ピクシブ百科事典

ジョン・ニュートン・クーパー(1923年7月17日~2000年12月24日)
F1インディ500といった最高レベルのモータースポーツの容貌を一変させることになる、リアエンジン配置の車両設計によって伝説的存在となった。

来歴

1923年、キングストン・アポン・テムズ王立特別区のサービトンで誕生。父チャールズ・クーパーは、レーシングカーを修繕する小さなガレージを経営していた。

ジョンは15歳で学校を卒業しネイピア・アンド・サン徒弟修行、続いてRAFの計器担当者として第二次世界大戦に従軍した。

1946年、父のガレージと事業を統一し、「クーパー・カー・カンパニー」の共同創設者となる。ボクスホールフォードディーラーを始める。

1959年と1960年、クーパー・カー・カンパニーはF1のコンストラクターズ・チャンピオンに輝いた。

1962年、イギリスサルーンカー選手権を席捲するロータスに対抗するため、ミニをベースにレース用車両ADO50を開発。「オースチン・ミニ・クーパー」と、「モーリス・ミニ・クーパー」が誕生した。
ミニクーパーは1964年、1965年、1967年のモンテカルロ・ラリーで総合優勝している。

2000年に77歳で死去するまで、ウェスト・サセックスで家族経営するガレージ(イースト・プレストンでミニクーパーの、またフェリングでホンダ車のアウトレットをそれぞれ保有)の社長を続けた。

関連記事

親記事

モータースポーツ もーたーすぽーつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョン・クーパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 254

コメント