ピクシブ百科事典

アバ茶

あばちゃ

アバ茶とは、レオーネ・アバッキオが新人のジョルノ・ジョバァーナに対して勧めた飲料である。
目次[非表示]

ジョロジョロ ジョロ ジョロンジョロン ジョロ

アバ茶とは

性的に言うと黄金水だとか聖水と言ったりするけど、要するに小便である。

語源

ジョジョの奇妙な冒険第5部ストーリー序盤で、アバッキオが新人のジョルノに対して"お茶"を出した。すなわちアバ茶とは「アバッキオが出した特別なお茶」なのである。

状況

ブチャラティがジョルノをチームのメンバーに紹介した時のことである。
直前までナランチャフーゴは簡単な算数の問題で喧嘩になり、ミスタは「ケーキの数が4個だから縁起が悪い」と騒ぎ出し、アバッキオは我関せずでお茶を飲んでいたが、ジョルノが挨拶するや、彼らは揃って冷たい視線を投げかけた後、あからさまにジョルノを無視するという態度に出て、険悪なムードが漂い始める。
ブチャラティが「自分が連れてきたのだから、もっと愛想よくしろ」と一同を叱りつけると、無言だったアバッキオが「お茶でも飲んで… 話でもしようや……」とティーポットを片手に悠然とカップにお茶を注ぎはじめる。
それに素直に応じるジョルノだったが、カップを顔に近づけた瞬間にそれが「飲めたものではない」代物であることを察知。それを見たアバッキオは畳みかけるように言葉責めでジョルノを追い詰める。

「どうした?おまえはオレが わざわざ注いでやったそれをいただきますって言ったんだぜ。
いただきますって言ったからには飲んでもらおうか。それともヌルイから飲むのはいやか?」

つまり…?

早い話が新人いびり
この前段階でミスタ・ナランチャ・フーゴは、アバッキオがポットに自分の「アレ」を仕込むのを確認している。
心身ともに男前の多いパッショーネではあるが、そこは腐ってもギャング。初対面の新人の出鼻を挫く示威行動としては破壊力抜群であろう。
誰だって嫌だと思う。僕だって嫌だ

なおこの洗礼に対してジョルノは、自分の歯の一本を体が98%水分で出来ているクラゲに変えてそれに吸わせ、あたかも飲んだかのように見せかけて周囲の度肝を抜いた。
流石はジョルノ、恐るべき発想の転換と度胸である。
……が、そのあとクラゲはどうしたんだ?
歯に戻したにしてもアバ茶が前歯に残るぞ、ホントにどうしたんだジョルノ…?!

ともあれ、この度胸と機転によりジョルノは仲間として認められることとなった。
ちなみに、「アバ茶」という名称はファンによるものである。


アニメ版

2018年10月からアニメ放送を開始した。過去様々なシーンが時代の変化により規制、もしくはカットされてきた為、このシーンがちゃんと放映されるかどうかはファンの一つの楽しみともなっていた。


そして結果は…



第五話にてしっかりと放送されました

カラー+アニメーションが追加されたことで、色々な意味でアウトになっていた。
(しかもビタミンジュースを飲んだのかと思うほど色が濃く、湯気まで立っていた)
漫画版では残っていた紅茶のポットに注いでいたが、アニメではフーゴがナランチャをテーブルに叩きつけた際中身が溢れて空になってしまった。

 つまりアニメ版のアバ茶は100%アバ茶である



関連イラスト

魅惑の
飲め!


おもてなし
アバ茶



関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 アバッキオ パッショーネ
マニッシュ・ボーイ(排泄物を食すことを強制された点で共通)
カメオ(上に同じく)
飲尿

pixivに投稿された作品 pixivで「アバ茶」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5017729

コメント