ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
バイオブロリー
30
アニメ「ドラゴンボールZ」の劇場版アニメの登場人物・ブロリーのクローン。

概要

アニメ『ドラゴンボールZ』劇場版アニメ第14作『超戦士撃破!!勝つのはオレだ』に登場するキャラクター。

前作『危険なふたり!超戦士はねむれない』で地球に来襲し死亡したブロリーだが、戦いの舞台となったナタデ村の祈祷師が宇宙ポッドの中に残っていた血液を採取、それをミスター・サタンの幼馴染みで彼に恨みを持つジャガー・バッタ男爵に売り渡し、男爵率いる科学者達によるバイオテクノロジーによって生み出されたクローン体。


容姿

変異前

培養カプセルの中で育成中の状態。

全裸であること以外は既に死んだ本物のブロリーそのものと言った外見であり、サイヤ人特有の尻尾も存在する。当然戦闘経験は無い筈なのだが伝説の超サイヤ人への変身能力を持っており、劇中ではカプセルを破壊しようとした孫悟天トランクスの攻撃から自らを守るように変身、脱出するが……。


変異後

培養カプセルから出てきた後の状態。

バイオブロリー脱走と共にカプセルから排出中だった大量の培養液が流出。そして空気に触れたことで変質した培養液によって身体が溶けてしまった。


その姿は一応筋肉質ではあるがほぼ泥の様な深緑色の皮膚に覆われ、角膜や心臓が皮膚の隙間から見えてしまう状態(なぜか骨は一切見えない)。

顔は耳や鼻、瞼が無くなり真っ赤な眼球が常に剥き出しになっている他、なぜか口の中は青紫になっており、全体的に非常にグロテスクな見た目となっている。

もはや面影が後頭部に残った超サイヤ人の金髪ぐらいしかない。


一見ドロドロの流動体の様な見た目であるが流動しているのは最初だけで、以降は基本的に形を保っている。


体色と共に血の色も紫に変わってしまっており、皮肉なことだがまさにその姿は生前のブロリーが否定した化け物である。


戦闘面

戦闘力

伝説の超サイヤ人のクローンというだけあってパワーはオリジナルのブロリーに劣らない。


その一方で体が半壊しているからかスピードはオリジナルと比べてかなりのろまであるほか、防御面においても前作ではまるで通用していなかった悟天とトランクスの攻撃でダメージを受けているので、相当弱体化していると思われる。

そのせいもあってか、基本的にバイオブロリーは劣化クローンと言う扱いを受けている。


もっとも元のブロリーと比べて弱いだけであって、歩くときこそのっそりとしているが飛行中はかなり速度で移動し、防御も正面からの攻撃では基本的にびくともしない程に頑丈である。

また、体力と言う面ではほぼ無尽蔵と言いて差し支えないので、そもそもダメージが通ったところで大した痛手にはなっていない。


能力

培養液と融合した為本来のブロリーとは大きく異なり、首が180度回転する、目や口から光線を放つ、再生する等、ホラー作品のクリーチャーの様な能力を数多く有している。

特に再生は強力で、気円斬で首が切断されてもその直後には完全に切断面が完全に修復され、即座に反撃に転じれる程である。


他にも培養液に取り込まれて身体が崩れるも、対応して寧ろ培養液を取り込み巨大化するという驚異的で非常に厄介な能力を持つ。

しかし同時に培養液の海水に接触すると凝固する性質も受け継いでおり、これが致命的な弱点となった。


このように能力がふえている反面、前作で溶岩を防ぎ今作でも培養液を防ぐのに有効と思われるバリアの能力は、失われてしまっているのか使用しなかった。


その他

上記のように完全な化物で一見知性の欠片もないように見えるが、以外にもその戦闘スタイルは完全に脳筋というような一辺倒な戦い方ではないのも特徴。


全体的に見ればやはり無差別に暴れまわっているのだが、体制を崩してもそれを攻撃の動きに移行する、隙を見逃さず的確に攻撃する等、ただむやみに目前の相手に襲い掛かるだけではない高い戦闘センスを発揮している。


流石に前作までの弱者の故郷を破壊して嫌がらせをするような性格の悪さや、攻撃をするふりをしていきなり気弾の軌道を変えるような狡猾さは無いが、所々に人間の名残の様な物を感じさせる。


挑発を理解しているかのような反応を示す為、知性が完全に無くなっているわけではないのかもしれない。


劇中での活躍

ナタデ村の祈祷師によって採取された血液から作られたクローンとして登場。


培養カプセルの中で眠っているところを悟天とトランクスに発見されて目を覚ます。

カプセルごと悟天とトランクスがかめはめ波で消し飛ばそうとするが、その前に動き出し超サイヤ人へ変身しカプセルを破壊して出てきてしまう。


防護壁を破壊し、空気に触れ変質した培養液で体が崩れ完全に化物へ変化。

18号を圧倒、超サイヤ人となった悟天とトランクス、助けに来たクリリンと戦闘をしながら研究所内を滅茶苦茶に破壊する。


悟天とトランクスのコンビネーションに押されるも、悟天が研究員やサタン等逃げ遅れた人の救出に行った隙に形成を逆転させるが、トランクスの機転により大量の培養液を浴び、そのまま培養液の中に沈んでいった。

…が、なんと培養液を取り込んで巨大化、悟天を救出したトランクスの前に再び出現し襲い掛かる。

と思いきや、流石に身体を維持することができず、襲い掛かる前に崩れて落ちて行ってしまう。


その後悟天達は研究所から脱出。

ブロリーの細胞を取り込んだ培養液は異常なパワーを得たことで増殖し続ける事になってしまうが、悟天が培養液は海水に触れると凝固し石化することを発見。

かめはめ波で津波を起こして全ての培養液を食い止めることに成功し、一件落着。


…とはいかず、なんと海中から更に巨大化したバイオブロリーが登場。

しかし海水の弱点は克服しておらず全身が石化してしまい、悟天とトランクスの気功波で粉砕されて最期を迎えた。



登場シーンでは身体が崩れていく過程が短いながらもかなりこまかく描かれており、耳が剥がれ落ちたり、顔の輪郭が流れ落ちて来た組織に埋もれて崩壊する様子が確認できるという徹底ぶり。

更にその後のシーンでは隙間から見える心臓が脈動し、鼓動の音まで聞こえる他、大量の培養液を浴びた際は身体が殆ど崩壊しているというのに、執念深くトランクスへにじり寄ろうとする培養液の中で心臓と思われる何かが鼓動するように不気味に光る等、とにかく見る人によってはトラウマになるシーンが多数存在する。


外部出演

ゲーム等では何故か長年参戦することなく『スパーキングメテオ』では彼のみ当時のZシリーズの劇場版ボスキャラクターの中で不参戦となった。

その後『ヒーローズ』で遂にゲーム初参戦。通常形態の他、培養液を取り込み巨大化した形態も巨大バイオブロリーとして登場している。必殺技はゲノム光線。


2017年には『ドッカンバトル』にも参戦。物語イベント「超戦士撃破!!勝つのはオレだ」で仲間にできるイベント限定キャラクターとして登場した。同イベントで入手可能な覚醒メダルにより、SSRから限界突破URまでのドッカン覚醒が可能。

敵の数に応じてATKやDEFが上下する変則的な効果のパッシブスキルを持ち、敵が1体の時はDEFが上昇してATKが低下し、2体以上いる時は逆にATKが上昇してDEFが低下する。

当初は敵が1体の時なら壁役としてまあまあ使えたが、どんな状況でもステータスの減少が発生するという点が大きく響き、インフレが進んだ現在ではかなり厳しい立ち位置にいる。

また、巨大化した形態も敵専用キャラクターとして登場している。


二次創作における扱い

ファンからはドロリー(ドロドロに溶けたブロリーの略)と呼ばれ親しまれている。

pixivなどのブロリーがらみの2次創作では、何故かペットのようにデフォルメされて可愛がられていることが多い。


また劇中に登場したバイオブロリーの前に存在したであろう、失敗作のクローンにも触れた作品もあり、大抵が所謂ガチブロ作品となっている。

体が培養液に溶かされる前の本来の状態で描かれる。


余談

あくまでもクローンであるため、本物のブロリーとはまったく別の個体であり悟空と出会ったことが無いはずなのだが、遺伝子レベルで悟空への憎しみを受け継いでいるのかラストに悟天達の前に海中から現れた際に「カカロットォォ!」と叫んでいた。


作品の内容やバイオブロリーの容姿などから賛否が分かれるキャラクターであり、黒歴史という扱いを受ける事も多い。

しかし一部この独特なキャラクター性に惹かれるドロリストなる人も居る。


関連イラスト


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ

ブロリー クローン ドロリー


巨神兵:その風貌から、劇場アニメ版での印象的な姿を連想させる人も少なくないだろう。

また、巨神兵はゲノム戦士ではないものの人造兵器であったりと、案外共通点が多い。


ニセウルトラマンベリアル:こちらもバイオブロリー同様に、本人の死亡後にその一部から遺伝子工学などを用いて誕生したクローン体。

知性や人格は本人ほど高くないのも共通しているが、戦闘時のセンスや短時間でのラーニングなど、決して低い知性ではない模様(後のシリーズに出た別世界のブロリーも短い戦闘時間の間に学習しており、その事をCMや本編でベジータも言及している)。

更にクローン元となったオリジナルの宿敵に対しての恨みや憎しみも引き継がれているのか、初対面のはずなのに反応しているのも共通。


Gブサイク大総統:ブサイク大総統がハグキの胃液で溶かされた結果生まれた、ワンパンマンに登場する怪人。

バイオブロリー同様非常にタフで、切断されても即座に癒着する他、溶かした対象を吸収して強化される点も共通している。

更には同じジャンプ作品登場キャラでもあるため共通点は多い。

概要

アニメ『ドラゴンボールZ』劇場版アニメ第14作『超戦士撃破!!勝つのはオレだ』に登場するキャラクター。

前作『危険なふたり!超戦士はねむれない』で地球に来襲し死亡したブロリーだが、戦いの舞台となったナタデ村の祈祷師が宇宙ポッドの中に残っていた血液を採取、それをミスター・サタンの幼馴染みで彼に恨みを持つジャガー・バッタ男爵に売り渡し、男爵率いる科学者達によるバイオテクノロジーによって生み出されたクローン体。


容姿

変異前

培養カプセルの中で育成中の状態。

全裸であること以外は既に死んだ本物のブロリーそのものと言った外見であり、サイヤ人特有の尻尾も存在する。当然戦闘経験は無い筈なのだが伝説の超サイヤ人への変身能力を持っており、劇中ではカプセルを破壊しようとした孫悟天トランクスの攻撃から自らを守るように変身、脱出するが……。


変異後

培養カプセルから出てきた後の状態。

バイオブロリー脱走と共にカプセルから排出中だった大量の培養液が流出。そして空気に触れたことで変質した培養液によって身体が溶けてしまった。


その姿は一応筋肉質ではあるがほぼ泥の様な深緑色の皮膚に覆われ、角膜や心臓が皮膚の隙間から見えてしまう状態(なぜか骨は一切見えない)。

顔は耳や鼻、瞼が無くなり真っ赤な眼球が常に剥き出しになっている他、なぜか口の中は青紫になっており、全体的に非常にグロテスクな見た目となっている。

もはや面影が後頭部に残った超サイヤ人の金髪ぐらいしかない。


一見ドロドロの流動体の様な見た目であるが流動しているのは最初だけで、以降は基本的に形を保っている。


体色と共に血の色も紫に変わってしまっており、皮肉なことだがまさにその姿は生前のブロリーが否定した化け物である。


戦闘面

戦闘力

伝説の超サイヤ人のクローンというだけあってパワーはオリジナルのブロリーに劣らない。


その一方で体が半壊しているからかスピードはオリジナルと比べてかなりのろまであるほか、防御面においても前作ではまるで通用していなかった悟天とトランクスの攻撃でダメージを受けているので、相当弱体化していると思われる。

そのせいもあってか、基本的にバイオブロリーは劣化クローンと言う扱いを受けている。


もっとも元のブロリーと比べて弱いだけであって、歩くときこそのっそりとしているが飛行中はかなり速度で移動し、防御も正面からの攻撃では基本的にびくともしない程に頑丈である。

また、体力と言う面ではほぼ無尽蔵と言いて差し支えないので、そもそもダメージが通ったところで大した痛手にはなっていない。


能力

培養液と融合した為本来のブロリーとは大きく異なり、首が180度回転する、目や口から光線を放つ、再生する等、ホラー作品のクリーチャーの様な能力を数多く有している。

特に再生は強力で、気円斬で首が切断されてもその直後には完全に切断面が完全に修復され、即座に反撃に転じれる程である。


他にも培養液に取り込まれて身体が崩れるも、対応して寧ろ培養液を取り込み巨大化するという驚異的で非常に厄介な能力を持つ。

しかし同時に培養液の海水に接触すると凝固する性質も受け継いでおり、これが致命的な弱点となった。


このように能力がふえている反面、前作で溶岩を防ぎ今作でも培養液を防ぐのに有効と思われるバリアの能力は、失われてしまっているのか使用しなかった。


その他

上記のように完全な化物で一見知性の欠片もないように見えるが、以外にもその戦闘スタイルは完全に脳筋というような一辺倒な戦い方ではないのも特徴。


全体的に見ればやはり無差別に暴れまわっているのだが、体制を崩してもそれを攻撃の動きに移行する、隙を見逃さず的確に攻撃する等、ただむやみに目前の相手に襲い掛かるだけではない高い戦闘センスを発揮している。


流石に前作までの弱者の故郷を破壊して嫌がらせをするような性格の悪さや、攻撃をするふりをしていきなり気弾の軌道を変えるような狡猾さは無いが、所々に人間の名残の様な物を感じさせる。


挑発を理解しているかのような反応を示す為、知性が完全に無くなっているわけではないのかもしれない。


劇中での活躍

ナタデ村の祈祷師によって採取された血液から作られたクローンとして登場。


培養カプセルの中で眠っているところを悟天とトランクスに発見されて目を覚ます。

カプセルごと悟天とトランクスがかめはめ波で消し飛ばそうとするが、その前に動き出し超サイヤ人へ変身しカプセルを破壊して出てきてしまう。


防護壁を破壊し、空気に触れ変質した培養液で体が崩れ完全に化物へ変化。

18号を圧倒、超サイヤ人となった悟天とトランクス、助けに来たクリリンと戦闘をしながら研究所内を滅茶苦茶に破壊する。


悟天とトランクスのコンビネーションに押されるも、悟天が研究員やサタン等逃げ遅れた人の救出に行った隙に形成を逆転させるが、トランクスの機転により大量の培養液を浴び、そのまま培養液の中に沈んでいった。

…が、なんと培養液を取り込んで巨大化、悟天を救出したトランクスの前に再び出現し襲い掛かる。

と思いきや、流石に身体を維持することができず、襲い掛かる前に崩れて落ちて行ってしまう。


その後悟天達は研究所から脱出。

ブロリーの細胞を取り込んだ培養液は異常なパワーを得たことで増殖し続ける事になってしまうが、悟天が培養液は海水に触れると凝固し石化することを発見。

かめはめ波で津波を起こして全ての培養液を食い止めることに成功し、一件落着。


…とはいかず、なんと海中から更に巨大化したバイオブロリーが登場。

しかし海水の弱点は克服しておらず全身が石化してしまい、悟天とトランクスの気功波で粉砕されて最期を迎えた。



登場シーンでは身体が崩れていく過程が短いながらもかなりこまかく描かれており、耳が剥がれ落ちたり、顔の輪郭が流れ落ちて来た組織に埋もれて崩壊する様子が確認できるという徹底ぶり。

更にその後のシーンでは隙間から見える心臓が脈動し、鼓動の音まで聞こえる他、大量の培養液を浴びた際は身体が殆ど崩壊しているというのに、執念深くトランクスへにじり寄ろうとする培養液の中で心臓と思われる何かが鼓動するように不気味に光る等、とにかく見る人によってはトラウマになるシーンが多数存在する。


外部出演

ゲーム等では何故か長年参戦することなく『スパーキングメテオ』では彼のみ当時のZシリーズの劇場版ボスキャラクターの中で不参戦となった。

その後『ヒーローズ』で遂にゲーム初参戦。通常形態の他、培養液を取り込み巨大化した形態も巨大バイオブロリーとして登場している。必殺技はゲノム光線。


2017年には『ドッカンバトル』にも参戦。物語イベント「超戦士撃破!!勝つのはオレだ」で仲間にできるイベント限定キャラクターとして登場した。同イベントで入手可能な覚醒メダルにより、SSRから限界突破URまでのドッカン覚醒が可能。

敵の数に応じてATKやDEFが上下する変則的な効果のパッシブスキルを持ち、敵が1体の時はDEFが上昇してATKが低下し、2体以上いる時は逆にATKが上昇してDEFが低下する。

当初は敵が1体の時なら壁役としてまあまあ使えたが、どんな状況でもステータスの減少が発生するという点が大きく響き、インフレが進んだ現在ではかなり厳しい立ち位置にいる。

また、巨大化した形態も敵専用キャラクターとして登場している。


二次創作における扱い

ファンからはドロリー(ドロドロに溶けたブロリーの略)と呼ばれ親しまれている。

pixivなどのブロリーがらみの2次創作では、何故かペットのようにデフォルメされて可愛がられていることが多い。


また劇中に登場したバイオブロリーの前に存在したであろう、失敗作のクローンにも触れた作品もあり、大抵が所謂ガチブロ作品となっている。

体が培養液に溶かされる前の本来の状態で描かれる。


余談

あくまでもクローンであるため、本物のブロリーとはまったく別の個体であり悟空と出会ったことが無いはずなのだが、遺伝子レベルで悟空への憎しみを受け継いでいるのかラストに悟天達の前に海中から現れた際に「カカロットォォ!」と叫んでいた。


作品の内容やバイオブロリーの容姿などから賛否が分かれるキャラクターであり、黒歴史という扱いを受ける事も多い。

しかし一部この独特なキャラクター性に惹かれるドロリストなる人も居る。


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ

ブロリー クローン ドロリー


巨神兵:その風貌から、劇場アニメ版での印象的な姿を連想させる人も少なくないだろう。

また、巨神兵はゲノム戦士ではないものの人造兵器であったりと、案外共通点が多い。


ニセウルトラマンベリアル:こちらもバイオブロリー同様に、本人の死亡後にその一部から遺伝子工学などを用いて誕生したクローン体。

知性や人格は本人ほど高くないのも共通しているが、戦闘時のセンスや短時間でのラーニングなど、決して低い知性ではない模様(後のシリーズに出た別世界のブロリーも短い戦闘時間の間に学習しており、その事をCMや本編でベジータも言及している)。

更にクローン元となったオリジナルの宿敵に対しての恨みや憎しみも引き継がれているのか、初対面のはずなのに反応しているのも共通。


Gブサイク大総統:ブサイク大総統がハグキの胃液で溶かされた結果生まれた、ワンパンマンに登場する怪人。

バイオブロリー同様非常にタフで、切断されても即座に癒着する他、溶かした対象を吸収して強化される点も共通している。

更には同じジャンプ作品登場キャラでもあるため共通点は多い。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • カレコレ夜叉姫+DB超ディメンション

    ハチャメチャデスゲーム!?

    この小説はとわとせつなともろはがカレコレ屋に入ったらの話です カゲチヨとヒサメが付き合っています とわが理玖と付き合っています ストーリー編のネタバレ禁止
  • 女2(台詞のみ)

    当初の投稿予定を大きく脱線しまして「女」シリーズ第2弾ブロリーさんです。ちなみに第1弾「女」はクウラ機甲戦隊の皆さまでした。http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=37522510 ブロリーさんにとって自分以外の生命体(人間とは限らない)は、男女問わず憎悪の対象であると考えております。(公式により変更する場合があります) 当アナザーストーリーではバイオブロリーさん(クローン)という弟分を得ますが、悲しみや憎しみが癒されるわけではなくむしろ確信となってさらに彼の信念を固くしてしまいました。 本文は僭越ながらブロリーさん好きの方々のお声をブロリーさんご自身が偶然聞きつけたものとしまして、どんな反応をされるかイメージしたものです。(混乱してその場にいたくなくなりいったん誰にも危害を加えず帰っております) 過去の数多のトラウマから人を信じられなくなっているのですが、恐らく生まれてまず言われたことのないだろう「好き」という言葉、そして恐怖でも憎悪でもない対象として取り上げられている、ということに少なからず違和感を抱いており、懸命にご自分の中で気持ちを整理しようとされます。 話の流れでバイオブロリーさんにも振っていますが、バイオブロリーさんは当アナザーストーリーでは本来の姿や弟という設定上ほぼオリジナル要素をもって描いておりますので、対人関係はブロリー編本編にて描くときまで保留とさせてください。 では例えばこんなブロリーさんはいかがでしょうか。ちなみに時系列は「悪魔じゃない 前編【流血】」https://www.pixiv.net/artworks/39208379と同時期となっております。(漫画形式でも描きたいとは思っているのですが、なんとなく構想のみ先に投稿させていただきました) <この度はお越しいただき本当にありがとうございました。漫画形式ですが、ブロリー編本編がこの時系列まで追いつき次第描いてみようと思います。 こうして彼らをこのように描いている私自身が彼らを言いなりにさせているのだということ、常に胸に刻みつけていかなければならないと思う次第です。 <ブックマークありがとうございました! <評価もありがとうございました!近々漫画形式にすべく構想中です。 <7年越しにてやっと漫画形式が仕上がりました!https://www.pixiv.net/artworks/82462782 また時系列をずっと間違えていました; 大変失礼いたしました;
  • 果てしなき最強への惜別と邂逅

    この世へ【一部グロ】(台詞のみ)(だいたい未完)

    まず始めに、当小説では一部でグロを思わせる言い回しがありますご覧の際には何とぞお気をつけください。 以前ひとこと欄で昇華しようかなとコメントしていた設定台詞集第4弾です。ドラゴンボール超が始まる前の設定のためだいぶ矛盾を含みますが、当時はこのように考えていましたということでそのまま投稿してみます。 こちらではゲーム「ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画(ドクターライチー編)」を取り入れている他、バーダックさんに関しては「たったひとりの最終決戦」「エピソードオブバーダック(チルド編)」を参照しています(だがしかしギネさんは登場させます)。 <閲覧、評価、ブックマークをありがとうございます! 投稿してから加筆、修正したい箇所が見つかりいくつかしています。すみませんご了承お願いします;
    13,184文字pixiv小説作品
  • 夢小説ネタ

    【ドラゴンボール】夢小説ネタ2本【後日談?】

    主人公は科学者。 人造人間が暴れる未来の話と『超戦士撃破!!勝つのはオレだ』の後の話。2つは違う世界線の話です。 テーマは後日談。ちょっとだけTRPGの『永い後日談のネクロニカ』とドラマの『ロス:タイム:ライフ』のネタがあります。
  • 果てしなき最強への惜別と邂逅

    カカロットーーッ!!【流血・微グロ】

    まず始めに、当小説では流血・グロ描写があります。本編と同程度と見なしR-18指定をしていないためご覧の際には何とぞお気をつけください。 次回はブロリー編とお伝えしてから実に3年、ブロリーさん初登場から換算すれば実に10年近く経っていますね……。もし待っていてくださった方いましたら本当に本当に申し訳ございませんでした。昇華分の整理がつき今回1投稿分だけで恐縮なのですが、アナザーストーリーブロリー編、やっと始まります。
  • 悪魔じゃない 後編(台詞のみ)

    以前の作品「悪魔じゃない 前編【流血】」http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=39208379の続きです。漫画形式で仕上げるには気合いが足りない!しかしいつまでも完結していないのは落ち着かない!(私が)ということで最終的には漫画形式で仕上げたいのですが、取り急ぎ小説形式(しかも台詞のみ)でまことに恐縮なのですが投稿させていただきます……。 前回に引き続き「饒舌」というかたちで自分のペースを取り戻そうとするバイオブロリーさんの混乱振りが表れます。 効果音だけで何をしているのかさっぱりわからない場面も多いと思うのですが、なんとなくのイメージでご覧いただけたら幸いです……。では今回も流れすら伝わるか不安ですが、例えばこんなブロリーさん方はいかがでしょうか。 <この度はお越しいただきありがとうございました。あとがきとして3ページ目に悟空さとブロリーさんに関しての文字だけ考察を追記してみました。(公式により変更する場合があります) かなり長いのでご覧の際にはお気をつけください。 前作より、パラガスさんが息子のために頭を下げるほど変わってきたのにもいくつかの段階がありまして、大まかには 地獄にてもう一人の息子(バイオブロリーさん)も含めての長きにわたる衝突、 息子(ブロリーさん)ともう一人の息子(バイオブロリーさん)との奇跡的な歩み寄り、 息子たちの永久投獄、 二人ともGTを経て今日にいたるまで生まれ変わる道を選ばなかった、 そして現世帰還後、フリーザさまの宇宙船にて何度かにわたるコルド大王さま、ドクター・ゲロとの困った息子たち談義です。 ここまで漫画形式で仕上げるにはいつになるやらという話なのですが、気長にお待ちいただけたら幸いです。この度はお越しいただき本当にありがとうございました。 <評価ありがとうございました! <ブックマークありがとうございました!
  • カレコレ夜叉姫+DB超ディメンション

    デスゲーム会場での戦い…ハチャメチャな大激戦

    この小説はとわとせつなともろはがカレコレ屋に入ったらの話です。 カゲチヨとヒサメが付き合っています とわと理玖が付き合っています ストーリー編のネタバレ禁止!!

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    【表紙】雪広うたこ 【漫画】朝賀 庵/ASH/ウエハラ蜂/蝦夷森わに/小道明奈/samesuke/シータコマーチ/嶋次郎/世禕/タロ名/ととふみ/外岡もったす/ながべ/はかた/花森玉子/榛名ハル /ホームラン・拳/梁阿渣

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    まつお

    読む

pixivision

カテゴリー