ピクシブ百科事典

超サイヤ人ブルー界王拳

すーぱーさいやじんぶるーかいおうけん

『ドラゴンボール超』に登場する技・変身形態。
目次[非表示]

概要

TVアニメ『ドラゴンボール超』に登場する孫悟空の技・変身形態。
破壊神シャンパ編の第39話で初登場。

超サイヤ人ブルーの姿に界王拳を上乗せした姿。
中心は超サイヤ人ブルーの青い気をまとい、周りには界王拳の赤い気が沸き立つガスバーナーの炎の様なオーラを纏っている。

強さと穏やかな心を併せ持ち、気のコントロールを極めた超サイヤ人ブルーだからこそ使える形態であり通常の超サイヤ人では肉体への負担がかかりすぎて使用はできない
気の調合を間違えると気が暴走して最悪の場合死亡するという非常にシビアな技。

また成功した場合でも時には少し時間をおいて遅発性乱気症という気の病気を発症し気のコントロールが不安定になってしまうというリスクを持つ。
現時点での最大倍率は20倍が限度。

ゲームでもこのリスクが再現されており「ゼノバース2」では体力が徐々にダウン、「ヒーローズ」では気力回復量が常に超ダウンするなどが設定されている。
また「ヒーローズ」では「10倍ゴッドかめはめ波」という必殺技を使用する。

表記としては他に「超サイヤ人ゴッド超サイヤ人界王拳」や「超サイヤ人ゴッドSS界王拳」などがあるが本編では「超サイヤ人ブルーの界王拳」などの呼び名で呼ばれている。

漫画版では登場しない。だが、ジレン戦にて酷似したパワーアップを披露。一時的にパワーが上昇する点、体に大きな負荷がかかる点は共通。つまり効果としては全く同じなのだが仲間達は「界王拳と同じ原理」としか認識していない。なのでオーラなど見た目の変化はない?
体からオーラが現れない完成ブルーからの変身だが発動中はオーラが現れている(オーラの見た目はブルーとは別)。

使用場面

ヒット

本形態を初使用した場面。
目にも留まらぬ超スピードと時を止める特殊能力「時飛ばし」を持つ超強敵ヒットに対して、彼の行動を先読みして攻撃するなどの戦法を駆使し戦う悟空だったが、ヒットが戦いの中で純粋に成長したことで追いつけなくなってしまう。
そこで悟空はヒットの強さを讃え、きたるべきビルスとの再戦に備えて調整を重ねていた本形態に変身。
ヒットですら目で追いきれないスピードを見せつけた上で10倍界王拳を発動させ、一時的にせよ時の止まった空間内を動いてヒットを叩きのめすと言う承太郎も真っ青な活躍をする。
さらなる成長を遂げたヒットとも互角の戦いを繰り広げてみせるも、殺し屋たるヒットが「殺してはいけない」というルールにより真の本気を出せていないことが発覚。不殺のルールの撤廃を求めた悟空の一言が原因でビルスとシャンパが口喧嘩を始めて試合は中断、そうこうしているうちに悟空の身体が限界を迎えてしまい「今度は一対一で勝負しようぜ」と言い残して武舞台から飛び降りて場外負けを喫した。

合体ザマス

合体ザマスの「聖なる逆鱗」をゴッドかめはめ波で押し返し、両腕と引き換えにザマスに回復困難なダメージを与えた悟空が追撃をかける際に使用し、更なるダメージを与えることに成功した。
しかし今回は既に全身にダメージを受けている上に先述のかめはめ波により両腕が使い物にならなくなり、ザマスに片脚の骨を粉砕されているという満身創痍に等しい状態で使用したが故に自壊ダメージにより倒れてしまった。

ベルガモ

相手のパワーを吸収し自分の力に変える強敵ベルガモに対し使用。
既に超サイヤ人のパワーを吸収していたベルガモだったが、それをはるかに上回る超パワーを誇る超サイヤ人ブルー界王拳の敵ではなく、全力のかめはめ波により倒された。
ベルガモが物足りないと言っていた悟空であるが、ここまでの全力の攻撃を受けてよくベルガモは死ななかったものである。

トッポ

第11宇宙の英雄トッポの「ジャスティス裸締め」を受けて失神寸前にまで追い込まれた悟空だったが、超サイヤ人ブルーに変身して一転、猛攻を仕掛ける。
それによりダメージを受けた上に自分の誇りとも言うべき特注ユニフォームを傷付けられたことにトッポは怒り、本気を出す。
それに対して悟空も負けじと超サイヤ人ブルー界王拳に変身し、両者が激突する…かと思いきや、「このままではどちらかが死ぬ」と見た大神官が勝負を中断させたことにより決着はつかなかった。
ちなみにベルガモ戦で界王拳を使った後すぐに一切の回復なしで使用した界王拳であったが、反動はあまり見られなかった。

ジレン

超サイヤ人ブルーでさえ歯が立たなく、一方的に攻撃され、使用。
今までの超サイヤ人ブルー界王拳よりも高い倍率である超サイヤ人ブルー20倍界王拳まで引き上げたが、それでも互角どころか全く歯が立たなかった。
元気玉を使用した際にも20倍界王拳を使用したが、ジレンの前では何の意味も成さなかった。

ケフラ

超サイヤ人ブルーと互角の実力を持つケフラとの戦いで使用。
当初は互角以上に戦い追い詰めるも、一瞬の隙をつかれ首筋にダメージを喰らいダウンを奪われてしまう。
だが元気玉にも匹敵する彼女の気が悟空を再度身勝手の極意に覚醒するきっかけを与えた。

ゲームでの活躍

ドラゴンボールZドッカンバトル

月に1~2回開催される強力な限定キャラクター排出ガシャ『DOKKANフェス』限定SSR(速属性)として登場。
ただし名義が『超サイヤ人ゴッドSS孫悟空』となっており、界王拳は含まれず、通常の超サイヤ人ゴッドSS孫悟空と同名キャラクターとして扱われる。
今作は同名のキャラクター同士を修行すると必殺技のLvが確率で上昇し、威力UPが出来るため、他の超サイヤ人ゴッドSS孫悟空を使ってLvを上げられるのは大きな利点となっている。

パーティリーダーとすることで速属性のステータスを100%上昇させるという強力なリーダースキル、ターン制限付きながら攻撃力と防御力を大幅に上昇させるパッシブスキルを持ち、制限時間内であれば速属性内でもトップクラスのアタッカー&ディフェンダーである。
ただし必殺技の10倍界王拳ゴッドかめはめ波は、一発撃つ毎に自壊ダメージを負うデメリット付きで、人によっては扱いづらい部類に入る。
またリーダースキルによるステータス上昇がインフレを起こしている現在、エンドコンテンツ系統の『潜在能力解放』というシステムで限界まで育った上で、超高倍率のリーダースキルパーティ下においての比較では、フェス限定ではない別の超サイヤ人ゴッドSS孫悟空に攻撃力に関しては逆転されてしまう事に。

ただし、必殺技を撃つのに必要な「気力メーター」を上昇させるリンクスキル(隣り合ったキャラクターと同じスキルを持つと効果発動するスキル)はこの界王拳状態の方が格段に上なので、デッキ編成や手持ちのカードによってはまだまだ現役のトップアタッカーの1枚。


ドラゴンボールヒーローズ

ゴッドミッション9弾のURでカード登場。HP 2400 パワー 7900(チェンジ前) ガード 2000
最初は超サイヤ人ブルーの状態だが、ラウンド2以降アタッカーにするとチェンジし、この形態となる。
アビリティは「戦いの中での成長」で、ラウンド終了時、毎回チャージインパクトスピードが遅くなっていくというもの。
界王拳の状態になるとパワーと戦闘力が永続で2倍となるが、代わりにサポートエリアに置いた際の気力回復量が大幅にダウンしてしまう。
必殺技はゴッドかめはめ波から10倍ゴッドかめはめ波となる。


スーパードラゴンボールヒーローズ6弾にもURで登場。HP 3200 パワー 4800(チェンジ前) ガード 2000
最初はノーマルの状態でチェンジすると超サイヤ人ブルーになる。しかし、ドラゴンボール超1時間スペシャル(一部地域では109話・110話と別々に放送されたが)が放送された後に使うと超サイヤ人ブルー20倍界王拳の状態になり、こちらはパワー+15000に加えてヒーローエナジーが+2となる。
通常アビリティは「限界に挑むサイヤ人」。ヒーローエナジーが5個以上あると、自分が攻撃を受ける際、敵のダメージ倍増効果を無効にし、自分の攻撃時は敵のガードとダメージ軽減効果を無効にする。
必殺技は元気玉

ユニバースミッション3弾ではベジットが使用し、SECで登場。
必殺技は瞬間移動ファイナルかめはめ波。最初はバグの為かボイスが付けられていなかったが、現在は修正された。
プロモーションアニメでもカンバー相手に使用している。

関連イラスト

10倍界王拳xスーパーサイヤ人ブルー
超界王拳ブルー悟空



関連タグ

ドラゴンボール超

pixivに投稿された作品 pixivで「超サイヤ人ブルー界王拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2088

コメント