ピクシブ百科事典

カンバー

かんばー

ゲーム『スーパードラゴンボールヒーローズ』に登場する本作オリジナルキャラクター。通称「悪のサイヤ人」。
目次[非表示]

概要

CV:小山力也

ゲーム『スーパードラゴンボールヒーローズ』に登場する本作オリジナルキャラクター。ユニバースミッション2弾(UVM2弾)監獄惑星編で初登場。
暗黒魔界の若き科学者フューが作り出した監獄惑星に捕らわれていた謎のサイヤ人戦士。フューの手により解き放たれ驚異的な力で悟空達に襲い掛かる。
名前が判明するまで作中では「悪のサイヤ人」と通称されていた。

胴体は拘束具で覆われているため手は使用せず、代わりに気を手の形に加工し使用している。
全身が禍々しい邪悪な気で覆われ、今まで多くの悪人達と戦ってきたベジータから今まで感じた事が無い程に邪悪な気と評されるほど。その気はあまりにも邪悪なため、下手に彼の側に近づくとその気に影響され、近づいた者も凶悪化し暴走してしまう。

UVM3弾監獄惑星乱戦編にて本名がカンバーという名の赤い瞳をしたサイヤ人であることが判明。拘束具を破り捨て筋肉質な胴体を披露する。

名前の由来はキュウリの英語「キューカンバー」から。

戦闘の流れ

監獄惑星編はゲームの他にプロモーションアニメと最強ジャンプに連載されている漫画版の三つが展開されているがそれぞれの差異がわりと大きい(最大の違いは大猿カンバーとベジットブルー周り)。特筆しない限りは原作であるゲームの内容を記述する。
当初は拘束具をつけた「悪のサイヤ人」名義で登場。悟空達のドラゴンボールを奪うために現れた。悟空からは「ビルス様やジレンとも違う気」と評され二人が引き合いに出される程強い。それでもまだ油断があったのか悟空は戦闘中にカンバーの悪の気にさらされて暴走してしまう。その後暴走した悟空を従えるカンバーだがベジータやゴールデンクウラの前に敗北。一旦撤退する。

その後UVM3弾にて再び激突。悟空、ベジータの二人と戦闘中、二人の強さを認め拘束具を破壊し本気を出す。悟空とベジータ二人でも敵わないため二人はポタラで合体しベジットとなる。カンバーも超サイヤ人となり激突するが途中でフューが「決着はまだ早いよね」という理由でカンバーを別の場所に強制ワープさせたため戦いは中断となった(この戦いでベジットが後述の界王拳を使用した場面は確認できない(仲間NPCのベジットのアビリティにも界王拳はない)がカードには登場している)。

ゲームのUVM2~4弾までとアニメ、漫画版の違いはアニメではカンバーは撤退せずUVM1弾の最初の戦闘の後に拘束具を破壊して戦闘続行。ベジットとの戦いでは界王拳ブルーを使ったベジットをアニメではノーマル状態であしらい直後に大猿化、直後にベジットの合体が解ける形となった。その後大猿状態で暴れるもののフューに逆位相のブルーツ波を当てられ元の姿に戻されるのはゲームと共通。
漫画版では超サイヤ人となったカンバーとベジットが互角の戦いをしベジットが本気を出して界王拳を発動するとカンバーも大猿化で対抗。交戦の最中ベジットの合体が解けそのまま悟空達が敗れるという時にフューが助太刀に入る。フューの乱入は監獄惑星が崩れ始めたからというゲームやアニメと同じ理由。直後フューに尻尾を斬られて大猿化は解除。更にタイムパトロールの悟空ゼノとベジータゼノが助太刀に入る。
……といった風にアニメではベジットブルーの扱いが非常に悪くなっている。特にカンバーが超サイヤ人にもならないため更に顕著。これはあまりにも酷い、酷すぎる。どうしてこうなった……。
ちなみに20倍ブルー界王拳を使用した悟空は大猿カンバーにもなんとか対抗できた。どういうことなの・・・
漫画版ではベジットの時に界王拳を使った反動で悟空が疲弊していたため悟空の界王拳は登場しない。

UVM4弾でもやはり登場。悟空達はもうポタラがないため合体無しでの戦いだがこの時はクウラや魔人オゾット、トランクス達と共闘している。
戦いの最中にベジータの尻尾がないことに気付き、尻尾がないのはサイヤ人の誇りもないのと同じと唐突に指摘する。ベジータは尻尾など関係ないと言うがそれをねじ伏せるためかカンバーはパワーボールを作り自ら大猿(黄金大猿)となる。
大猿カンバーのパワーは凄まじく最早悟空達の手のつけようがない状況となったが監獄惑星を破壊しかねないためフューによって逆位相のブルーツ波を当てられ大猿化を解除させられてしまう。その後も戦闘は続きUVM5弾へ。

UVM5弾ではオゾットが戦いの間際にドラゴンボールを全て集めて一足先に離脱。悟空達とカンバーの戦いも大詰めで悟空達は追い詰められる。そこにタイムパトロールとなった別次元の悟空ゼノ&ベジータゼノが助っ人に登場。カンバーと激突するが二人の超サイヤ人4とも互角の戦いを繰り広げることに驚くベジータゼノ。だがカンバーは超サイヤ人3となり更なる力を解放する。ゼノ2二人も為す術がないと思われたが二人もポタラで合体、ベジット:ゼノ(超サイヤ人4)となりカンバーを遂に撃破するに至った(ちなみにベジットの超サイヤ人4はこれが初である)。










…………と思われたが実は倒されておらずしかもまだまだ余力を残していた。ベジットゼノの合体も既に解け、今度こそ万事休すと思われたがここでゼノでない方の悟空が身勝手の極意を発動する。身勝手の極意を発動した悟空とカンバーの戦いは悟空の圧勝。だが決着がつく前に監獄惑星が爆発してしまい消息不明となった。

形態

※登場順
ノーマル
UVM2で初登場した際は拘束具をつけた“悪のサイヤ人”名義だった。拘束具を脱いだ姿はUVM3弾で登場。拘束具をつけた状態では両手が使えないので戦闘の際は気で練り上げた両手を用いる。
ノーマルでも悟空とベジータを寄せ付けない戦闘力を持つ(さすがに拘束具をつけた状態では多少の苦戦はするようだが……)。
必殺技は拘束具をつけた状態では「デザストルクロー」。両手が使えないため気を手の形に練り上げてそれで切り裂くという今までにない斬新な技。
拘束具を脱いだ状態では「デザストルイレイザー」。両手と“気の手”四つで気を集めた強烈な気功波を放つ。「気の手は必要あるのか?」とか言わない

超サイヤ人
UVM3弾で初登場。ベジットブルーに対抗するために変身。以降は合体していない悟空とベジータ相手でも最初からこの姿で挑むことが多い。漫画版ではベジットに界王拳を使わせる程強い。アニメ版ではまさかの未登場である
必殺技は「サヴェージタイラント」。気の手で対象を掴み、強烈な気功波でとどめをさす。

黄金大猿
大猿カンバー。UVM4弾にて登場。ベジータにサイヤ人の誇りを思い知らせるためにパワーボールで人工満月を造り変身。監獄惑星を破壊しかねない戦闘力だったためすぐにフューにより変身を解除させられた。方法は逆位相のブルーツ波をあびせるという前代未聞の方法。漫画版のみ尻尾の切断である。
漫画版ではブルー界王拳状態のベジットと戦い、ベジットの合体が解けるまで撃ち合いを続けるという絶大な戦闘力を誇る。
必殺技は「デザストルコンプレス」。地面を叩き付けるというシンプルな技だが叩き付けられた地面からはマグマが噴き出す。復活の「F」のフリーザのことを考えると惑星が崩壊しそうだが……。

超サイヤ人3
UVM5弾で登場。タイムパトロールの二人の超サイヤ人4を完膚なきまでに叩き潰すために変身。超サイヤ人の時と見た目はあまり変わらない(こちらは眉毛がない)。
必殺技は「ハードデザストルイレイザー」。デザストルイレイザーの強化版。
この姿で超サイヤ人4のベジット:ゼノや身勝手の極意を発動した悟空とも戦った。


関連イラスト

悪のサイヤ人描いてみた
悪のサイヤ人カンバー🔥



関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボール超 スーパードラゴンボールヒーローズ
サイヤ人 暗黒魔界 フュー

pixivに投稿された作品 pixivで「カンバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5057

コメント