ピクシブ百科事典

黄巾党

こうきんとう

黄巾党とは、後漢末期に勃興した宗教系軍事組織。
目次[非表示]

概要

中国後漢末期、張角兄弟が起こした宗教組織
「蒼天すでに死す、黄天まさに立つべし。歳は甲子に在りて、天下大吉」をスローガン(一部では「黄天」が「黄夫」となっている)として掲げ、後漢王朝の討伐を目論んだ。
黄巾党は各地で反乱軍として狼煙を上げた(所謂、黄巾の乱)ものの、次第に人数が多くなりすぎて統率を取れなくなり暴徒化して単なる盗賊となったため、後漢王朝は各国の豪族に黄巾党の討伐を命じ、群雄割拠の時代へとなだれ込んでいくことになる。
張三兄弟の死後は統率を失い組織として機能しなくなり、以降は沈静化したが各地に残党勢力は残っており青州における残党勢力は曹操が吸収し、彼らは曹操軍の精鋭として「青州兵」と呼ばれるようになった。

三国志演義」においては黄巾の乱の勃発から始まる為、黄巾党が劉備兄弟や曹操の最初の相手となる。また周倉廖化のように元黄巾党の設定がある人物も登場している。

黄巾党人物一覧

首魁


指揮官


三国志演義における指揮官


関連項目

張角 張梁 張宝 太平道 道教 三国志 黄巾の乱

関連記事

親記事

張角 ちょうかく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「黄巾党」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3730

コメント