2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

【破壊力 - なし /スピード - なし /射程距離 - ∞ /持続力 - A /精密動作性 - なし /成長性 - なし】

スタンドヴィジョン等は無く、攻撃もしてこない一風変わったスタンド
絵画漫画に代表される、世界のあらゆる『キャラクター』を実在化させる能力を持つ。効果範囲(射程距離)は全世界(但し、後述の小型ジェット機の高度から察するに、地上から約10000m以上には達しない模様)に及ぶ。
実在化したキャラクターはスタンドではない為、一般人にも視認が出来るが、ビデオカメラ等に映っても能力で実体化してしまうので録画は出来ない。
もし実在化したキャラクターを殺してしまうと、能力が解除されても2度と元に戻らず、世界からその存在が消えてしまう。(作中ではピノキオをアナスイが殺してしまった事でジョジョ世界のピノキオは永久に読めなくなってしまった)
登場したキャラクターはその作品のストーリーや設定次第では、周囲に被害が及び、実際作中ではケンシロウとラオウの戦いにより、新宿が壊滅してしまった(この際に、他にも出現した数十名のキャラクターが死亡したらしい)。

このスタンド能力の恐ろしい点は、実体化した『キャラクター』に心を惹かれた者は「精神」と「肉体」で心が2つに分離してしまう点にある。分離した精神の方は「物語のシナリオ」に沿って行動していき、最終的には「その物語の結末」に沿って死亡する事態に至る。物語の悪役に配置されてしまった場合は勿論、白雪姫の王子の様にハッピーエンドを迎える物語の配役であっても、「幸せに暮らしましたとさ」で〆られ、精神が行方不明になってしまう。
「物語のシナリオ」は原作者が作り、多くの人々の認識にある為に絶対に変更が出来ない。すなわち攻撃しても全く効かず、抵抗も出来ず、あらゆる壁や障害物がのページになってワープして襲い掛かってくる為、逃げ切るのも不可能。ただ上記の通りアナスイがピノキオや赤ずきんのオオカミを殺せているので、『ストーリー』に巻き込まれる前であれば対応可能な様子。

劇中ではナルシソ・アナスイが「狼と七匹の子山羊」の物語に参加させられ、狼の役割を演じる事態に陥り、お母さん羊にどこまでも追跡され、危うく腹を切られて殺され掛けている。

なお、このスタンドが発動する条件として「元々作品を知っていて、好きになったことがある」のみならず、「初めてそのキャラクターおよび作品を見て、感銘を受ける」ことでも発動することにも注意しなければならない。
ウェザー・リポートは刑務所以前の記憶を全て失い、顔を見ても「誰だお前は」程度の認識であったにもかかわらず、「ゴッホの自画像」を見た影響で耳を削ぎ落とし、拳銃自殺をするストーリー(=ゴッホの生涯)に巻き込まれかけている。

弱点は本体のウンガロが直接攻撃される、或いはウンガロ自身も「物語のシナリオ」に巻き込まれてしまう可能性がある点だが、事前にウンガロは小型ジェットに乗り込みスタンド使いに攻撃されないようにし、そのまま世界の混乱を高みの見物に勤しんでいた。
が、もう1つの弱点として「たとえ即興で作られたとしても、キャラクターとストーリーがあれば物語を実在化してしまう」ものがある。ウェザーが「ゴッホの自画像」を脅迫して『このスタンドを無効化し、元通りにするストーリー設定のキャラクター』を描かせたために、ストーリーもろとも実在化させられてしまったことでスタンド能力を封じられてしまった。
自分を認めなかった社会をメチャメチャにすることを望んだウンガロは、パニックになった世界が元通りに戻ってしまったことを悟り、絶望したことで事態は収まった。

作中で登場したキャラクターは以下の通り。
交通標識の棒人間
ミッキーマウス@ディズニー
ピノキオピノキオ(CV:朝井彩加
七人の小人白雪姫(CV:井上悟吉岡琳吾手塚ヒロミチ宮本崇弘
白雪姫@白雪姫
赤ずきんの赤ずきん
赤ずきん@赤ずきん
子ヤギ@狼と七匹の子ヤギ(cv:奈波果林川井田夏海
母ヤギ@狼と七匹の子ヤギ(CV:所河ひとみ
ピーターパン@ピーターパン
アトム鉄腕アトム
マジンガーZ@マジンガーZ※
鉄人28号@鉄人28号※
ゴッホ@画家「フィンセント・ファン・ゴッホ」の耳を切り落とした後の自画像(cv:坂詰貴之
ヴィーナスヴィーナスの誕生
スパイダーマン@スパイダーマン
ケンシロウ北斗の拳
ラオウ@北斗の拳
スヌーピー@ピーナッツ
プット・バック・マン

※これらのロボはコピーライトが記載されている。

アニメ版

言わずもがなアニメ化最大の壁

童話以外にも版権キャラが多々登場するその能力から、多くの視聴者から「これまでもアバ茶を始めとした、幾多のシーンをスゴ味で乗り切ってきたアニメスタッフでも今回ばかりは……」とファンからは長年不安視されていた。



そして待ちに待った25話……。

何と原典にも登場していた鉄腕アトム、マジンガーZ、鉄人28号がそのまま登場した

加えてアニメ版では南新宿で「北斗の拳」のケンシロウとラオウが戦った際のニュース音声が、アニメ版「北斗の拳」のナレーションを当時担当していた千葉繁氏が演じている。
無論いずれも版元の許可を得ており、当該エピソードのEDには手塚プロダクション、ダイナミック企画、光プロダクションの名前がクレジットされている。
しかし残念ながらスパイダーマンバットマンに変更されている。アニメ版ジョジョの配給元がワーナーブラザーズなのでスパイダーマンが駄目でもバットマンならOKということなのだろうか。
またミッキーマウスも存在がカットされたが、スヌーピーは言及されている。

余談

『高度』の弱点があるものの、有効範囲が全世界に及ぶ事実から『ワンダー・オブ・Uの弱点=敵対者が追わないとor自身が追ったら能力がほぼ発動出来ない』を突ける可能性があるスタンドと思われる(特に本体に加えスタンドにも人格がある為、ボヘミアン・ラプソディーの発動スイッチを二重に持っている)。
ただし、スタンドも本体も警戒心がかなり高いので、こんな事態になればキャラクターに惹かれる以前に隠れる可能性があり、有効打にはなり得るものの、決定打には至らないと思われる。
……もっとも、ボヘミアン・ラプソディーが発動してしまえば、前述の通り射程範囲は全世界、逃げ場は上空10000m以上の高度に位地する場所しかない以上、異変を察した時点で隠れようも逃げようもないのが現実だと思われる

また作中の年号は2011年である。
その為、もしも同誌で2006年まで連載されていたDEATHNOTEが再現された場合、エンポリオ、空条承太郎以外の主人公チームが(一部冤罪があるものの)全員罪状がある以上、あちらの主人公が原作再現した場合、物語が詰んだ可能性もある(尚、ストーンオーシャンは2003年4月まで連載。DEATH NOTEは2003年12月から連載した為、ストーンオーシャンの連載時期とは重なっていない)。

関連タグ

ウンガロ スタンド

キラークイーン第4部に登場する同じロックバンドの楽曲の名を冠したスタンド。

月光条例:このスタンド同様「おとぎばなし」のキャラクター達がおかしくなり、現実世界に飛び出す変事を題材とした作品。

Re:CREATORS:このスタンド同様「キャラクター」が現実世界に呼び出され、様々な事件が起きた作品。

関連記事

親記事

スタンド すたんど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24932

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました