

pixivに投稿された作品 pixivで「バイオブロリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88842

コメント