ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. 漫画「ドラゴンボール」に登場する超サイヤ人。
  2. および漫画「ドラゴンボール」の第318話のサブタイトル。
  3. ブロリーが変身する破壊と殺戮を好む超サイヤ人。この記事で解説。
  4. 超サイヤ人4ドラゴンボールGTにおいて伝説の超サイヤ人とも呼称された。
  5. 超サイヤ人ゴッドSS。劇場版「復活のF」においてベジータが伝説の超サイヤ人と呼称する。
  6. ヤモシ。2017年に原作者・鳥谷明によって明かされた原初の超サイヤ人。

概要

古来よりサイヤ人達の間で言い伝えられている「千年に一人現れる破壊と殺戮を好む最強の戦士」という超サイヤ人伝説と一致する最恐のサイヤ人戦士。

悟空たちが変身する通常の超サイヤ人とは異なる進化を遂げた超サイヤ人。


外見は、変身前の肉体とは関係なくはち切れんばかりの筋肉と巨体を持つようになり、目は白目になる。その外見は第3形態の超サイヤ人と似たような状態に見えるが、外見に見合ったタフネスを持ちながらスピードの低下や急激なエネルギー消費などの負担も一切ない最強の存在になっている。また性格も豹変し、それまでおとなしかった者もこの形態に変身すると暴走し破壊と殺戮を楽しむ悪魔のような姿に豹変する。

ブロリーはこの形態に変身すると「気が高まる...!溢れる...!」という言葉を発していたため、消耗するどころか逆に気が高まり続けるのではないかと推測されている。過去にブロリーが最強の敵と言われたのはこの説が大きな要因で、戦闘中に無尽蔵に戦闘力が上がり続け、最終的に追いすがるものさえ居なくなってしまうのではないか、と言われていた。


デザインには原作者の鳥山明も関わっているが、設定などはほとんどアニメスタッフによるもの。その為、原作には登場しないアニメ限定の変身となるが、非常に高い人気を誇り、多数のゲーム作品に出演、近年には鳥山明が脚本・監修を務めるTVアニメ「ドラゴンボール超」やその劇場版「ブロリー(BROLY)」にも登場している。(詳細は超サイヤ人フルパワー


通常の超サイヤ人の違い

本来超サイヤ人とは、「千年に一人現れる、純粋に破壊と殺戮を好む最強の戦士」という伝説と共に語り継がれた存在であったが、以前に超サイヤ人が現れたとされる時代のちょうど千年後に、ナメック星でのフリーザとの闘いで悟空が超サイヤ人に覚醒し、伝説は本物となった。


しかし悟空が変身した超サイヤ人は、才能あるサイヤ人が一定の条件さえ満たせば誰でも変身できる形態であったため、その後の物語が進むに連れ、人造人間編ではベジータ、トランクス、悟飯が、更に魔人ブウ編では悟天、幼年トランクスが、更にアニメオリジナルではバーダックが変身出来るようになったりと、「千年に一人の存在」からは大分かけ離れてしまっている。これに対してベジータは、「まるで超サイヤ人のバーゲンセール」と評していた。


そんな悟空達が変身する形態に対しブロリーが変身する形態は、「サイヤ人の伝説通り、千年に一人現れる純粋に破壊と殺戮を好む戦士が他にいたら?」というコンセプトの元に生み出された形態であるため、悟空達が変身するものとは全くの別物である。主な特徴としては、全身の筋肉が異様に大きくなり、目は白目に、髪は黄緑色であったり、外見の変化も悟空達が変身するものに比べ大きいものとなっている。


なお、髪の色が黄緑色で統一されるようになったのは初出となる劇場版以後、他の媒体で出演するようになってからだったりする。初出の熱戦・烈戦・超激戦では基本的に黄緑色だが最後の悟空との一騎打ちの場面でのみ金髪になっており、以降の2作品では常に金髪となっている。


近年の扱い

近年「ドラゴンボールヒーローズ」など一部ゲームではこの形態からさらに超サイヤ人3超サイヤ人4に変身するというオリジナルの変身が作られており、ファンの間では伝説の超サイヤ人3伝説の超サイヤ人4などの名称で呼ばれている。特にヒーローズシリーズではその傾向が強く他にもバビディによって洗脳された破壊王ブロリー暗黒魔界の力でパワーアップしたブロリーダークなど様々な形態が作られている。


またUSJの期間限定アトラクション『ドラゴンボールZ・ザ・リアル4-D at超天下一武道会』では伝説の超サイヤ人から更に独自進化を遂げたブロリーゴッドが登場。その戦闘力は超サイヤ人と超サイヤ人ゴッドの力によって生まれた超サイヤ人ブルーの悟空やベジータを遥かに上回る。


ドラゴンボール超では宇宙サバイバル編に登場した第6宇宙の女サイヤ人・ケールが変身。普段は細身で華奢な彼女だが、変身するとブロリー同様の筋骨隆々とした肉体へと姿を変える。ちなみに『超』の時空は原作の続きであり劇場版の時空はパラレルワールド扱いとなっているため、悟空達はブロリーを知らず、この変身を初めて見たかの様な反応をしている。


アニメ版での戦闘力は超サイヤ人2の悟空を圧倒するレベルで、耐久力は超サイヤ人ブルーのかめはめ波の中を突き進める程の耐久力を持つ。また同時に凶暴性だけを抑えたコントロール状態も披露している。こちらはクリリンによると以前(暴走時)より気が膨れ上がっているとされているが、超サイヤ人ゴッドの悟空の攻撃に苦戦していた。


漫画版ではキャベがこの変身について、「“伝説のサイヤ人”と通称される1000年に一度現れる悪魔のサイヤ人で、覚醒したら最後増幅する自らの力に呑み込まれて自滅するまで暴れまわる」とその詳細を語った。その力で大会最多の撃破数を記録しゴールデンフリーザアニラーザすら圧倒したが、ただ力の限り暴れまわるだけな為、この姿を見たベジータは“パワーだけに偏った変身の究極系”と評し、その動きの単純さを指摘した。アニメ版の様なコントロールした姿は見せなかったが、カリフラポタラで合体しケフラとなる事で生き延びた。


一方で近年、原作者である鳥山明の口から様々なサイヤ人のルーツが明かされ、その中で「ヤモシ」というサイヤ人が始めて超サイヤ人に覚醒した人物であり、その人物こそが「伝説の超サイヤ人」の言い伝えの起源であると明かされた。

同時にその中で鳥山明は「作中でフリーザが恐れていた「伝説の超サイヤ人」って超サイヤ人ゴッドの事?」という質問に対しある意味、同一人物であると語っている。


そのヤモシという人物はサイヤ人の中では珍しい穏やかな正義の心を持っていたとされ、わずかな仲間と共にサイヤ人の悪政を変えようと革命を起こしたのだという。その過程で超サイヤ人に覚醒するが、多勢に無勢の中で結局敗北してしまう。だが死後もその魂は現世をさまよい、さらなる救世主である超サイヤ人ゴッドを求め、それが破壊神ビルスの脳のアンテナに反応し超サイヤ人ゴッドの予知夢を見させ神と神での騒動に繋がったと語られた。


超シリーズとしては初となる劇場版「ブロリー(BROLY)」では、原作から続く超の時空に登場するにあたって新たに設定をアレンジ・リブートされた超の世界におけるブロリーが登場する。

本作ではゴジータとの戦いにおいてこの変身するが名称は「伝説の超サイヤ人」ではなく「超サイヤ人フルパワー」とされている。


変身可能な人物


関連イラスト

ダブルブロリー無題

宇宙サバイバル編伝説の超サイヤ人ブロリー2018

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボール超

サイヤ人 超サイヤ人 ブロリー ケール ブロリー(ドラゴンボール超) 超サイヤ人フルパワー

伝説の超サイヤ人3 伝説の超サイヤ人4

ブロリーゴッド ブロリーダーク

関連記事

親記事

超サイヤ人 すーぱーさいやじん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 745324

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました