ピクシブ百科事典

男X

なもなきおとこ

荒木飛呂彦作「ジョジョの奇妙な冒険~黄金の風~」に登場するキャラの一人。原作では名前はなく、『男X』とはアニメ版でつけられた名称である。
目次[非表示]

「君がしてくれた事は決して忘れない」

CV:白熊寛嗣

概要

どことは明記されていないが、何らかの組織に所属しているギャングである。
ある日、別のギャング組織との抗争中に重傷を負い、物陰に倒れていたが、一人の幼子に助けられた。自分を探していたギャング達に「あっちへ行ったよ」と嘘を教え、窮地を救ってくれたのである。

その幼子――ジョルノ・ジョバァーナ――の身元を調べ上げると、養父からの虐待や、不良少年たちから嫌がらせや虐めを受ける悲惨な境遇にある事を知る。彼はジョルノを救うべく行動を起こし、ほどなく義父はジョルノを殴らなくなり、悪ガキ共が映画館で席を譲ってくれるようになった。明確な描写こそないが、おそらく義父や悪ガキたちに「あの子に酷いことをしたらただじゃおかない」という具合に脅しでもかけたと思われる。

間接的ではあるがジョルノを「一人の人間」として接して陰ながら見守り、一緒の時間を過ごした。おかげでジョルノは『人を信じる』ということを学び、歪んでしまいそうな精神を正される。そして『ギャング・スター』にあこがれるようになっていくのだった。

アニメ版

黒い髪に褐色肌で背が高く、黒いスーツと黒い帽子、紫色のネクタイをしている、いかにもギャングらしい出で立ちにデザインされている。(最初に出会った頃は、白いコートを身に着けていた)
ジェラート屋の店主がジョルノにチョコレート味のジェラートをおまけをした際に『あの人にはいつもお世話になっているから』と言いながら、遠くからジョルノを見守っている男に挨拶しており、ブチャラティ同様、一般市民からも慕われている事が伺われる。

ある日の夕刻、自身が管轄する地域にてルールを破った同組織の男を殺めた(部下が同伴していたが玄関先で待機させ、汚れ仕事である粛正は自ら行っている)。
その直後、男の息子が追いかけてきて、仇討ちをするべく持ち出した銃の銃口を向けられるが、銃を抜こうとする部下を制止させて「お前の親父はクズだった。俺のシマのルールを破って麻薬をさばいていた。女・子供見境なくな。だから殺した」と殺めた理由を淡々と述べる。
その毅然たる態度と、「撃つなら撃っても構わない」と言わんばかりの覚悟に気圧された息子は「お前だってクズじゃないか」と言い返すのが精一杯で、その場に泣き崩れてしまった。

そして彼は、その場に居合わせたジョルノには声もかけず、視線すら合わせようとせずに去ってゆく。
それはギャングという裏社会に生きる者の世界には、決して巻き込ませないという彼なりの優しさを示すものであり、このアニメオリジナルシーンの追加により、ジョルノが『ギャング・スター』にあこがれる動機が、より明確になっている。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 ジョルノ・ジョバァーナ

???:パッショーネに所属するギャングの一人。理由ありの少年に裏社会に生きる者の世界に巻き込ませないように諭した

関連記事

親記事

黄金の風 おうごんのかぜ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「男X」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7531

コメント