ピクシブ百科事典

ジャンプフォース

じゃんぷふぉーす

2019年2月14日にバンダイナムコエンターテイメントから発売予定のアクションゲーム。週刊少年ジャンプ創刊50周年作品。
目次[非表示]

概要

正式タイトルは『JUMP FORCE』。
集英社の『週刊少年ジャンプ』における人気漫画作品のキャラクター達が、夢の共演を果たす対戦アクションゲーム。発売元はバンダイナムコゲームス、対応機種はプレイステーション4(PS4)、XBOXOne。更に『ドラゴンボールファイターズ』や『MARVELvsCAPCOMINFINITE』などで使われたUNREAL ENGINE(アンリアル・エンジン)が使用されている。
前作『Jスターズビクトリーバーサス』から5年ぶりの発売となり、創刊50周年記念作品となる。

また、今回は海外進出を意識している面があり、初報がE3(Electronic Entertainment Expo) 2018で行われたこともあってか、海外でも人気の高い作品が選ばれている。
版権の問題で難しいとされていた『遊☆戯☆王』や『シティーハンター』 など『ビクトリーVS』では参戦出来なかった作品も多く登場する。

更には『ブラッククローバー』や『僕のヒーローアカデミア』など未来を背負うジャンプの看板作品も登場する。

2018年10月12日には、PSストアよりβテストが開催されている。

特徴

本作の最大の特徴となるのが、我々の住む実際の世界が舞台となっており、ジャンプヒーローやヴィランたちは異世界から召喚されたという設定となっている。
そのため本作ではアメリカ合衆国ニューヨークや、アルプス山脈マッターホルン日本では姫路城周辺と思わしき場所など、世界各地における実際の土地がステージとなる。
更にそうした地域には、ヒーローたちの元いた世界から同様に召喚された建物などが存在し、大変に混沌とした状況となっている。
また、こうした複数の世界が混ざり合う事象の元凶と、その元凶の企みを阻止しようとしているとされる本作のオリジナルキャラクターが存在しており、鳥山明先生がデザインを担当している。
ストーリーモードを通してプレイヤーのアバターを製作することもできる。

ステージ


参戦キャラクター

キャラクター名出典作品担当声優
孫悟空ドラゴンボール野沢雅子
ベジータドラゴンボール堀川りょう
ピッコロドラゴンボール古川登志夫
トランクスドラゴンボール草尾毅
フリーザドラゴンボール中尾隆聖
セルドラゴンボール若本規夫
モンキー・D・ルフィONE PIECE田中真弓
ロロノア・ゾロONE PIECE中井和哉
サンジONE PIECE平田広明
サボONE PIECE古谷徹
ボア・ハンコックONE PIECE三石琴乃
マーシャル・D・ティーチONE PIECE大塚明夫
うずまきナルトNARUTO -ナルト-竹内順子
うちはサスケNARUTO -ナルト-杉山紀彰
黒崎一護BLEACH森田成一
朽木ルキアBLEACH折笠富美子
阿散井恋次BLEACH伊藤健太郎
藍染惣右介BLEACH速水奨
ゴン=フリークスHUNTER×HUNTER潘めぐみ
キルア=ゾルディックHUNTER×HUNTER伊瀬茉莉也
クラピカHUNTER×HUNTER沢城みゆき
ヒソカ=モロウHUNTER×HUNTER浪川大輔
浦飯幽助幽☆遊☆白書佐々木望
戸愚呂(弟)幽☆遊☆白書玄田哲章
武藤遊戯遊☆戯☆王風間俊介
天馬星座の星矢聖闘士星矢森田成一
龍星座の紫龍聖闘士星矢櫻井孝宏
冴羽獠シティーハンター神谷明
ケンシロウ北斗の拳小西克幸
緋村剣心るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-涼風真世
志々雄真実るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-池田政典
アスタブラッククローバー梶原岳人
緑谷出久僕のヒーローアカデミア山下大輝
夜神月 (※)DEATH NOTE宮野真守
リューク (※)DEATH NOTE中村獅童
グラバー(本作オリジナル)山路和弘
ナビゲーター(本作オリジナル)釘宮理恵
ガレナ(本作オリジナル)田中敦子
カイン(本作オリジナル)安元洋貴

※:ストーリーモードのみ登場。

PV





関連タグ

少年ジャンプ キャラゲー
コラボレーション クロスオーバー
夢の共演 夢の対決

Re:CREATORS漫画等の作品のキャラが現実世界へ転移、メインの舞台は現実世界と言った共通点がある。

過去のジャンプコラボテレビゲーム作品
ファミコンジャンプ
ジャンプスーパースターズ ジャンプアルティメットスターズ
Jスターズビクトリーバーサス

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャンプフォース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 708

コメント