ピクシブ百科事典

パッショーネ

ぱっしょーね

パッショーネとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第5部に登場する組織である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 日本のアニメ制作会社の一つ。代表作に「RAILWARS!」、「ひなこのーと」など。
  2. ジョジョの奇妙な冒険』第5部・黄金の風に登場するギャング組織。


ココでは2について説明するッ!

概要

組織名(PASSIONE)はイタリア語で『情熱』『受難』の意味。
ネアポリスの街の主要企業を支配し、賭博や麻薬の収益、各地のショバ代が主な資金源。
しかし麻薬は子供にまで蔓延しており、街に暗い影を投げかけている。
ジョルノ・ジョバァーナはその現状を憂い、自らギャング・スターとなって街を浄化すべく、パッショーネに入団し、のし上がる道を選んだ。

組織構成

組織の構成は上位から、

頂点ボス
ボス親衛隊スクアーロティッツァーノカルネチョコラータセッコ
参謀ドッピオ(本編では明記されず)
幹部ポルポペリーコロ 他
専門部隊護衛チーム暗殺チーム麻薬チーム、情報分析チーム、賭博管理チーム、 他

となっている。
※ボス親衛隊は後述するように特殊な扱いのため、決して全てにおいて幹部や参謀より上位というわけではないと思われる。

ジョルノが入団試験を受けた時点での構成員は756名であるが、賄賂や脅迫などにより構成員でないにしろ協力あるいは服従させられている者は大勢いるようで、ネアポリスの街のみならずその影響力はヨーロッパ全土、少なくともイタリアについては支配下に置いている様子。
ヨーロッパの犯罪発生率が跳ね上がっていることから調査を進めたポルナレフは組織のボスまでたどり着いたが、承太郎に連絡を取ることが出来ず孤立した戦いを強いられ敗北している。
また、入団試験の内容などから構成員にはスタンド使いが非常に多いのも特徴。

ブチャラティなどの下部チームは、縄張りを任され、そのエリア内のカジノの仕切りや、商店のみかじめ料などで収益を得ている。
組織のために億単位の金を稼いで上納すれば、幹部に昇格し、より大きな権力と収入を得ることができる。
ただし、ボスの正体を詮索することだけは絶対のタブーであり、その禁を犯した者には死の制裁が待っている。

アニメ版では原作では線だけで描かれていたパッショーネの構成図が豪奢な城の図で表現され、新たに賭博管理という担当チームも登場。
また親衛隊の地位は参謀や幹部より上位で、ボスに次いで高い事が判明した(ただしチョコラータとセッコ以外はとても幹部より地位が上とは思えないため、あくまで残り3名は権限の範疇で財力では幹部に劣ると思われる構成員でもかなり特殊な扱いだろう)。

小説版外伝「恥知らずのパープルヘイズ」では「かつては義賊として活動し民衆の支持を集めたのち、麻薬で収益を上げるようになった」というルーツが設定されており、またディアボロの死後は組織体制ががらりと変化している。
ボスがジョルノに変わったことにより組織は大幅に健全化した為、かつての資金源であった麻薬チームは「旧体制の負の遺産」として抹殺対象となり、フーゴ達と死闘を繰り広げる事になる。またNo.2となったポルナレフの人脈もあり、スピードワゴン財団とも手を組んでいる。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
護衛チーム 暗殺チーム マフィア ギャング

pixivに投稿された作品 pixivで「パッショーネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 426643

コメント