ピクシブ百科事典

ミニクーパー

みにくーぱー

コンパクトカー「ミニ」のレース用ホモロゲーション・モデルである

コンパクトカーミニ」のレース用ホモロゲーション・モデルで、ジョン・クーパーのレーシング・チームに供給するため開発された。

1962年にADO50、「オースチン・ミニ・クーパー」と、「モーリス・ミニ・クーパー」が誕生した。
オリジナルのモーリス・ミニ・マイナーに搭載されていた848ccのエンジンは997ccまで排気量が増やされ、馬力も34馬力から55馬力に高められた。このエンジンにはレース向けのチューニングが施され、当時小型車には馴染みのなかったSUツインキャブレターとディスクブレーキが装備された。経営陣はこのモデルの生産を決め、1,000台を発注した。これは、経営陣が参加を目指していた、FIAの、当時のグループ2規定の生産義務台数をクリアするためであった。

1963年にはよりパワフルな「クーパーS」モデルが相前後して開発、生産された。
「クーパーS」は1071ccのエンジンと、より大型のディスクブレーキを特徴とし、1964年8月のモデルチェンジまでに計4,030台が生産、販売された。当初A型エンジンの排気量UPは1071ccが限界と見られていたが、ダウントン社のダニエル・リッチモンドがボア・ピッチをずらして1275ccまで拡大する手法を考案、イシゴニス、クーパー、リッチモンドの歴史的な3者会談により、量産型の1275クーパーSの計画がスタートした。
量産に際して、サーキット・レースのクラス分けに合致した970ccと1275ccの2つのモデルを新たに追加、970ccモデルはあまり売れず、963台が生産された後1965年に生産終了となった。

1964年、997ccのエンジンが、よりストロークの短い998ccのモデルに変更された。

1967年、「クーパー」が生産終了となった。12,274台が販売された。
1971年、「クーパーS」が生産終了となった。40,000台以上が生産された。

関連記事

親記事

ミニ(BMC) みに

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミニクーパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 151265

コメント