ピクシブ百科事典

張角

ちょうかく

後漢末期の宗教・太平道の教祖にして黄巾党の最高指導者。

概要

元々は清流派の官僚であったとも言われるが、詳しい出自は不明。伝承によると、役人を目指したが挫折し、田舎に帰って農業に勤しんでいたところ、山にいた仙人に出会い、仙術を授かったとされている。
蒼天(漢王朝)を滅ぼし黄天の世を興すべく、信者と共に黄巾の乱を引き起こす。
しかし皇甫嵩朱儁率いる官軍との交戦中に病死(演義では劉備や曹操などの後の群雄が平定した事になっている)。
実質的な前線指揮官であった張宝も敗死したため、黄巾の乱自体は終息していく事となる。
だが、それにともなう政治や支配体制の混乱は収まる事はなく、世は群雄割拠の時代へと向かっていくこととなった。
実質的に後漢時代の幕を引いたという意味では、彼こそが「三国時代」の礎を築いたと言えるのかもしれない。

pixivに投稿された作品 pixivで「張角」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 133384

コメント