ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
袁紹とは、中国後漢末期の武将。字は本初(ほんしょ)。

概要

後漢時代に4代にわたって三公(当時の最高職である司徒、司空、太尉のこと)を輩出した汝南の名門袁氏の出身。従弟に袁術、正室に劉氏、息子に袁譚袁煕袁尚、甥に高幹がいる。


若い頃は威厳のある風貌で謙虚で清廉と評判されていたため、多くの者から慕われた。曹操とも旧知の仲。後に何進の属宦として朝廷に仕え、エリート集団の西園八校尉にも名を連ねた。

その後、当時の朝廷を掌握していた宦官・十常待と敵対し、何進と共に彼らの一掃を謀るも、何進が暗殺されてしまう。この事態に袁紹は宮中に兵を進め、宦官を皆殺しにした。

しかし、この混乱に乗じて権勢を得た董卓とも帝の即位を巡って対立し、敗れて冀州に逃れた。暴虐に振舞った董卓に対抗するべく反董卓連合軍が結成されると、曹操の推薦で盟主となる。この連合軍は洛陽の奪還には成功するも、董卓の討伐には失敗し、内部紛争から瓦解してしまう。其の後に公孫瓚が野心を露わにしてきた冀州の刺史である韓馥から冀州牧の地位を譲り受けた袁紹はこの頃から一族の有力者で従弟の袁術と敵対し、戦火も交える事態となっていた。

そのさなか、袁術軍に派遣されていた公孫瓚の従弟である公孫越が袁紹軍との戦闘で戦死し、一族の死に激怒した公孫瓚に対して、袁術の他に後方にも巨大な敵を作る事を恐れた袁紹は公孫瓚の従弟である公孫範を渤海太守にして相手との講和を図るも、勢いに乗る公孫瓚は部下を勝手に青州・冀州・兗州の刺史などに任命し、そのまま冀州に侵攻した。両軍が激突した界橋の戦いで袁紹は対騎馬戦のエキスパートである麹義の活躍もあり公孫瓚を撃退し、その侵攻を止め、冀州での自身の基盤を固める事が出来た。

その後も公孫瓚との戦闘は続き、一時は朝廷の執り成しで和議を結ぶ事もあったが、公孫瓚が幽州牧の劉虞を殺害して人心を失ったのを機に、これに乗じて次第に彼を圧倒して遂にこれを滅ぼし河北に一大勢力を築く事となる。

そして、時を同じくして中原の二大勢力にまで成長した同盟者であった旧友曹操と、官渡で雌雄を決することとなる。緒戦で猛将の顔良文醜を討ち取られながらも圧倒的物量を活かして連戦連勝する。しかし、やがて内部対立が深刻化し、許攸の裏切りによって食料庫がバレてしまったこともあり、決定的な敗北を喫してしまう。結果、袁紹は本拠地冀州に撤退を余儀なくされる。

以後、冀州では反乱が続発するもそれら全てを鎮圧し、一定の勢力保持には成功する。また、曹操も袁紹存命中は河北に侵攻しなかった。しかし202年5月、病死した。更に明確な後継者を定めていなかったことが災いし、以後の袁家は長男・袁譚と末子・袁尚の相続争いにより衰退。最終的に曹操に滅ぼされた。


評価

日本の戦国武将今川義元に似て、その業績に比べ非常に世間的評価が低い群雄である。

官渡の決戦における優柔不断な行動だけで全てを語られがちであるが、上記の様に軍師や将軍達を御しきれていた官渡以前は連戦連勝であった。

官渡でも兵糧を奪われるまでは緒戦で顔良、文醜を討たれるという失策はあったものの「盾を構えていなければ砦の中を歩けない」と表されるほどに曹操軍を終始圧倒していたといわれる(実際、曹操も弱気になって荀彧郭嘉に励まされている)。

兵糧庫をバラすという許攸の寝返りさえなければそのまま勝利していても全く不思議はなかった。

また、内政面では魏どころか晋の時代になってさえ「袁家の治世が懐かしい」と懐かしむ民がいたと史書に残されており、非の付けどころのない優秀さであった。

またしばしば「河北の名族」といわれることもあるがこれも間違いで、袁紹の出身は汝南。袁術が割拠した淮南地方が袁家の拠点であり、河北はもともと袁家の力の及ばぬ土地であった。事実袁紹配下には親戚がほとんどおらず(息子の他は、甥が一人)、己の知恵と才覚だけで、急速に豪族を手懐けていった末の「河北の覇者」であった(曹操は対照的に、曹氏・夏侯氏の勢力を率いて旗揚げした)。


あまり知られていないことではあるが、官渡後も袁家は変わらず強大な勢力を保っており、勝利した曹操もうかつに手を出す事ができなかったようである。

曹操が中原を制することができたのは袁紹が予想外に早く亡くなり(官渡のわずか二年後に亡くなっている)、その後の後継者争いにつけこんだ事が大きい。

この事は奇しくも曹操の後継者選びの際に引き合いに出されている。


袁術とは腹違いの兄弟とされ、袁紹の方が母親の血筋が低いため、家柄に対し大きなコンプレックスを抱いていたという説もある。


登場作品

真・三国無双シリーズ

袁紹(真・三國無双)も参照


蒼天航路

CV:てらそままさき

大体が他作品同様だが、揶揄するような曹操に対し度々激しく怒りツッコミを入れる姿が見られた。また能力は多才な曹操と比較して、曹操の臣からも低く見られがちであったが、曹操自身はその能力は必要なものだけ備えており不要なものは一切ないと評している。

他を圧倒する強大な力を以って天下を制するという核の抑止論のようなビジョンを描いており、その実現に向けて勢力を拡大させる。また、そのためにはまず己が人の上に立つに相応しい王者の風格を身に着けるべきだという考えを持っているため、献帝の奉戴をはじめとする曹操の挑発的な行動を苦々しく思いながらも、怒りや動揺を押し殺そうとする場面が多い。官渡の戦いにおいては劉備らの失態を許す寛大さを見せるなど、威風堂々とした大人物へと変貌している。


しかし、己の理想を追求し続ける姿は次第に現実と乖離し始め、最後は戦いの動向すらも気に留めない程に達観した天上の人とも言うべき精神状態になり、付き従う人間を置いてけぼりにするという皮肉な結果になってしまった。その過程は容姿の変貌にも表れており、一目見た曹操は醜悪だと言って失望と怒りを露わにした。ただこの時の曹操は袁紹の本質を読み違えており、そんな過ちを犯した数少ない人物の一人である。


三国伝

袁紹バウも参照


恋姫†無双シリーズ

麗羽も参照


十三支演義

声:平川大輔


関連タグ

三国志


親族

袁術 劉氏 袁譚 袁煕 袁尚 高幹


主な配下

顔良 文醜 麹義 張郃 高覧 淳于瓊

逢紀 郭図 審配 田豊 沮授 許攸


その他関係者

何進 曹操 公孫瓚 劉備 呂布 鄭玄

概要

後漢時代に4代にわたって三公(当時の最高職である司徒、司空、太尉のこと)を輩出した汝南の名門袁氏の出身。従弟に袁術、正室に劉氏、息子に袁譚袁煕袁尚、甥に高幹がいる。


若い頃は威厳のある風貌で謙虚で清廉と評判されていたため、多くの者から慕われた。曹操とも旧知の仲。後に何進の属宦として朝廷に仕え、エリート集団の西園八校尉にも名を連ねた。

その後、当時の朝廷を掌握していた宦官・十常待と敵対し、何進と共に彼らの一掃を謀るも、何進が暗殺されてしまう。この事態に袁紹は宮中に兵を進め、宦官を皆殺しにした。

しかし、この混乱に乗じて権勢を得た董卓とも帝の即位を巡って対立し、敗れて冀州に逃れた。暴虐に振舞った董卓に対抗するべく反董卓連合軍が結成されると、曹操の推薦で盟主となる。この連合軍は洛陽の奪還には成功するも、董卓の討伐には失敗し、内部紛争から瓦解してしまう。其の後に公孫瓚が野心を露わにしてきた冀州の刺史である韓馥から冀州牧の地位を譲り受けた袁紹はこの頃から一族の有力者で従弟の袁術と敵対し、戦火も交える事態となっていた。

そのさなか、袁術軍に派遣されていた公孫瓚の従弟である公孫越が袁紹軍との戦闘で戦死し、一族の死に激怒した公孫瓚に対して、袁術の他に後方にも巨大な敵を作る事を恐れた袁紹は公孫瓚の従弟である公孫範を渤海太守にして相手との講和を図るも、勢いに乗る公孫瓚は部下を勝手に青州・冀州・兗州の刺史などに任命し、そのまま冀州に侵攻した。両軍が激突した界橋の戦いで袁紹は対騎馬戦のエキスパートである麹義の活躍もあり公孫瓚を撃退し、その侵攻を止め、冀州での自身の基盤を固める事が出来た。

その後も公孫瓚との戦闘は続き、一時は朝廷の執り成しで和議を結ぶ事もあったが、公孫瓚が幽州牧の劉虞を殺害して人心を失ったのを機に、これに乗じて次第に彼を圧倒して遂にこれを滅ぼし河北に一大勢力を築く事となる。

そして、時を同じくして中原の二大勢力にまで成長した同盟者であった旧友曹操と、官渡で雌雄を決することとなる。緒戦で猛将の顔良文醜を討ち取られながらも圧倒的物量を活かして連戦連勝する。しかし、やがて内部対立が深刻化し、許攸の裏切りによって食料庫がバレてしまったこともあり、決定的な敗北を喫してしまう。結果、袁紹は本拠地冀州に撤退を余儀なくされる。

以後、冀州では反乱が続発するもそれら全てを鎮圧し、一定の勢力保持には成功する。また、曹操も袁紹存命中は河北に侵攻しなかった。しかし202年5月、病死した。更に明確な後継者を定めていなかったことが災いし、以後の袁家は長男・袁譚と末子・袁尚の相続争いにより衰退。最終的に曹操に滅ぼされた。


評価

日本の戦国武将今川義元に似て、その業績に比べ非常に世間的評価が低い群雄である。

官渡の決戦における優柔不断な行動だけで全てを語られがちであるが、上記の様に軍師や将軍達を御しきれていた官渡以前は連戦連勝であった。

官渡でも兵糧を奪われるまでは緒戦で顔良、文醜を討たれるという失策はあったものの「盾を構えていなければ砦の中を歩けない」と表されるほどに曹操軍を終始圧倒していたといわれる(実際、曹操も弱気になって荀彧郭嘉に励まされている)。

兵糧庫をバラすという許攸の寝返りさえなければそのまま勝利していても全く不思議はなかった。

また、内政面では魏どころか晋の時代になってさえ「袁家の治世が懐かしい」と懐かしむ民がいたと史書に残されており、非の付けどころのない優秀さであった。

またしばしば「河北の名族」といわれることもあるがこれも間違いで、袁紹の出身は汝南。袁術が割拠した淮南地方が袁家の拠点であり、河北はもともと袁家の力の及ばぬ土地であった。事実袁紹配下には親戚がほとんどおらず(息子の他は、甥が一人)、己の知恵と才覚だけで、急速に豪族を手懐けていった末の「河北の覇者」であった(曹操は対照的に、曹氏・夏侯氏の勢力を率いて旗揚げした)。


あまり知られていないことではあるが、官渡後も袁家は変わらず強大な勢力を保っており、勝利した曹操もうかつに手を出す事ができなかったようである。

曹操が中原を制することができたのは袁紹が予想外に早く亡くなり(官渡のわずか二年後に亡くなっている)、その後の後継者争いにつけこんだ事が大きい。

この事は奇しくも曹操の後継者選びの際に引き合いに出されている。


袁術とは腹違いの兄弟とされ、袁紹の方が母親の血筋が低いため、家柄に対し大きなコンプレックスを抱いていたという説もある。


登場作品

真・三国無双シリーズ

袁紹(真・三國無双)も参照


蒼天航路

CV:てらそままさき

大体が他作品同様だが、揶揄するような曹操に対し度々激しく怒りツッコミを入れる姿が見られた。また能力は多才な曹操と比較して、曹操の臣からも低く見られがちであったが、曹操自身はその能力は必要なものだけ備えており不要なものは一切ないと評している。

他を圧倒する強大な力を以って天下を制するという核の抑止論のようなビジョンを描いており、その実現に向けて勢力を拡大させる。また、そのためにはまず己が人の上に立つに相応しい王者の風格を身に着けるべきだという考えを持っているため、献帝の奉戴をはじめとする曹操の挑発的な行動を苦々しく思いながらも、怒りや動揺を押し殺そうとする場面が多い。官渡の戦いにおいては劉備らの失態を許す寛大さを見せるなど、威風堂々とした大人物へと変貌している。


しかし、己の理想を追求し続ける姿は次第に現実と乖離し始め、最後は戦いの動向すらも気に留めない程に達観した天上の人とも言うべき精神状態になり、付き従う人間を置いてけぼりにするという皮肉な結果になってしまった。その過程は容姿の変貌にも表れており、一目見た曹操は醜悪だと言って失望と怒りを露わにした。ただこの時の曹操は袁紹の本質を読み違えており、そんな過ちを犯した数少ない人物の一人である。


三国伝

袁紹バウも参照


恋姫†無双シリーズ

麗羽も参照


十三支演義

声:平川大輔


関連タグ

三国志


親族

袁術 劉氏 袁譚 袁煕 袁尚 高幹


主な配下

顔良 文醜 麹義 張郃 高覧 淳于瓊

逢紀 郭図 審配 田豊 沮授 許攸


その他関係者

何進 曹操 公孫瓚 劉備 呂布 鄭玄

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 創作詰め

    創作三国志です。年末総決算的なかんじで2011年に書いた袁紹軍関連の小話をまとめてみた。思いつきで移動中に書いたものが多いので一つ一つは短いです。そしてマイナー。うちの袁紹はよそ様の袁紹に比べてだいぶ変わり者です、すみません。 ■袁紹軍と袁紹個人の話、あと最後に袁譚軍の話が一つあります。分かりにくい話が多かったので当時の走り書きメモを文の最後にのせました。
  • 【三国志】Romeo & Juliet【蒼天曹操×無双袁紹】

     三国無双と蒼天航路のパラレル短編。
  • 1/27雲蒸竜変の盟2【新刊】三国志 巻二 サンプル

    雲蒸竜変の盟2【新刊】サンプル3(平原相劉備&界橋の戦い・後)

    1/27 雲蒸竜変の盟2(三国志全般オンリー)にて頒布予定の新刊のサンプル第三弾です。 『三国志 巻二』 全284P/B6 頒布価格:1000円 サークル名:竹林クロワッサン サンプル第一弾:https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=10545519 サンプル第二弾:https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=10581332 サンプル第四弾:https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=10638168 正史準拠っぽい創作三国志小説になります(CP要素なし、全年齢向けだが若干の残酷描写あり)。 おおまかな内容としては、191~193年の出来事(襄陽の戦い、長安政変、界橋の戦いetc)を書いたものです。 サンプル第四弾も投稿予定。 通販、スペースなどその他の情報はこちら https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=72343313 素敵な表紙イラストは蒼井露草様に描いていただきました! ありがとうございます!
  • そうそうと誰かの話。

    サイトより。そこはかとなく操受のようなそうでもないような。
    11,213文字pixiv小説作品
  • 【三國無双】五月雨

    三國無双にはまっていた時に書いたお話。 雨の日の帰り道に夏侯惇が見つけたもの。 昔書いていた長編の番外編にあたるお話で、時系列は官渡の戦いよりも後になります。 無双のイメージで、張コウ×袁紹がベースにあります。 五月雨(さみだれ) ①陰暦五月ごろに降る長雨。 ②継続しないで、だらだら繰り返す行動などについていう。
  • とける

    やけに素直な紹術。 せっ!までの流れが思いつかなかったから中身だけしっぽり書こうと思ったら普通に無理だったの巻。 ※R15相当の描写があります
  • 新説三国志演義第二巻 黄天の空(中)

    三幕 ⑤小黄門

    Q.虜植に届いた手紙はどんな手紙? A.こんな手紙。 手紙 『先生、お久しぶりです。劉備です。今は玄徳という字を名乗っています。なんか今日は郵便の日と塾の日だってことで、先生に手紙でも書こうかなーと思い筆をとりました。そういえば、最近伯珪が属国の長吏になったそうですよ。聞いてますか? 凄いですよね!? 最近国内が騒がしいですが洛陽ではどうですか? 今オレは黄巾討伐の義勇軍を組織しています。当面は幽州の治安維持に専念するつもりです。また、うまくいきましたら報告しますね!』 盧植 「阿備。貴方は手紙の作法も知らないのですか、まったく」 手紙 『拝啓。ご無沙汰しておりました。公孫伯珪です。つい先日まで玄徳と行動を共にしておりました。奴にもたまには先生に手紙でも送るように、と言っておいたので、もしかしたらそろそろつくかもしれません。奴は今、幽州に蔓延る賊、九鬼をすべて併合して義勇軍とするという離れ業をやってのけようとしています。あいつは全く呆れた奴です。久しぶりに会いましたが、破天荒なところは相変わらずでした。黄巾の余波がそろそろ洛陽に届くかと思いますが、先生の方はぜひお身体をご自愛くださいますよう。それではまた、お手紙を送らせていただきます。草々』 盧植 「阿讃。貴方はいつも阿備のことばかりですね、まったく」 劉宏:霊帝。史実。    盧植に派遣する小黄門を呼んできてほしいと袁紹に頼んだのはいいものの、まさか残っているのが左豊だけだったとまでは思っていなかった。 袁紹:ボケ担当、のはず。史実。    ぶっ飛んだ生体を目撃し、さすがに動揺してツッコミに回ってしまっている。    ボケ要員としての立場の危機。    存外常識派。 左豊:モンスター爆誕。史実。    『マジカルさほりん』を言わせたかったがために大変なキャラになってしまった。    ちょうどこの時やってたプリンセスコネクトRe:Diveに登場してくるマホってキャラの必殺技を聞きまくっていたせいで生み出されてしまったパワーワードなんです………。『マジカルマホりんくるりんぱ~』 っていう口上なんです。そこからマジカルさほりんが生まれてしまい、後の展開も修正を入れなくてはならなくなり………。左豊のおバカ! こんな濃いキャラにするつもり、なかったのに!!
  • 新説三国志演義0.5巻 SS's

    三幕③ 拾い虎

    許千代「魏のアイドル、許千代ちゃん、爆☆誕」 佐久彦「どっちかっていうと、魏のマスコットなんだよなぁ」 曹操 「俺が金髪碧眼、だと!?」 佐久彦「キャラクターイメージは呂布子ちゃんの曹操ね」 曹操 「あれ、ツッコミ過ぎて胃痛持ちキャラの苦労人じゃん! やだよ、あんな大変なポジション!」 佐久彦「魏のメンツは政治やら何やらでメインとなる題材が重たいから、魏将はギャグキャラにステータスを振ってるんだよ。ちかたないちかたない」 曹操 「蜀は!?」 佐久彦「ラブコメ。ちなみに呉は青春もの。で、魏はコメディ」 曹操 「OTZ」 曹操:乱世の奸雄。とはいえ、どちらかというと、袁紹のほうが型破りなキャラ。曹操は袁紹に振り回されている感じ。    家柄コンプレックスをもっているが、今のところはそれが表に出ていない。董卓編が終わったころに袁紹と同盟を組み始めたあたりからコンプレックスが加速する。河北を治めた大勢力と曹操の小勢力が対等の同盟を結んだ時点でそらそうなるよ。 許千代:だんだんと名前が縮まり、後に許緒となる。緒の字は文字化け対策。     この頃から怪力&食いしん坊キャラの片鱗が見えていた。 卞賁:卞氏のこと。    下町育ちで曹操に見初められて、体験したことのないような栄光を手にする。しかしそれも後の話。今はまだ、必死に抗っている恋愛初心者。 丁羅:丁夫人のこと。    曹操の教育係として物事を教え、そのまま正妻の座についた。才気豊かな曹操のことを愛しているものの、子供が産まれないのが悩み。 許攸:袁紹絶対主義者。この時は。    後に袁紹が考えていることに共感ができなくなり、その気持ちも揺らいでいく。 張貌:貌の字は文字化け対策。書籍化したらちゃんと修正するよ(笑)。    曹操大好きっ子。でも、曹操のことを字で呼ばずに阿瞞呼びする程度にはしきたりを気にしている。
  • アイゼンヴォルフ無双

    アイゼン無双131.馬脚

     一軍パート、エーリッヒとの絆と勝利が欲しくて焦るミハエル。冷静さを失い手段を選ばなくなったミハエルは、ついつい強力な『悪逆』の秘計に頼ってしまい……しかし天の網は今度は逃してくれなかった。『負傷』した袁紹の命懸けの誘導で、『悪逆』の力に酔うミハエルの下に来てはいけない人が……。袁紹が持っているのは、「126.結べぬ手」で二軍が渡した袁煕の形見です。「121.可憐な守り手」「125.ケルベロスの夜」では隠せていたミハエルの汚点が、ついに白日の下に!  レツゴ本編でそんな冷静さを失ったミハ様がyoutubeで見られるのは、まさに昨日までだった。今回のミハ様はあんな感じ。  今回登場する無双武将:孫堅、龐統、甄姫(一軍)袁紹(孫策軍) エディット武将:トミーロッド(一軍)  今回の絶招秘計『接収』:『悪逆』の秘計で、低い名声値で使えるようになる回復手段。拠点の耐久値半減と引き換えに体力を全快する。『仁愛』の『団結』と異なり、回復するのは自分だけ。『財産』の秘計で拠点を改築すると回復アイテムが出なくなることが多いため、それを補うのに使える。拠点の耐久値が低い状態でこれを使ってさらに改築、という流れで使えばデメリットをほぼ打ち消せる。
  • 曹操聖女伝

    曹操聖女伝第2章の重要登場人物

    趣旨は封神演技を題材とした作品やPSPのJEANNE D'ARC等の様々な作品の様々な設定をパクリまくる事で、曹操が三国志演義内で行った悪行の数々を徹底的に美化していくのが目的です。 モッチーがどの作品のどの設定をパクったのかを探すのも良いかもしれません。 ここでは登場人物を紹介しますが、一部ネタバレがあります。 今回の章→http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3676437 この作品は暁にも投稿しています→http://www.akatsuki-novels.com/stories/index/novel_id~7949 この作品は星空文庫にも投稿しています→http://slib.net/30572
  • 充実してます

    さんぱずで学パロ。反董卓袁紹様(教師)と顔良文醜(袁紹先生ラブな生徒)でバレンタインネタです。ギャグ
  • またここで会いましょう

    捏造しかありません。 幼馴染ではない曹操と袁紹の出会いを妄想した結果です。イメージでは15~6歳、ちょっと袁紹がお兄ちゃん。 そのような表現はないと思いますがが、なにぶん曹袁脳が書いた物のため腐向け・曹袁タグをつけております。
  • 方円に従う不落の王国

    昔サイトで公開したものです。操袁+夏候惇
  • ツイssまとめ 無双

    ほぼ名族。ひとつだけ董卓←李儒。NL.BLごちゃまぜです
    37,378文字pixiv小説作品
  • 【三國無双】夢の話二つ

    久しぶりに三國無双。 一話目は腐向けというほどではありません。髪の色と出生の話。 二話目はIF設定で、官渡で袁紹が曹操を破って天下を取っていた場合の話。
    13,791文字pixiv小説作品
  • 彼を支えるすべてで 10のお題

    彼の孤独を癒す音でありたい(曹操&袁紹)

    『彼を支えるすべてで』10のお題より(お借りしたサイト様はこちら→http://sky.geocities.jp/koinokagi/odai/) シリーズで繋げていますが、組み合わせはバラバラです。 また報われない、離別、死別 多めの小話集となっています。 苦手な方はご注意ください。 ブログで挑戦していたお題が終了したので、収録します。 「彼を支えるすべてで10のお題」 1・彼の行く道を照らす月でありたい(賈詡と張繍)創作 2・彼に笑顔を贈る花でありたい(曹操と親衛隊)創作・北方 3・彼の心を潤す水でありたい(司馬懿と曹丕)無双 4・彼の迷いを断ち切る刃でありたい(趙雲と劉備)創作・演義 5・彼を優しく包む闇でありたい(龐徳と馬岱)無双 6・彼の涙を隠す雨でありたい(徐庶と劉備)創作                徐庶と諸葛亮)無双 7・彼が素顔でいられる場でありたい(馬岱と魏延)無双 8・彼の孤独を癒す音でありたい(曹操と袁紹)創作・無双 これ 9・彼にぬくもりを運ぶ風でありたい(劉禅と諸葛亮)創作・無双 10・彼と共に歩める者でありたい(陳宮と呂布)創作・無双 ※創作・無双は、無双としても取れる、という意味。 ※すべてカップリング未満 やや腐向け? あとがき、作品についてのコメントは、サイトのブログでしているので、 キャプションでは語りません。
  • 新説三国志演義1.5巻 SS's

    四幕⑦ 洛陽の戦支度~曹操編

    朱儁 「………はっ!? さりげなくあいつ、面倒事を俺に押し付けたのか!?」 今話:大抜擢のお話。 曹操:訳のわからない大抜擢に大混乱。 袁紹:珍しい曹操が見れて楽しい。 何進:いい駒ゲット。 王匡:神出鬼没の側近。 曹仁:武者修行中につき行方不明。 曹洪:黄巾党に参加しているので行方不明。

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  2. 2

    まつお

    読む
  3. 3

    遊ハち

    読む

pixivision

カテゴリー