ピクシブ百科事典

カルネ(ジョジョの奇妙な冒険)

かるね

カルネとは、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ第5部『黄金の風』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

組織「パッショーネ」のボス・ディアボロ直属の親衛隊の1人である。
不気味な風貌の太った男。カルネ(Carne)とは、イタリア語で肉のことである。

サルディニア島に飛行機で向かおうとするジョルノ一行の前に現れ、一言も発することなくミスタに射殺された。しかし、それは自らのスタンドを発現させるためであり、ジョルノ達は飛行機内でそれに襲われることになる。

スタンド 『ノトーリアス・B・I・G(ビッグ)』

【破壊力-A スピード-∞ 射程距離-∞ 持続力-∞ 精密動作性-E 成長性-A】
_
夕ヒ人本
口食われる。
   助けてくれ。
               あの男は
               カワイソーにゾウキンのように捨てられた
               恨んで死んで行った。
               恨みこそがヤツのエネルギー
              殺されることによって始めて作動する
              エネルギーー
              死ぬ前あの男さえもみたこと
              のなかったエネルギー
           死体だからもう殺すことはできない。
                  

カルネが死ぬことで発現するスタンド。
殺された恨みをエネルギーにし、周囲の肉体や機械類を食らってどんどん巨大化する。
ペンで上記の文字を書いていることから知性は持ち合わせていることがうかがえるが、「GYYYAAAAAAHHHHHッ!」、「WOOOOGYYAAAAHHHッ!」といった不気味な鳴き声をあげる。

本体は既に死んでいるので射程距離はなく、発現時間もほぼ永続的。遠隔自動操縦型スタンドに近い性質を持つ。
また、周囲の中で「最も速く動く物」を優先して襲うという習性がある。劇中では高度1万メートルを時速800kmで飛ぶ飛行機にすら追いついてきた。

圧倒的なパワーでジョルノ、ナランチャ、ミスタに重傷を負わせ、一行を追い詰めるが、トリッシュが自身のスタンド『スパイス・ガール』に目覚めたことにより形勢が逆転。最終的には海上に落とされ、永遠に波を襲い続けるだけの存在となった。

また、カルネは生前に人型のノトーリアス・B・I・Gを出していたが、直後に射殺されたため死後と同じ能力なのか、違う能力だったのかは不明。

名前をよく間違われる。「ノートリアス」ではないので要注意。

余談

カルネは自分のスタンドの能力(本体の死後に真価を発揮する)を知っていたのかは不明。仮に知っていたとしたら、わざと殺されるためにジョルノ達の前に現れたことになる。
彼はヴァニラ・アイスに匹敵するようなボスへの凄まじい忠誠心を持っていたのかもしれない(そういえばメモ芸という点で一致しているが)。

関連イラスト

ボス親衛隊
むしろ好き



関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 スタンド使い ノトーリアス・B・I・G

コメント