ピクシブ百科事典

ノイシュヴァンシュタイン城

のいしゅゔぁんしゅたいんじょう

ノイシュヴァンシュタイン城は、ドイツ南部に存在する城である。
目次[非表示]

このバイエルンに存在し、現在ドイツに存在するロマンチック街道(ヴュルツブルクからフュッセンまでの街道ルートでありほぼ直線状に連なった観光名所を地図の上で連結させ続けて観光するために案内した順路のようなもの)の終着点に存在し、観光施設としても有力である。
 この城はバイエルン王国国王であったルートヴィヒ2世が、自分の趣味のためだけに建築した。
 この城は中世ドイツの居城スタイルで新築を試みて1869年建築が開始され、1886年には未完成区域を残しつつ居住が可能となり、王はこの城に移り住んだ。
 なお、この王様は中世騎士道にのめりこみ、趣味だけのために3つの(ほかにはリンダーホーフ城この城は大トリアノン宮殿をモデルにルネサンス様式にバロック様式を加味したような城であり唯一完成した城ヘレンキームゼー城湖の中央に浮かぶ島にあり特に有名な建築物は彼が特に尊敬していたルイ14世の居城、ヴェルサイユ宮殿コピーなど、さらにはファルケンシュタイン城ほかもう一つ作ろうとしていた)を建築し、そのため王室財産を圧迫しそのためにこの城に100日ほど過ごしただけで他の城に幽閉されなぞの死を遂げた人物である。
 この城は王の言葉により死後破壊されるはずであったが、その言葉は無視され、王の死後一般公開されるようになり、ドイツ観光の目玉となっている。
 この城は王の理想のみを追った城であるため、ヨーロッパ中世の城としては失格の代物である。

特徴

 この城は19世紀に王様の趣味で作られたため以下の特徴がある。

  • 設計者は建築家や技術者ではなく、お抱えの画家である
  • 通常の中世ヨーロッパの城に見られる石造りではなく鉄骨造りである
  • 通常の城には必須である小聖堂や墓地も存在しない
  • 望楼などの戦いのための施設が存在しない(これは未完成となった影響もある)
  • 特に内部が未完成である、これはルートヴィヒ2世の死により建築が中止されたためである

pixivにおいて

 この城は特に見栄えがするよう作られているため、作品がいくつか存在する。

関連項目

ドイツ

参照

wikipedia同項目
公式(ドイツ語)

pixivに投稿された作品 pixivで「ノイシュヴァンシュタイン城」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10858

コメント