ピクシブ百科事典

ウンガロ

うんがろ

漫画『ジョジョの奇妙な冒険 第六部 ストーンオーシャン』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

『充実感』だ………これがオレの『燃える』目的だ!

概要

第6部「ストーンオーシャン」に登場するキャラクター。
ジョースター家の宿敵DIOの息子の1人。1988年生まれ。母親はDIOの餌として殺された。
第5部『黄金の風』の主人公であるジョルノ・ジョバァーナや同じく第6部に登場するリキエルドナテロ・ヴェルサスとは異母兄弟にあたる。
顔は祖父ダリオ・ブランドーに似ている。

絶望しながら転がり落ちていくだけの人生を送っており、生きる目的を見つけられず、劇中では麻薬中毒に陥っていた。このような人生を送ってきたため、社会を憎んでおり、また人々に希望を与える絵画漫画アニメ等のキャラクターを嫌悪している。

エンリコ・プッチがDIOの骨から産まれた緑色の赤ちゃんと一体化した事で、彼の中に流れるDIOの生命力に引っ張られフロリダまで来訪。そこで麻薬が原因によるバイク事故に合い、病院に搬送される途中でプッチと出会う。
そしてプッチによってスタンド能力を引き出され、プッチから自分を天国へ押し上げることで幸福に満たされると言われたことで『燃える目的』を獲得。スタンド能力を使い、今まで自分を見下してきた社会を滅茶苦茶にして希望の無い社会へ叩き落とそうと行動する。

スタンド:自由人の狂想曲(ボヘミアン・ラプソディー(ジョジョの奇妙な冒険)

詳しくはボヘミアン・ラプソディー(ジョジョの奇妙な冒険)

活躍

スタンドを発動し世界中を大混乱に陥らせた(この現象は作中では「ファンタジー・ヒーロー事件」と呼称されている)。これによる被害と死傷者数は測定不能。
恐らく今までのジョジョシリーズで一番被害の規模が大きいと思われる。

ミロのヴィーナスは全裸で街中に現れ(TVニュースでその様子がモザイクなしで放送されている)、北斗の拳ケンシロウラオウの戦闘で新宿は壊滅してしまった。
一方でウンガロは本体である自らが狙われない様に、ニュースで流れる被害情報に耳を傾けながら飛行機で安全地帯に移動していた。

ナルシソ・アナスイウェザー・リポートを葬るあと一歩というところまで行ったが、ウェザーがゴッホの自画像を脅迫して"全てのキャラクターを元に戻すヒーロー"「プット・バック・マン」を創作させ、実体化させたことでスタンド能力そのものを無力化されてしまい敗北。
負けを知ったウンガロは再び希望の無い人生に戻ったことを悟って再起不能になった。

関連イラスト

ウンガロ
人類を滅ぼすことが得意な血統


関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン
エンリコ・プッチ

関連記事

親記事

ストーンオーシャン すとーんおーしゃん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウンガロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 216802

コメント