ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

暗君とは、暗愚で統治能力が低いか国政を顧みない君主のことである。

暴君とは何かと類義語にされがちだが、意味は完全に異なる。暴君は統治した内容が問われ、暗君は本人の君主としての資質の低さが問われるためである。
暴君とされる君主でも有能な統治をした者もいれば、積極的な悪政は敷かなかったがあまりにも無能すぎたために暗君扱いされる君主もいる。
また当初は名君だったのだが、次第に政治に厭いてきて暗君に堕ちた君主もいる。

「ある分野では成功したが別の分野では失敗した」「世の中を良くすることに積極的に取り組んだが裏目に出た」などのように名君か暗君かをはっきりと区別しにくい場合もある。また、後世の創作や歴史の改竄・間違った説が広まるなどによって名君だったのに暗君扱いをされてしまうことも少なくない。名君の素質を有していても、外患を誘発させたり王朝を断絶させたりした場合だと、暗君のそしりを受けることになってしまう。

他方、政治を臣下に任せて自らは政治に口出ししない君主というのは一見すれば暗君のテンプレートであるが、「国王は君臨すれども統治せず」という言葉もあるように、適切な能力を持つ臣下が適切に政治を執り行っている分には理想の君主像という面もある。
現在の日本における象徴天皇制を中心とした政治システムも、天皇個人の能力に頼らず民主的に選ばれた国会議員・国務大臣や官僚の能力で統治をするもので、天皇個人が名君か暗君か暴君かを問わず、政治を回すことができるシステムである。

主な暗君とされる君主

暴君を兼ねているものもあり。

日本

  • 平宗盛平清盛没後に家督を継ぐも、源氏との対決路線を維持しすぎて、壇ノ浦の戦いで平家の滅亡を許してしまう。そこで死にきれずに源氏側に捕虜として捕まり、斬首が決定した後も卑屈な態度や生への執着を崩さなかった。
  • 北条高時:14歳の若さで執権に就任するも、24歳で病気により退任。闘犬や田楽に興じて政治を顧みなかったために、足利尊氏新田義貞の離反を招いて、鎌倉幕府を滅亡させてしまった。
  • 後醍醐天皇:鎌倉幕府を打ち破り建武の新政を開始するも、その政策には様々な問題点があり、武士達の反発を買った。その後足利尊氏に謀反を起こされ、吉野へ逃亡。以後、60年近くも続く南北朝の内乱を引き起こすきっかけを作ってしまった。
  • 足利義政:8歳で室町幕府の将軍職に選出され、13歳の時に正式に就任。文化人としては一流だが、国政を顧みないどころか後継者問題にも無関心だったため、応仁の乱を誘発させてしまった。
  • 一条兼定:7歳で家督を相続。実はキリシタン大名。大友氏・宇都宮氏と組んで伊予への進出を試みるも失敗。その後、長曾我部元親の侵攻を止められず、忠臣を殺すなどの不行状も重なり、30歳の時に隠居を強制された。
  • 今川氏真:大名としての今川家を滅ぼしてしまったために暗君という評価を受けてしまったが、高い教養を生かして徳川家に仕え、孫の直房が高家今川家を興す下地を作った。
  • 酒井忠勝:大老にまでなった小浜藩主でなく、酒井忠次の孫の庄内藩主。庄内藩に入部早々重税をかけた上に三弟忠重の傀儡と化しお家乗っ取りの危機を招くが、成立寸前のところで死去したため辛くも防がれた。
  • 松倉勝家:見栄で実高4万石を面高10万石と申告し、領民に過酷な搾取を行って島原の乱の主因を作った。勝家は乱の責任を問われ、江戸時代の大名として唯一、斬首に処された人物として知られる。
  • 伊達綱宗祖父譲りのあまりの放蕩ぶりに伊達騒動を起こしてしまい、隠居を余儀なくされた。
  • 徳川家斉:15歳で将軍に就任。在任初期には松平定信寛政の改革を行っていたが、在任の後半は家斉とその側近の水野忠成が幕政をみるようになり、先人たちが苦心して立て直した財政を盛大に使い倒し、幕政の腐敗・綱紀の乱れなどが横行。挙げ句隠居しても贅沢を止めず、息子・家慶の執政に口を挟んで来るなど、政治面では非常に残念。


中国

  • 幽王:寵妃の褒姒を笑わせるために狼煙を上げることを濫発したせいで、本当に異民族の侵攻があったのにどの諸侯も助けに来なかったという狼少年を地で行く逸話がある。
  • 霊帝:内憂外患が多発している事態にも酒と女に溺れ、張譲ら十常侍という宦官集団に専断されることとなった。黄巾の乱が勃発し何とか平定するも、乱の首謀者が急死するという形であった。その暗愚っぷりは『三国志演義』でも同様であった。
  • 劉禅(懐帝):彼の幼名「阿斗」が中国ではどうしようもない人物を指す言葉になるほど。
  • 恵帝(司馬衷):「穀物がないのならば、肉粥を食べればいい」という発言を残し、八王の乱を引き起こしてしまう。
  • 懿宗僖宗:宦官が権力を専横したいがために、暗愚だからこそ皇帝に担がれた存在であった。
  • 徽宗:画人としては当代随一の人物であったが、趣味に没頭しすぎて、庭園の造営のための重労働や重税を課してしまう。極めつけはを裏切ったせいで息子の欽宗ともども金に拉致されてしまう。その際に皇帝を廃された上で「徳公」(昏は暗い・愚かを意味する)に封じられてしまった。
  • 万暦帝:当初は名臣・張居正がいたため政治は安定していたが、彼の没後は政治を放棄して後宮にこもっては贅沢に明け暮れていた。その間に官僚間の対立が深刻化し、豊臣秀吉の朝鮮出兵や後金のヌルハチの台頭などもあって明は一気に衰微してしまう。
  • 咸豊帝:列強の侵略が迫っているにもかかわらず、京劇などにふけっていた。


朝鮮王朝

  • 綾陽君仁祖):比較的善政を敷いていた叔父(光海君)をクーデターで追い出して即位したが、家臣に操られ、反乱の度に首都から逃げ出し、幾度となく後金(清)の朝鮮蹂躙を許し服属を余儀なくさせ、実の長男(昭顕世子)を毒殺した(毒殺は説の域を出でいないが昭顕世子の弟(鳳林大君)が次の王として即位していることから何らかの関わりがあると現在でも唱えられている)。結果、後世において傀儡王仁祖と称される程。
  • 高宗:「心優しく温和で、愛想良し、生来持った人の良さがある」と評された一方、「優柔不断かつ意志薄弱で、君主としては致命的。意思が強ければ名君になっていた」とも評される朝鮮王朝最後の王。言ってしまえば朝鮮王朝版ルイ16世である。時代が違えば間違いなく名君となっていたであろうが、朝鮮王朝末期の動乱の時期に王位を継承し、周囲には奸臣や佞臣しかいなかったのが彼の最大の不幸であろう。結局、清朝ロシア帝国大日本帝国に振り回された挙句、日韓併合という形で自国を滅ぼす事になってしまった。


ヨーロッパ

  • ヘリオガバルス:当時のローマ帝国では軟弱とされていた女装や同性愛を好み、政治を顧みず終始姦淫に耽っていた。ローマ史上最悪の君主と評されているが、その理由は彼以前の暴君とされている君主は曲がりなりにも実績があったのに対し、彼には実績といえるものがなかったからである。
  • ジョン欠地王:父王ヘンリー2世からリチャード1世など子供達に領土の分与が行われた際、彼だけ領地が分け与えられなかったことから、即位前から「領地の無いジョン(John the Lackland)」と呼ばれていた。しかし皮肉なことに、即位後に綽名通り大陸にあった領土を失ってしまう。そのせいか、彼以降のイギリス王室は男児に「ジョン」という名前を付けるのを憚られるほど。なお彼が暗君だったおかげで、君権と言えど制限されるという立憲君主制がイギリスで生まれ、今日まで世界の君主制に大きな影響を与えている。
  • ルイ15世:5歳でフランス国王に即位。その在位期間は64年間に及ぶ。当初はフルーリー枢機卿の元で善政を敷いていた。しかし、枢機卿の没後に親政を開始すると、オーストリア継承戦争など外征を繰り返すようになり、結果として北アメリカ大陸での植民地全喪失や5回に及ぶデフォルトなどフランス王国の衰退を招いた。フランス革命ルイ16世の悲劇は、ルイ15世による失政の「後始末」としての側面も有している。
  • ルートヴィヒ2世 :中世ロマンに魅せられノイシュヴァンシュタイン城をはじめ建築普請に狂った「メルヘン王」。「狂王」という不名誉な二つ名で有名で、精神に異常をきたしたとされ幽閉された末不可解な死を遂げた。


架空の暗君

物語を成立させるために善良な王様が暗君にされることが多い。

  • アラバーナ皇帝「攻略本」を駆使する最強の魔法使い):極めて傲岸不遜な懐古主義者で、最終的に息子や近衛兵団によるクーデターが発生し、保身の為にに皇位を禅譲した結果、新しく女帝となった娘の勅により、「帝族専用のいと尊き牢獄」とされる宮殿の西の塔の牢獄で一生飼い殺しの状態となり、物語からフェードアウトした。
  • エルゼ姫かいけつゾロリ):アニメ版では事あるごとに記念日を定めては別荘を建てまくり、を振り回していた。別荘の建設費はどこから出てきたのかは謎で、そのために税金を跳ね上げている描写もないのがそれに拍車をかけている(敢えて描いてないだけだけかも知れない)。しかも、『もっと!』では改心する前に子供ができてしまったのでレバンナ王国の将来が不安である。
  • デデデ大王星のカービィ):シリーズで一貫してバカ(良くてお間抜け)という性格設定をされている。
  • バカ殿志村けんバカ殿様):とにかくバカ&スケベで、家老が真面目な話をしていても遊んでいたり、大掛かりないたずらを仕掛けたりしている。そのバカっぷりに家老からは嘆かれたり、「バカのオリンピックに出たら金メダル」と言われたりするほどである。
  • ワポルONEPIECE):先代国王から甘やかされて育った結果、マヌケで子供臭い性格かつ傍若無人な性格となった。

関連タグ

君主 暴君 バカ殿 名君

外部リンク

暗君(ニコニコ大百科)

関連記事

親記事

君主 くんしゅ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「暗君」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「暗君」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 317

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました