ピクシブ百科事典

ルートヴィヒ2世

るーとゔぃひにせい

第4代バイエルン国王。「メルヘン王」、「狂王」の異名で知られる。
目次[非表示]

概要

第4代バイエルン国王

  • 在位 : 1864年 - 1886年
  • 生没 : 1845年 - 1886年

本名はルートヴィヒ・オットー・フリードリヒ・ヴィルヘルム。
ヨーロッパ3大王家の一つヴィッテルスバッハ家の嫡子。
神話やロマンを求め、様々な建築や歌劇に没頭し破滅的浪費を繰り返したことで知られる。
同性愛者で、若いころには様々な美少年たちをはべらせていた。

生涯

1845年、ニンフェンブルグ宮殿にてその生を受ける。
偶然にも生まれる日と時間が祖父のルートヴィヒ1世と全く同じであったため、祖父の希望でルートヴィヒ2世と名付けられた。
父親のマクシミリアン1世は厳格な人物で、しかも当時王の座に即位したばっかりなので執務につきっきりで、子供の世話は家庭教師に任せていた。しかも教育は結構なスパルタで、王族とは思えないほど質素な食事や、一日の大半を帝王学に費やす英才教育を徹底させた。
それ故かルートヴィヒ2世はふさぎごみがちになり、やがてゲルマンの神話やブリタニアの騎士物語に興味を示すようになったという。

そんな彼の世界を一変させたのは15歳の時、リヒャルト・ワーグナーの歌劇「ローエングリン」を鑑賞した時だった。観終わった際、彼は感動のあまり肩を震わせて泣いていたほどだったといわれている。その影響はすさまじいもので、後に建築したリンダーホーフ城の地下の洞窟に音楽家を招き寄せ、白鳥の騎士ローエングリンの格好をして舟遊びを楽しんだ。彼が建築した有名なノイシュヴァンシュタイン城も、日本語訳すると「新白鳥城」となる。

その3年後、父親の急死により王位に就いたルートヴィヒ2世は、早速ワーグナーを招集し庇護した。そして当時上演不可能とされた一大歌劇「ニーベルングの指環」を上映するためだけにバイロイト音楽劇場を建設した。ワーグナーとの関係も悪くなく、文通してたことやワーグナーがルートヴィヒ2世に観せるために『聖杯探索』をモチーフにした「パルジファル」を上演したことが知られている。徹底してワーグナーのパトロンをしていた2世だが、金使いの荒いワーグナーを臣下は快く思わず追放するよう進言し、2世はワーグナーを一時追放した。それ以来ルートヴィヒ2世はますます浮世から離れていった。

ノイシュヴァンシュタイン城



2世は自分の子供の頃からの夢をカタチにするべく、ノイシュヴァンシュタイン城やリンダーホーフ城、ヘレンキームゼー城などの中世風の城を建築していった。これらの城は既存の建築家ではなく画家や芸術家が設計し、実用性よりも徹底して美しさのみが求められた。そのため、あるべきはずの教会やカタコンベがなく、住むにはあまり適さない代物である。完全に2世の趣味を投影したものと言えるだろう。このころから「メルヘン王」という異名がつけられた。

1866年、普墺戦争が勃発し、バイエルンは敗戦したために多額の賠償金が支払われ、その後の普仏戦争で弟オットー1世が精神に異常をきたした。同時期にルートヴィヒ2世にも不可解な言動が目立つようになり、ルイ16世マリー・アントワネットの肖像画を椅子に飾り、まるで共に食事するように振る舞ったり、夜中にそりで一人遊びに興じるなどの奇行が目立つようになった。それで1886年、2世は精神病と診断されベルク城に送られ、翌日の6月13日にシュタルンベルク湖で、医師のフォン・グッデンと共に水死体となって発見された。彼の死について友人であるエリーザベト皇后は「彼は決して精神病ではありません。ただ夢を見ていただけでした」と述べている。

余談

早い話が中二病である。彼が望む理想の世界は、絵画や物語の中にあったのだ。
生前2世は「私が死んだらこの城(ノイシュヴァンシュタイン城)を破壊せよ」と言い残した。それは彼が城を自分の世界にとどめたかったという思いからきた言葉であったが、誰もその美しい城を壊すことはせず、文化財として今日まで愛されている。

またノイシュヴァンシュタイン城はディズニーのロゴである「シンデレラ城」のモデルとして知られている。

シンデレラ城



現実から逃避する為に建てた彼の城が、後に夢の国のシンボルとして飾られるとは、いったい何の因果であろうか。


ルートヴィヒ2世が登場するフィクション

小説
うたかたの記 (森鴎外)
漫画
ルートヴィヒII世 (氷栗優)

関連

バイエルン王国 ノイシュヴァンシュタイン城 ワーグナー
国王 同性愛者 

外部リンク

ルートヴィヒ2世 (Wikipedia)
「ルートヴィヒ2世」 ドラマチックストーリー 旅と共に

pixivに投稿された作品 pixivで「ルートヴィヒ2世」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 684

コメント