ピクシブ百科事典

魔人オゾット

まじんおぞっと

『ドラゴンボール』シリーズ「ドラゴンボールZ V.R.V.S」のゲームオリジナルキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:???
ドラゴンボール』シリーズのアーケードゲームのキャラクター。声優は不明。

ドラゴンボールZ V.R.V.S』と『スーパードラゴンボールヒーローズ』に登場する。
鳥山明が描き下ろしデザインしたオリジナルキャラクターで「V.R.V.S」でのボスキャラクター。
(→公式サイト参照

赤い三つの目と長い尻尾、ピンク色を主体とした体色をしており、人型だが地球人などと比べるとかなりの大柄な体格。
いずれの作品でも一人称は「私」で丁寧な口調で会話する。
間違えられやすいが名前の前に付くのは「魔神」ではなく「魔人」である。

ドラゴンボールZ V.R.V.S

物語上の時系列は不明。
だが、未来から来た青年期のトランクスと少年期の悟飯がいるので、原作でいうと人造人間編(セル編)のセルゲームあたりだろうか。
尻尾を点滅させて変身する能力を持っており、変身中はそのキャラの技も使えるようになる。
なお、変身中は体色が灰色一色になる。

ゲームではバトル中に通常時の形態「オゾット」から、こちらの操作キャラクターも含めた孫悟空ベジータピッコロ孫悟飯トランクスのZ戦士らに、それぞれ変身しながら変幻自在な戦い方をする。
最後はプレイヤーキャラクターに撃破され、倒される。

スーパードラゴンボールヒーローズ

アーケードゲーム版ではユニバースミッション第3弾から登場。
フュー監獄惑星に収容された一人でフューいわく惑星を丸ごと食べてしまう、とんでもない化物という設定が追加された。
他にも無生物だけでなくババリ星人などの生物も補食できるらしい。

監獄惑星では三星球のドラゴンボールを所持し、強敵に苦戦する悟空とハッチヒャックに襲われたトランクスを助け、一緒に共闘してくれたりなどしてトランクス達の味方になって加勢してくれる。
しかし、怪しげな術でタイムパトローラーを出し抜く一面もあり、裏でフューと繋がってらしき描写もあり、真意不明な行動もしていた。

実は他の戦士や囚人達にばれないようにドラゴンボールを集めて、一人で監獄惑星を脱出しようという企みがあった。
それに気づいたトランクスはドラゴンボールを取り返すべくためにオゾットと戦うが、最後はトランクスを振り切り、
集めたドラゴンボールで神龍を呼び出して監獄惑星から脱出する願いを叶え、何処へと逃走してしまった。

……完全に行方を眩ましたかと思われたが、コアエリア戦士との戦闘の最中に再びトランクス達の前に姿を現した。
どうやらガラス族のラグスの秘めた能力を見極めているようだが……

コミック版ではカンバー達を後回しにし、空間移動や空間操作する技でクウラとトランクスを翻弄したり、ハッチヒャックからドラゴンボールを奪取したりと独自に動く。
最終的に不老不死の願いを叶えようとしたが、通りすがりのウーロンに監獄惑星の囚人解放の願いを叶えられ、出し抜かれる。

ちなみにYouTubeで展開するプロモーションアニメ版の監獄惑星編宇宙争乱編には登場しない。
必殺技は三つ目から発動する「イグナイトビジョン」。

余談

当時、鳥山先生がデザインしたイラストには腕2本の怪人形態と腕4本の怪物形態(スーパーオゾット?)の2パターンが描かれていたが、今のところゲーム作品に登場したのは怪人形態のみである。

また、魔人という称号を冠するが同じく魔人を冠するブウ、(幻魔人)ヒルデガーンと関連性があるかは分からず。
超能力魔術(魔法)のような技も使用するので魔族魔界(暗黒魔界)とも関係性があるかもしれない。

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ DB DBZ
ドラゴンボールヒーローズ スーパードラゴンボールヒーローズ

関連記事

親記事

監獄惑星編 かんごくわくせいへん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「魔人オゾット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101

コメント