ピクシブ百科事典

呂布

りょふ

呂布とは、中国の後漢末期の武将・群雄。同時代最強の男として、その名は民衆に多く知られる。
目次[非表示]

プロフィール

生年不詳
没年198年(建安3年)
出身地并州五原郡九原県(現在の内モンゴル自治区)
奉先

概要

当初、その秀でた弓馬の才を并州刺史を務めていた丁原に買われ、彼の会計係を務めていた。
丁原が首都洛陽において中央の権力を得ようとする董卓と衝突すると、董卓は権力拡大の障害となる丁原を殺害しようと画策するようになり、信頼の厚い呂布に丁原を殺害するように持ちかけた。その誘いに乗った呂布は、丁原を殺害して董卓の元に仕えるようになった。
董卓は呂布を非常に重用しており、それは養子の縁を結ぶほどであった。董卓自身も呂布が傍らに控えていることを良いように悪政の限りを尽くした。

しかし、それも長くは続かなかった。
悪政を敷いた董卓を抹殺しようと目論む王允の誘いに応じ、呂布自らの手によって董卓を亡き者とした。
董卓を殺害した理由の一つに、董卓の侍女(『三国志演義』では司徒王允の養女貂蝉)と密通しており、そのことが露顕することを恐れていたという説があるが、明確な理由は不明。


董卓暗殺後、郭汜李傕ら涼州の軍勢が首都長安(董卓によって洛陽から遷都)を襲撃した。
その際呂布も応戦したが、結局数百騎を率いて逃亡することとなった。

その後各地を転々として、最期は曹操に追い詰められ、下邳城にて籠城する。しかし、曹操軍により水攻めにされた挙句、傲慢な性格が災いして配下の武将に反乱を起こされてしまう。降伏するも縛り首に処された。



呂布は非常に腕力が優れており、弓術・馬術に秀でていた。
また、部下を指揮する事に大変に優れており、戦場指揮官としてはこの上なく優秀であった。ゆえに『三国無双』とさえ称される。
用兵が巧みであること、部下に慕われていること、見限る時には迅速であることなど傭兵部隊を率い群雄を渡り歩いた劉備との共通点も多いが、ほぼ恨まれることのない希代希な人徳と外交センスと戦略眼を持つ劉備とは違い、思慮が浅く、目的の為には裏切りも辞さない。性格の悪さが彼に破滅をもたらす遠因ともなっている。そのことに由来して、前漢時代に活躍した武将・李広になぞらえて「飛将」と呼ばれていた。
因みに
また、呂布の愛馬であり大変な名馬でもあった「赤兎(赤兎馬)」と共に「人中に呂布あり、馬中に赤兎あり」と賞された。
その反面、呂布は三国志時代中での登場期間は短いが、その短い期間において幾度となく裏切りを繰り返してきたことでも有名である。
そのことに対して陳寿「歴史上、彼のような人物が破滅しなかったためしはない」と評価する。

登場作品における呂布

真・三國無双シリーズ

呂布


呂布(真・三國無双)を参照


三国伝』における呂布

魂ィィーーッ!!!


呂布トールギスを参照。

蒼天航路』における呂布

CV:小山力也

ドレットヘアーが特徴。興奮すると血管が葉脈のように浮き上がる。原作では吃音ではないが吃ることがしばしばあった。
自らを龍に例えることが多い。
基本的には史実や演義に沿った活躍を見せるが、命乞いを一切せず曹操に特攻をかけて戦死したり、陳宮の策を容れて先陣を高順張遼に委ねる、「民」というキーワードに反応して籠城を決断するなど君主としての成長を見せるようになる。特に部下の裏切りで捕らえられた陳宮を目の当たりにして激昂するシーンは作中における名場面の1つとして語られている。




一騎当千』における呂布

呂布タソ


呂布奉先を参照。

まじかる無双天使突き刺せ!!呂布子ちゃん』における呂布

本家ログ①


主人公。呂布子ちゃんを参照。

恋姫†無双』シリーズにおける呂布

れん


恋(恋姫†無双)を参照。

十三支演義』における呂布

私、殺戮が大好きですの♪


CV:沢城みゆき
中華最強と恐れられる女武将。
本作はいわゆる乙女ゲーであり、「恋姫無双」とは違い女性武将は数えるほどしかいない。
作中屈指の巨乳(それこそ一騎当千や恋姫無双の呂布と張り合えるレベルの)を持つ妖艶な美女だが人を殺傷することに快楽を感じるドSであり、おまけに百合娘。

歴史シミュレーションゲーム『三国志』シリーズに登場する呂布

シリーズを通して武力・統率などの能力が最強クラスで、合戦において比類なき強さを誇っている。一時期は「呂布には一騎打ち無敵モードがあるのではないか」とまで疑われたほど。
その反面知力・政治などの能力は極端に低く設定されており、簡単に相手の計略に引っ掛かることが多々ある。
その上隠しステータスとしての「義理」が異常に低く「野望」が大変高く設定されているので、「忠誠」の値が少し低くても簡単に寝返ってしまう。
董卓亡き後は君主で独立しており、陳宮張遼など優秀かつ(呂布とは逆に)義理固い配下に恵まれ、決して勢力として弱くはないが
いかんせん君主として董卓より低い「知力」「魅力」が致命的で、外交や内政を行う事や武将を新規に登用する事が困難。
結局は自身が戦場に出て戦い勢力拡大しないと、曹操や袁紹などに滅ぼされる事になる。

Fate/EXTRA』シリーズ

魔術師達が月の聖杯を奪い合う戦いに、サーヴァントとして召喚される。マスターはラニ=Ⅷ
初登場はラニと遠坂凛の戦いを、主人公が偶然盗み見ることになった際で、その時点で真名は不明だが、特徴的すぎる例の兜飾りのおかげで、ほとんどの主人公にソッコーで真名を看破されたとか。
ちなみに、裏切り防止のために理性を奪うバーサーカーのクラスで召喚されたが、ラニに妻の面影を見ているらしく、別のクラスでも裏切った可能性は低いらしい。また、宝具とその武芸を万全に発揮できる、ランサーかライダーのクラスのほうが強いらしい。
宝具でもある方天画戟は軍神五兵(ゴッド・フォース)という名で、陳宮が発明した5段変形するトンデモウエポンという設定。ただし、バーサーカー化の影響で、ゲーム中では戟と弓の形態しか使えない状態にある。
CCCには残念ながら、未登場。
EXTELLAでは玉藻の前陣営の切り込み隊長として武を振るう。今作の公式サイトなどでは、『意訳』という形で、ちょっとだけ彼のセリフが書かれている。無双系のゲームに呂布ということで一部では『真・三國無双EXTELLA』とか言われたとか。
FGOでは、第二章 永続狂気帝国セプテムに登場。レアリティは☆3。はぐれサーヴァントとして召喚されたところを、ネロに客将として拾われ、ローマを守るため戦うことに。
イベントクエストでは、娘に似ていたからという理由でフランケンシュタインに肩入れしていたり、玄奘三蔵を、白竜馬ならぬ赤兎馬役として肩車して運んだりと、意外とフリーダム。バレンタインイベントでは、どこから手に入れたのか、藤丸立香は陳宮先生の翻訳書を手に呂布との対話に臨む。

『三國演義』1996年中国

ドラマ
義父丁原を裏切る時代から登場。董卓配下でも活躍するが、貂蝉の虜になって彼を殺害。陳宮高順の諌めを聞かず傲岸不遜な態度をとり、結局曹操に敗れて命乞いするも張遼に喝を入れられ処刑される。
地味に正妻と、娘の呂姫が登場している。

そもそも、一般的な呂布のイメージといえばこんなものだった。だが…。

『三国志 Three Kingdoms』2010年中国ドラマ

1996年のドラマとは全く違う呂布
まさかのイケメンキャラであり、しかも関羽張飛劉備を一度に相手をできるほどの豪傑。第一部後半の裏の主人公とも言える。
義父を裏切るのは史実通りで悪役っぽいところもあるのだが、貂蝉との恋愛は回を重ねるごとに深まっていく。このドラマでは相思相愛になる関係。
それを陳宮に諌められるが言う事を聞かず、結局はー。

第一部のラストの、処刑台に向かうシーン〜貂蝉と最期の別れのシーンは、このドラマ屈指の感涙シーンなので、呂布を実写で見たいファンは是非観ておきたい。


関連タグ 

三国志 呂姫(呂玲綺) 陳宮 張遼
呂布軍 

ゲーム
三國無双(三国無双) 無双 無双OROCHI 
三国志大戦
恋姫無双 真・恋姫†無双
Fate/EXTRA
ワールドヒーローズ
十三支演義
パズル&ドラゴンズ

漫画
横山三国志 蒼天航路 一騎当千

その他
三国伝  ゴキブリ G

pixivに投稿された作品 pixivで「呂布」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3566639

コメント