ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

このオレに謎を解けって言ったんだぜ……

生イキなガキだ 解いてやるさ


プロフィール

名前(年齢)レオーネ・アバッキオ(21歳)
スタンドムーディー・ブルース
生年月日1980年3月25日
血液型A
身長188cm
好きな映画スリング・ブレイド
好きな音楽モンティ・ヴェルディ作「聖母マリアの夕べの祈り
好きな食べ物白ワイン(グレコ・デ・トゥーフォー)、ルッコラサラダピッツァ・マルガリータ
嫌いなものなまいきそうなガキ、行列に並ぶこと
ヒーローアイルトン・セナ(F1ドライバー)
性格彼の性格は矛盾に満ちている。元警官なので組織の幹部や出世は決してない事を自分では良く理解している。しかし自分を必要としてくれる任務には命をかけることもおしいとは思わない。 彼はこの社会で行く所がなく、堕ちに堕ちてギャングとなった。しかしアバッキオの心の底にあるのは、警官になったばかりの頃の「正義の心」なのだ。(ジャンプコミックス62巻より)

概要

ブチャラティチームのメンバーの1人。年齢はチーム内で最年長の21歳。

もとよりギャングだったわけではなく、むしろギャングの天敵である警察官であった異色の経歴の持ち主である。


高校卒業後に警察官と成り、最初は正義感に溢れ、市井の人々を守りたいという純粋な情熱を持っていた。

ところが住民たちは恩知らずかつ無責任で、懸命に働く警官を罵倒するばかりで敬意を払うのは疎か気遣いすらしてくれない腐敗した街の現状や、賄賂が横行し犯罪が黙認されたり簡単に罪人が釈放されてしまい、どれだけ取り締まっても犯罪者が減らない警察を取り巻く不文律を見るうちに失望してしまい、次第に自分自身もチンピラから賄賂をもらって悪事を見逃すことにも平気な人間になってしまっていた。

しかしその汚職が原因で同僚の警官が自分を庇って殉職してしまい、自身の収賄も発覚し警察から追放されてしまう。


(なお、この時同僚を射殺したチンピラは恥知らずのパープルヘイズによれば、その後真夏なのに獄中で凍死したとのこと。恐らく下手人はコイツ。)


一生消えることの無い罪の十字架を背負ったことで身も心もやさぐれ、路頭をさまよった末にブチャラティと出会い、彼に勧誘されギャング組織・パッショーネの試験を受け、見事に合格・入団した。

元警官ということもあってか、スタンド抜きでの喧嘩ならば、チーム内で一番の実力の持ち主らしい。


そういった経緯もあって、なかなか人を信用しない性格の分からず屋であり、新入りのジョルノ・ジョバァーナに心を許すのもチームで最も遅かった。ただし、一度信頼した人物にはどこまでも、どんな状況でも着いて行く義理堅さも持っている。後述の行動を行う、少々反応に困る一面もあるものの、ジョルノを頭ごなしに否定しようとしている訳ではなく、味方の危ういスタンドが成り行きで使われてしまった際は、あくまで善意で忠告している。


というかメタ的なことを言えば、アバッキオが心を許すのが遅いのではなく他のメンバーがジョルノに心を許すのが早すぎるだけである。

まず、ジョルノとの実質的な最初の共闘となるズッケェロ戦で早速辛辣な態度を取っているが、知り合ってから長くとも1~2時間程度しか経っていないと思われる(ズッケェロが行動を起こしたのが10:05頃。ジョルノとの顔合わせが午前中であり、続くサーレー戦前にミスタが「もうとっくにお昼の時間を過ぎている」と言っていることから、戦闘に入るまで30~50分程度しか経過していない可能性もある)。

メンバーに加わって間もない新人が仕切り始めれば、上下関係に厳しいアバッキオでなくとも普通快くは思わないだろう。

その翌日にはフーゴも加えてポンペイでイルーゾォ戦を共にする。

更に翌日にはヴェネツィアへジョルノ達とは別行動で到着し、その後にブチャラティがボスを裏切ったのはジョルノ加入日からまだ2日目の朝。

ノトーリアス戦はその日の午前中。

飛行機の墜落後からサルディニアでの一件までは、後に登場するセッコの「ボスが3日前飛行機にノトーリアス・B・I・Gを送り込んだ」との台詞を信用するならば3日が空くので、どれほど長くとも最大5~6日間しか共にしていない。

割とフレンドリーな性格のミスタや、目の前で自分を助ける為に行動する度胸を目の当たりしたフーゴなど、各メンバーで印象の違いはあるだろうが、時間的な経過だけで見るならばアバッキオの対応が寧ろ正常である。

まぁだからといって新人イビりの一環で小○飲ませる理由にはならないが。


ちなみにジョルノ本人は新人イビりの件や自分への辛辣な態度について特に気にしておらず、寧ろアバッキオの簡単に心を許さない慎重な姿勢を評価しており、とある場面にて彼がに不覚を取った際は「アバッキオともあろうものがなぜこれほど近付けてしまったのか…」という発言をしている。


前述の通り、気に入らない新人に対しては小○を飲ませるとんでもないイビりをやり始めるので注意が必要だ!!

また、ブチャラティチームは全員「(他メンバーより)自分が一番モテる」と思っている裏設定があるので、彼も例外ではないと思われる。

ただ高い枝に引っかかってしまったボールを取るのに苦心している少年たちを見かねて『……しょうがねぇなぁ ほれ どいてな!』とボールを取ってあげる等、根は優しくいい人である。

そんな彼に運命は無情にも魔の手を伸ばしてくる。


自分自身の事を何の価値も無い最低のクズだと自嘲気味に扱っているが、本物の下衆ならば過去の過ちや出来事を気に病む筈も無く、根底にある警察官を志した当時の情熱と正義感は未だ失われてはいない。


テレビアニメ版

  • 警官時代の回想シーンが原作よりも早い時系列で描かれており、警官をバッシングする市民や保釈される犯罪者の描写が追加されている他、原作では描写されなかったブチャラティとの出会いも描かれている。
  • 4つの中から1つを選ぶと良くないことが起こるというミスタに対して、静かにケーキを1つ取って3つにしてあげるという、さり気ない優しさが見られた。
  • 運転中に道案内が遅れたジョルノにブチ切れるフーゴに前座席を蹴って宥めるという、年長者としてなのか、面倒見の良い一面も見せた。組織としては先輩であるフーゴだが、アバッキオに注意されると物騒な事を呟きながらも怒りを抑えた。

ゲーム作品

PS2ゲーム「黄金の旋風

プレイアブルキャラとして参戦。ムーディー・ブルースの能力は「本体の攻撃アクションを記録し、それを時間差で再現して攻撃する」という形で再現されている。システムとしては未来への遺産におけるタンデムアタックに近いが、スキが大きいので活用には工夫が必要。むしろ一部のキャラをハメられるワンツーパンチ、威力が高く強制ダウンを取れるヤクザキックなどアバッキオ本体の攻撃の方が使いやすくて強力であり、原作では殆ど披露することがなかった腕っぷしの強さを存分に体感する事ができる。


オールスターバトルRアイズオブヘブン

ブチャラティチームの中では唯一のNPCで、サウンドテストモードの案内人を担当。

選ばれたBGMやボイスを、ムーディー・ブルースの能力で「再生(リプレイ)」する。


『アイズオブヘブン』では、当初はプレイアブルキャラになる予定だったが、ムーディー・ブルースの能力をバトルでどう反映させるかに苦慮し、その末に断念することになったという、泣くに泣けないお話がある。

ストーリーモードのEDの各部のその後を描いた写真では、5部の写真をよく見ると他のチームメンバー同様3Dモデルで描かれたアバッキオの姿が写っている


そして『オールスターバトルR』の第5弾DLCで満を持して参戦。製作陣を悩ませたバトルスタイルはイルーゾォ戦で見せた自身に化けたムーディー・ブルースとの連携攻撃、そしてGHAはスクアーロ&ティッツァーノ戦前にミスタやナランチャと共にチンピラをボコったシーンの再現。スタンド能力を使わないまさかの必殺技に多くのファンの腹筋を崩壊させた。

彼の参戦で護衛チーム全員がプレイアブル化する形で勢揃いすることになった。


スタンド「ムーディー・ブルース

アバッキオ

【破壊力 - C / スピード - C / 射程距離 - A(再生中に限る) / 持続力 - A / 精密動作性 - C / 成長性 - C】


過去にその場所にいた者の行動をビデオのように再生(リプレイ)できるスタンド

名前の元ネタは英国の、ビートルズと同じ時代から活動している最古のロックバンドのひとつ 『The Moody Blues』。


詳細は【ムーディー・ブルース】で。


作中で初めて「自身のスタンド能力を他人に教える事」の危険性を明確に口にしている。


担当声優


余談

イタリア語で「レオーネ」はライオン、「アバッキオ」は仔羊肉の意。

頭に卵の殻みたいなものが付いていることで有名。ジョルノのコロネといい5部キャラは変わった髪型が多い(まぁそれを言うならば、ジョジョ全般で奇抜な髪型のキャラは結構いる)。

原作者によると、アレは「ヘッドバンド兼帽子」らしい。どうやって被っているのかが非常に謎。


イタリアの警察機関は、国家レベルだけで4つ(連載当時は5つ)存在する。

  • 内務省所属の国家警察(Polizia di Stato)
  • 国防省所属のカラビニエリ
  • 経済財務省所属の財務警察(Guardia di Finanza)
  • 司法省所属の監獄警察(Corpo di polizia penitenziaria:日本の刑務官に相当)
  • 農業食糧省所属の森林警察(Corpo forestale dello Stato。2016年にカラビニエリに編入される)

アバッキオがどの組織に属していたのかは不明であるが、市街地の治安維持が主だったことから、少なくとも監獄警察と森林警察は除外される。


関連イラスト

BacktrackDyingジョジョログAbbacchio


関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風


パッショーネ ブチャラティチーム

ブローノ・ブチャラティ ジョルノ・ジョバァーナ パンナコッタ・フーゴ グイード・ミスタ ナランチャ・ギルガ トリッシュ・ウナ


イルーゾォ アバッキオの同僚 アバ茶

関連記事

親記事

ブチャラティチーム ぶちゃらてぃちーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7476203

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました